1. サイトTOP>
  2. グリー、未成年ユーザーの月間利用金額の総額に上限を設定

グリー、未成年ユーザーの月間利用金額の総額に上限を設定

2012-04-23 19:12 投稿

●15歳以下は月間5000円まで

グリーは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス、GREEにおけるソーシャルゲーム等に関する適正利用の促進、未成年ユーザーの保護を目的として、全決済サービスで未成年ユーザーの利用金額制限を導入することを発表した。未成年がうっかり使いすぎてしまうことがなくなるのは、親御さんとしても安心なのでは。

≪以下、リリースから抜粋≫

グリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中良和、以下「グリー」)は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「GREE」におけるソーシャルゲーム等に関する適正利用の促進、未成年ユーザーの保護を目的として、全決済サービスで未成年ユーザーの利用金額制限の導入を決定したことをお知らせいたします。

グリーでは、すでに同年4月1日より、通信キャリア決済サービスについては、15歳以下のユーザーには月間5,000円まで、16歳から19歳までのユーザーには月間10,000円までとする、未成年ユーザーの利用金額制限を導入しています。これに続き、未成年ユーザーの保護に向けた取り組みをさらに強化するために、キャリア決済サービスを含む全決済サービスを通じて、月毎に購入できる「GREE」で利
用可能な仮想通貨「コイン」の総額に上限を設定します。

利用金額の上限:
15歳以下のユーザー 月間5,000円 (税込)まで
16‐19歳のユーザー 月間10,000円(税込)まで

対象:
キャリア決済サービス、クレジットカード、BitCash、Edy、Google Wallet(Google Playアプリ向けの決済手段)、In App Purchase(iOSアプリ向けの決済手段)PayPal(TM)、WebMoneyについては、2012年4月26日より実施します。なお、GREEプリペイドカードについては、システムの準備が整い次第、導入します。

グリーは、今後とも、ユーザーに対するサービスの内容・品質の向上、ユーザーによる適正利用の促進を図るため、全社を挙げて真摯に検討等を進め、随時、可能な限り速やかに必要かつ適切な施策を実施していきます。

なお、本発表が業績に与える影響につきましては現在精査中ですが、影響は軽微であると認識しています。今後業績に影響を与えることが判明した場合には、速やかに公表します。

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧