1. サイトTOP>
  2. 自分の作ったモンスターが実際に戦う!? ユードーがぬくもりあるソーシャルゲーム『テガキモンスター』を開発

自分の作ったモンスターが実際に戦う!? ユードーがぬくもりあるソーシャルゲーム『テガキモンスター』を開発

2011-11-21 10:47 投稿

忘れかけていた“作る喜び”がアプリで楽しめる

ユードーは、同社が2011年11月18日に配信を開始したiPhone/iPod touch向けのソーシャルアプリ『テガキモンスター』の発表会をアップルストア銀座で開催した。

 

7.jpg

発表会では、ユードー代表取締役の南雲玲生氏(以下、南雲)が手がける『テガキモンスター』の説明が行われた。南雲氏は「スマートフォンでアプリを出したとき、なにを問われるか考えたら、タッチパネル、高解像度のスクリーン、高速処理、コミュニティが挙げられる。それらを意識して作りました」と『テガキモンスター』誕生の経緯について話した。また、「ゲームはクリアーするものだが、『テガキモンスター』にゴールは存在しない。ドラマ以上に終わらないストーリーを楽しんでほしい」と意気込みを語った。

 

『テガキモンスター』は、120秒という制限時間内で自分で実際に絵を描き、モンスターを作成し物語を進めたり、ほかのプレイヤーとバトルできるアプリになっている。制限時間は、ゲームを進めていくことで時間が延びていくほか、課金することで時間を延ばすことができ、より作り込んだモンスターを作ることが可能。このゲームは、自分で描いたモンスターを操ることになるのだが、そこに絵のうまいヘタは関係ないという。出来上がったモンスターは初期ステータスがあり、ステータスの数値は色使いなどが基準となり、絵がヘタな人でも強いモンスターが作れるということなので誰でも楽しめるようになっている。

 

yudo/1.JPG yudo/2.JPG
yudo/3.JPG yudo/4.JPG

イベントの後半では、NHK教育テレビ“つくってあそぼ”のワクワクさんこと、久保田雅人氏をゲストに迎え、『テガキモンスター』の魅力について語った。久保田氏は「自分の手で作る喜びは何物にも代えられない。物作りの喜びは大切。出来栄えはどうでもいいから作る過程を楽しんでほしい」とモンスターを自分で作り出すというコンセプトに共感していた。なお、久保田氏が工作したキャラクターが、実際にモンスターになり、ほかのモンスターと戦うというサプライズも行われた。

 

yudo/5.JPG 9.JPG
yudo/6.JPG 8.JPG

最後に南雲氏は、「ソーシャルゲームは少し冷たいイメージがあるので、自分で創作して楽しむという“ぬくもり”を大事にしたい」と話した。

 

【テガキモンスター】
メーカー:ユードー
配信日:配信中
価格:無料
対応機種:iPhone/iPod touch、iPad互換 iOS 4.1以降が必要
備考:2011年11月21日時点ではアプリ名は“テガキモン”となる。いずれ『テガキモンスター』となる可能性あり。

 

 

(c) Yudo Inc.

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧