1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. グリー、80万ダウンロードの『ゆるふわ育成ゲームMEGU』運営会社マーズを子会社化

グリー、80万ダウンロードの『ゆるふわ育成ゲームMEGU』運営会社マーズを子会社化

2011-11-02 16:56 投稿

●スマートフォンアプリの開発力を強化

ソーシャルネットワーキングサービス“GREE”を運営するグリーは、スマートフォンアプリ『ゆるふわ育成ゲームMEGU』で累計80万ダウンロードの実績を持つマーズを子会社化したことを発表した。

 


01.png

02.png

 

≪以下、リリースより抜粋≫

グリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中良和、以下グリー)は、2011年11月2日付で、マーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:八尾憲一、以下マーズ)の子会社化について決議したことをお知らせします。

■1.子会社化の理由
グリーは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)「GREE」をグローバルなプラットフォームに成長させるべく、現在ソーシャルゲームの開発・運営に注力しており、今回、スマートフォンアプリの開発力および有力ソーシャルゲームのラインアップのさらなる強化に向け、マーズの子会社化を行います。

マーズは、子会社である株式会社FEYNMANを通じてスマートフォンアプリの豊富な開発実績を持ち、累計ダウンロード数80.7万ダウンロード(2011年10月28日時点)を誇る人気アプリ『ゆるふわ育成ゲームMEGU』を運営しています。
今回マーズ、FEYNMANを子会社化することでスマートフォンアプリの開発力が強化されると共に、3社間における人的資源や運営ノウハウの共有化によるシナジーが見込まれます。また、『ゆるふわ育成ゲームMEGU』にグリーのノウハウ等が加わることで、さらなる高収益化が期待できます。

今後もグリーは、より多くのユーザーに良質なコンテンツを提供することで世界中の人々が利用するナンバーワンコミュニティサービスを目指します。

■2.本件のスキーム
本件の実施により、グリーはマーズの普通株式5,110株(議決権比率70.0%)を同社の既存株主から取得します。また、今後グリーが残りのマーズ普通株式2,190株(議決権比率30.0%)を既存株主から段階的に取得する予定であり、将来的にはグリーが完全親会社、マーズが完全子会社となる見込みです。

■3.マーズの概要
商号:マーズ株式会社
代表者:八尾 憲一
所在地:東京都渋谷区
設立:平成8年1月
従業員数:28名
大株主の状況:八尾 憲一(保有比率76.3%)
主な事業内容:スマートフォンアプリケーションおよびウェブの受託開発
資本金:1,000万円(平成23年9月末日現在)

上場会社と当該会社の関係:
資本関係:記載すべき資本関係はありません。
人的関係:記載すべき人的関係はありません。
取引関係:記載すべき取引関係はありません。

<参考>
商号:株式会社FEYNMAN
代表者:八尾 憲一
所在地:東京都渋谷区
設立:平成20年7月
従業員数:5名
大株主の状況:マーズ株式会社(保有比率100.0%)
主な事業内容:スマートフォンアプリケーションの開発
資本金:500万円(平成23年9月末日現在)
上場会社と当該会社の関係:
資本関係:記載すべき資本関係はありません。
人的関係:記載すべき人的関係はありません。
取引関係:記載すべき取引関係はありません。

■4.日程
株式取得日:平成23年11月(予定)

なお、本発表が業績に与える影響につきましては現在精査中であり、影響を与えることが判明した場合には、速やかに公表いたします。

以上

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧