1. サイトTOP>
  2. 【新作情報】『大江戸タウンズ』カイロソフトのAndroid向け城下町作りシミュレーション

【新作情報】『大江戸タウンズ』カイロソフトのAndroid向け城下町作りシミュレーション

2012-07-26 21:06 投稿

●横丁をいっぱい作ろう!

カイロソフトからAndroid向け町づくりシミュレーションゲーム『大江戸タウンズ』が配信開始。価格は450円[税込]。

本作の目的は魅力的な城下町を作って、石高ランキング1位を目指すこと。石高はそば屋や団子屋、住居、問屋、森林、道など、各施設に石高が設定されており、自由に配置することができる。特定の建物を3つ並べると横丁が誕生し、石高にボーナスが発生。横丁は、横丁図鑑を見れば簡単に作ることができるので参考にしよう。
 ▲横丁以外でも相性がいい建物どうしが隣り合うと、石高ボーナスが発生する。 ▲横丁図鑑では、作成可能な横丁を確認できる。

城下町の石高がアップすると、つぎつぎと住民が引っ越してくる。ただし、入居者募集の家がないと引っ越してこれないので、つねに1~2軒の空き家は用意しておくといい。住民たちが入居した土地からは、石高に応じた現金収入を得られるので、住居の石高はなるべく高めおこう。

住人たちは収入源としてだけでなく、城下町を発展させるうえでも非常に重要。住人が施設を利用すると施設がレベルアップするほか、新しい施設の開発に必要な技術、食品、武力、学問の4つの研究ポイントを獲得してくれる。研究ポイントは施設の開発以外にも、工芸品の製作も行える。工芸品を使えば施設の石高を上げることができるので、研究ポイントに余裕があれば作っておくといい。

▲工芸品は開発をくり返すとレベルアップ。効果も高まる。

イベントが豊富に用意されているのも特徴のひとつ。農民が畑を耕していたら小判を発見したり、旅行中の水戸黄門が訪れるなど、随所でイベントが発生する。総石高が増えれば、お城も配置できるようになり、城下町はより賑やかになっていくはずだ。

 ▲城ができると城下町も立派に見える! ▲水戸黄門一行もやってくる。

大江戸タウンズ

メーカー
カイロソフト
配信日
配信中
価格
450円[税込]
対応機種
Android 1.6 以上

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧