1. サイトTOP>
  2. GALAXY NEXUSでAndroid版『Chrome Beta』を使ってみた

GALAXY NEXUSでAndroid版『Chrome Beta』を使ってみた

2012-02-08 21:47 投稿

●シークレットタブで履歴を残さず閲覧可能

googleが、Android Marketにて、ブラウザアプリ『Chrome Beta』の配信を開始した。価格は無料。Android 0S 4.0以上の機種が対応端末となるが、現在、日本ではNTTドコモのGALAXY NEXUSのみが対応している。編集部にはGALAXY NEXUSがなんと3台もあるので、その1台を使ってさっそく触ってみた。

『Chrome Beta』では、無制限にタブを開けるようになっており、複数のサイトを閲覧するときに便利。リンクを長押しすれば、新しいタブで開くか、シークレットタブで開くかを選択できる。履歴に残らないシークレットタブは、いろんな意味で使えそうな予感。とくに、ちょっと大人のサイトを見るときとか、人に知られたくない場合は即シークレットにしたい。画面上の四角は現在開いているタブを数を表しており、タッチするとタブが一覧で表示される。一覧画面では、端末を傾けると重なっていたタブが縦に広がったり、ひとつにまとまったりと、ユニークが演出がグーグルらしい。左右のフリック操作で開いているタブを切り替えられるのだが、実際に触った感想としては、反応がやや鈍い印象だった。なお、タブを開いた状態で『Chrome Beta』を1回閉じて再び開くと、タブ自体は残っているが再びページを開くのに再度読み込む仕組みなっている。PCでChromeを使用していれば、PCのブックマークやタグをスマホでも共有可能で、外出先でもオフライン表示ができる。Flashには対応していない。

 ▲タブの一覧画面。左にフリックするとタブが閉じる。 ▲シークレットタブは検索履歴にも残らない。

ページの表示速度は、GALAXY NEXUSに搭載されているAndroid標準のブラウザと比較すると、劇的というわけではないが、確実に早くなっている。ただ、画面の拡大縮小については、標準ブラウザのほうがサクサク動く。『Chrome Beta』だと、拡大した状態から標準の位置に戻すときに一瞬固まるような動作が見受けられた。

標準ブラウザから絶対に『Chrome Beta』にしたほうがいいと強く推薦するほどではないが、PCでChromeを使っている人はスマホで同じ環境を再現できるのでオススメ。個人的に気に入ったのは、表示速度よりもサイトのデザイン、とくに文字の大きさがサイトに適した状態で表示されている点。標準ブラウザも『Chrome Beta』もフォントの大きさは設定で変更できるが、標準ブラウザの場合、初期設定の状態だとサイトによっては文字がかなり小さいときがあったが、『Chrome Beta』では文字の大きさに悩まされることがほとんどなかった。

▲左が標準ブラウザ、右が『Chrome Beta』でファミ通Appを開いた状態。文字の大きさが明らかに異なる。

【『Chrome Beta』機能】(Android Marketより)
– 高速ブラウジング。ページの読み込み、スクロール、拡大縮小が速い
– 検索キーワード、ウェブ アドレスをアドレスバーから入力
– タブを無制限に開けて、タブの切り替えも簡単
– Chrome にログインしてすべての端末でブックマーク等を同期、およびパソコンで開いたタブを表示
– パソコンの Chrome からワンクリックでスマートフォンやタブレットにページを送信し、外出先でオフラインでも表示
– シークレット モードを使って、履歴を残さずブラウジング

Chrome Beta

メーカー
google
配信日
配信中
価格
無料
対応機種
Android 4.0 以上

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧