1. サイトTOP>
  2. 【Androidおすすめアプリ】正統派のコンバットシューティングゲーム『ガン・ストライク』

【Androidおすすめアプリ】正統派のコンバットシューティングゲーム『ガン・ストライク』

2011-11-01 23:34 投稿

●歴戦の傭兵となって、襲いかかる敵を殲滅せよ!!

画面を見ればわかる通り、本作『ガン・ストライク』は純然たる一人称視点のガンシューティングだ。ただし、『Quake』や『Half-Life』などいわゆるFPSとは異なり、本作のプレイヤーキャラクターはステージ内を移動することなく、一定のポイントから画面内につぎつぎに現れる敵を撃ち倒し続けることになる。30代以上の人なら、昔のゲーセンによくあった、左右から人型のターゲットが現れる射的ゲームを連想してもらうと、イメージとしては近いかもしれない。

もっとも、このゲームの”ターゲット”は生きた兵士なので、当然のことながら激しく攻撃してくる。こちらのライフが尽きるまでにステージごとに現れる一定数の敵を倒すのが、ゲームの目的だと言ってよいだろう。

 


00.png

▲敵兵が出現してから攻撃してくるまで、ある程度の空白時間があるのはお約束。できるだけ攻撃を受ける前に倒しておきたい。


01.png

▲ステージクリアー後、命中率と負傷度に従って評価が下される。さらに、評価に応じたお金が報酬として払い込まれるのだ。

●犬だ! お前は戦争の犬となるのだ!!

ゲーム業界における軍事アクション物と言えば、世界的にはトム・クランシーの作品が有名だし、日本産ならやはり『メタルギア』シリーズの名前が筆頭に挙がるだろう。あるいは、少し毛色は異なるものの、コンバットアクションと言う意味では『メタルスラッグ』シリーズなども古くからファンを得ている。

 

近年は『Halo』や『ギアーズ・オブ・ウォー』のようなSF的バックボーンを持つタイプの作品に人気が集まってはいるものの、現代戦、さらに言うなら20世紀半ばから後半を舞台にした、ややレトロ感漂うコンバットゲームも、それはそれで趣きがあって味わい深い。

 

本作も、どちらかと言えば少し古めの小銃と手榴弾を手に、敵味方が射線を交えるコンバットシューティングゲームだ。この種の一人称視点シューティングはあまり巧くない筆者だが、本作に関しては、意外なほどお気軽かつ楽しんでプレイできた。

 

 


02.png

▲物語的には、主人公は軍に雇われた傭兵で、敵はテロリストとのことだが、あちらのほうが装備が充実しているような気が……。

無論、その理由についてはいくつも思い当たるフシはある。 まず、敵兵の造形が三頭身程度にデフォルメされた絵柄(ただし、顔つきは憎々しい)で、あまり深刻にならずにプレイできたこと。 各ステージがそれほど長くないため、集中力を切らさずにプレイできたこと。 メインウェポンである小銃をはじめ、ゲーム内通貨で買えるアイテムが多彩で、強力なアイテムを入手すれば、それなりにゴリ押しでプレイできること。

 

それら3つの理由が大きいだろう。

 

加えて、一度クリアーしたステージは自由に再プレイ可能とあって、ここで技量を磨きつつ、資金稼ぎができる。普段はあまりこの手のハイスコアー更新などに血道をあげるほうではないのだが、お金という明確なリターンがあるうえ、敵の出現パターンがある程度ランダムで、戦績には運不運もある程度関係するとあって、気が付けば同じステージを夢中になって何度も何度もくり返しプレイしていた。そう、すべては、戦績評価を★3つにするために!!

 

 


03.png

▲ステージクリアー時に、ほぼ無傷で命中率が70%を越えていれば、★3つの評価がもらえるようだ。


04.png

▲強力な小銃ほど弾薬代も高価なので、調子に乗って撃ちまくっているとアッと言う間に金欠に。これで、また戻ってお金稼ぎか。トホホ……。

■基本操作

本作には2種類の照準操作方法が用意されている。ひとつは、画面左下をバーチャルスティックに見立ててスライドすることで照準を動かす”TOUCH”タイプ。もうひとつは、画面のどこでもスライドすることで追従して照準を動かす”RELATIVE”タイプ。前者のほうがスライド距離が少なくて済むぶん迅速に動かせるが、後者のほうが細かい狙いを付けるのには向いているので、お好みで選ぶとよいだろう。

 

照準の位置に銃弾を撃ち込むには、画面右下の+マークアイコンをタップすればいい。その際、押しっぱなしにすれば連射できるが、前述のとおり命中率と戦績はリンクしているので無駄撃ちはオススメできない。

 

射撃アイコンのすぐ左のアイコンで手榴弾の投擲、さらにその左の銃アイコンでメインウェポンとサブウェポンの切り替えが可能となる。

 

 


05.png

▲射撃アイコンの上の矢印マークがリロードアイコン。残弾数をつねに確認しつつ、適切なタイミングでリロードしたい。


06.png

▲武器切り替えで拳銃に持ち替えることが可能。拳銃は弾代がかからない(リロードは必要)という利点があるが、威力と装弾数が低いというデメリットがある。

 

ステージ開始前とクリアー後にはショップで銃や防具、弾薬などを購入することが可能。防具は3種類、拳銃も3種類だが、メインウェポンである小銃は10種類以上用意されているので、できるだけ早くお金を貯めて強力な武器を買いたいところだ。

 


07.png

▲AK-47があればシーン2くらいまでは十分クリアー可能。ただし、序盤のステージで資金稼ぎをするときなどは、最初から持っているMP5-Navyで十分だ。


08.png

▲弾薬以上に、傷ついた防具の修理代が馬鹿にならない。ダメージを抑える自信があるなら、あえていちばん弱いホッケー装備で挑むのも手だ。

【ガン・ストライク】
メーカー:PALADIN ENTERTAINMENT
配信日:配信中
価格:無料
対応機種:Android 2.2 以上

 

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧