1. サイトTOP>
  2. 【基本プレイ無料】『Revenge Of Dragoon 逆襲の竜騎兵』超美麗カードで描く復讐のダークファンタジー

【基本プレイ無料】『Revenge Of Dragoon 逆襲の竜騎兵』超美麗カードで描く復讐のダークファンタジー

2012-07-04 12:00 投稿

『Revenge Of Dragoon 逆襲の竜騎兵』は、巨大な帝国の侵略により、家族と故郷を失った主人公が復讐を果たすべく戦いを挑む、カードバトル型のソーシャルRPG。ソーシャルゲームが持つテンポのよさはそのままに、重厚なダークファンタジーが楽しめるのが魅力だ。カードの種類は300枚以上。国内外のイラストレーターにより描かれた美麗なグラフィックは必見! もちろん、ゲームは基本無料(アプリ内課金あり)。カードを収集しながら部隊を強化し、壮絶な復讐劇を見届けよ!

[関連記事]

●クエストでレアカードをゲット!

物語は章仕立てとなっており、各章で用意されたクエストを達成することで物語が進行していく。クエスト中にはバトルも発生。倒した敵は勧誘して仲間にすることが可能だ。ザコ敵だけでなく、クエストの最後に待ち受けるレア度の高いボスクラスの敵も勧誘することができる。つまり、根気よくクエストをくり返せば、レア度の高いモンスターを無課金で収集することも可能になっているのだ。ただし、必ずしも仲間にできるわけでないので、どうしてもパーティーに加えたい相手がいた場合は、勧誘に100%成功する”チャーム・ホルン”というアイテムを使うのもあり。カードはガチャを回すことでも入手可能で、1日1回無料で回すことができる。

 ▲クエストの進行には体力が必要。レベルがアップするとステータスを体力、攻撃魔力、防御魔力のいずれかに振り分けることが可能だ。序盤は体力に振って、できるだけクエストでカードを収集していこう。
   

▲美麗なカードに思わずコレクター魂もくすぐられる。

●2種類の部隊を使いこなそう

クエストやガチャで仲間が集まったら、今度は部隊の編成だ。本作には5枚のカードで編成された主部隊と、その他のカードで構成された副部隊の2部隊がある。クエスト攻略では主部隊を、ほかのプレイヤーとのバトルでは主部隊と副部隊の総合力で勝負することになる。カードの中にはスキルを持ったものもあるが、効果が発動するのは主部隊に編成している場合のみ。レア度や攻守のステータス以外にも、所持スキルを確認するにも忘れずに。

  ▲本作でもっとも重要なのが主部隊の編成。カードにはLaw、Neutral、CHAOSの3つの属性がある。

●バトルに勝利してお宝を収集

前述の通り、ほかのプレイヤーとのバトルでは主部隊と副部隊と総合力が勝負を分ける。副部隊にはバトルを仕掛けるときの攻撃部隊と、相手から挑まれたときの防御部隊の2種類が存在。副部隊には、プレイヤーの攻撃魔力、防御魔力の値分だけ、カードが自動的に選抜される。例えば、攻撃魔力が5だった場合、手持ちのカードの中から攻撃力の高い5枚カードが選択され、主部隊との合計攻撃力が最終的な数値になる。この数値が敵の防御力を上回っていれば勝利。バトルに勝てばレアカードが手に入る秘宝やカード強化に必要なオーブがゲットできる。なお、1回のバトルに投入する副部隊の攻撃魔力は調整可能。相手の防御力に対して、プレイヤー側の攻撃力が高すぎると強制的に敗北してしまうので、相手の防御人数から防御力を予測して最小限の力で勝つように心がけよう。また、本作では同じ相手に1日3回までバトルを仕掛けることができる。毎回違う相手に攻撃を仕掛けるよりも、同じ相手にバトルを挑み、結果を見ながら投入する攻撃魔力を調整したほうが勝率は高まる。狙った相手をじっくりと研究することが勝利の秘訣だ。

  ▲秘宝を7つ集めるとレアカードをゲットできる。敵の主部隊と防御人数を参考にして、投入する攻撃魔力を決めるのだ。

●友だち10人招待で限定カードをプレゼント!  アップデートで新カード、イベントも続々

『Revenge Of Dragoon 逆襲の竜騎兵』ではスタートダッシュキャンペーンとして、友だちを10人招待するとレア度5の強力なモンスター“ヴァンパイアの女王アリサ”をゲットできる。入手するには、招待したユーザーがチュートリアルを完了すればオーケー。友だちをどんどん誘って限定レアカードを手に入れよう。また、今後のアップデートでは、新カードや新クエストはもちろん、ギルドや称号といった要素も追加される予定。ますます広がる本作の世界から、これからも目が離せない!

Revenge Of Dragoon 逆襲の竜騎兵

メーカー
UNION MOBILE(ユニオンモバイル)
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
Android

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧