1. サイトTOP>
  2. 【Androidおすすめアプリ】500万ダウンロードを記録した『Pocket Legends』のSpacetime Studiosが放つ無料MMORPG『Star Legends』

【Androidおすすめアプリ】500万ダウンロードを記録した『Pocket Legends』のSpacetime Studiosが放つ無料MMORPG『Star Legends』

2011-10-21 21:48 投稿

●今度は41世紀のスペースコロニーで冒険だ!!

500万ダウンロード(Android Market参照)という驚異の数字を叩き出したMMORPG『Pocket Legends』のメーカーが、新たに世に送り出した新作オンラインRPGが、この『Star Legends』だ。

 

『Pocket Legends』が、擬人化された動物をプレイヤーキャラクターにしたファンタジーRPGだったのに対して、本作『Pocket Legends』は一転、『レンズマン』や『スターウルフ』といった、ちょっと古めのスペースオペラを想起させる世界が舞台。プレイヤーは、青雲の志を抱いてコロニー艦隊UCSブラックスター号に入隊した新人隊員となって、さまざまなミッションに邁進することになるのだ。

00a
00b

▲ゲーム開始時にアバター(プレイヤーキャラクター)の性別とタイプ、顔&髪型を選ぶ。タイプは”コマンドー”、”エンジニア”、”オペレイティブ”の3つで、それぞれ装備可能な武器や防具が異なる。

01

▲ゲームの内容としては俗に『ディアブロ』系と呼ばれるタイプ。多数の敵を相手どるリアルタイム戦闘がメインだ。

●失うものなど何もない人命紙吹雪な世界で仲間との共闘が熱い!

アメリカなどに比べると、『スターウォーズ』、『スタートレック』などごく一部を除いて、日本では、スペースオペラというジャンルはあまり人気が高くない。有名なのは松本零士氏の一連の作品ぐらいだろうか?

 

もっとも、ゲームに関して言うなら『ファンタシースター』シリーズとその系譜に連なる作品は近年も好評を博しているし、洋ゲーでも『Mass Effect』シリーズなどは高い評価を得ている。それら一連のゲームに抵抗感がない人なら、さほど違和感なく本作の世界に入って行けるはずだ。

02

▲画面中央下の赤いアイコンはヘルス、青はエナジーを回復させる薬。激戦が予想される場合、大量に買い込んでおこう。

 

本作における通常攻撃の手段は、SF未来世界らしく銃、それもビームガンの類い。エンジニアはナックルという近接用武器を使用できるが、基本的には銃で遠距離から敵をビビビと撃ち倒していくことになる。弾は無限でエネルギー切れなどもないので、やりたい放題かと思いきや、敵も海賊、つまり人間である(いや、一部モンスターっぽい怪獣もいるけど)以上、銃を撃ってくるわけで、なかなか主人公無双とはいかなかったり。しかも、上で『ディアブロ』系と称した通り、状況によってはかなり多くの敵に襲われることもあるわけで、多勢に無勢はなかなかツラいものがあったりする。

 

しかし! 無論、そのあたりを作り手側が考えていないはずもなく、そういう状況への対策も当然いくつか用意されている。

 

ひとつは、”スキル”。ファンタジー系で言うところの魔法的な特殊能力で、複数の敵を同時攻撃するための特技が存在するのだ。一度使うと再使用するのに多少時間がかかるものの、ノックバックやスタン効果のあるものも多く、敵に囲まれたときなどは非常に頼りになる。

 

ふたつめは、本作が”オンラインゲーム”であるというシステムによる利点。プレイヤーがクエストの目的地に赴くとき、同じクエストを実行する他のプレイヤーとなかば自動的にパーティーを組んで目的に向かって協力することになる。いわゆる野良パーティーと呼ばれるものに近いが、「たまたま同じ場所に居合わせた同僚」程度の関係なので、変に気を使う必要はない。「俺、協力プレイとか苦手なんだよね」と言う人は、「俺は俺の道を行く」とばかりにひとりで進んでもかまわないのだが、忠告しよう。「絶対、みんなでいっしょに進むほうが楽」。なにもPCのMMORPGのごとく、声かけあって、役割分担して……なんて細かいことを考える必要はない。戦闘に参加しさえすれば、経験値はちゃんと入るし、ひとりが宝箱を開ければ全員中身がもらえる。さらに、敵が多いときは攻撃対象が分散されるし、ボスクラスの敵を相手にするときは単独では足りない火力を補える……といいことづくめなのだ。

 

そして、3つめの対策が「デスペナルティの軽さ」。本作において、作戦行動中にヘルスが0になって死んでも、そのクエストの基点となる場所に戻されるだけで、デメリットはほぼ0。復活時にヘルスとエナジーは最大値の半分程度になっているが、そんなものは時間経過で自然に回復するのでノープロブレムだ。その場で回復する手段も一応用意されているので、ボス戦のときなども安心だ。

 

力尽きては生き返りつつ、仲間とともにひたすら先へ先へとガンガン進んでいく。本作はそんなアグレッシブルなプレイスタイルで、気持ちよくプレイするのに最適なゲームなのだ。

 

03

▲慣れてくれば、インスタントパーティーで、とくに打ち合わせしてなくても、自分のタイプに応じた役割分担を果たせるようになる。それがまた楽しい。

04
05

▲移動中などに、画面上部の吹き出しアイコンをタップして出るマクロで、簡単な挨拶などをしておくとさらにグッド。また、同行した人間からフレンド登録の申し出が来ることも。

06

▲プラチナムを払うことで、力尽きてもヘルス&エナジー満タンでその場での復活が可能。まさに、地獄の沙汰も金次第!?

■基本操作

ゲームを始めて自分のアバターを作成し終わると、いきなり緊急事態が発生し、チュートリアルを兼ねた敵掃討任務に強制的に参加することになる。ここでゲームの基本を学んでおこう。

移動は左下のバーチャルパッドで行い、画面上部をスライドすることでカメラの方向が変えられる。敵に近付いて右下の武器アイコンをタップすれば、攻撃目標を自動的にロックして攻撃開始。ロックオン距離内なら、相手が倒れるまで自動的に攻撃を続けてくれる。

 

攻撃アイコンの左上に扇状に配置されているのがスキルで、直接攻撃だけでなく、回復や援護に役立つタイプのスキルも存在している。これらもタップすれば即座に発動できる。

 

07

▲コマンドーは重武装と重火器を扱う”戦士”、エンジニアは壊れた機械を修理できる”鍛冶屋”、オペレイティブは軽装だがハッキングが得意で隔壁などを開けられる”盗賊”……といった役回りと言えるだろう。

08

▲敵以外に爆発物や自動砲座なども攻撃して破壊可能。敵を巻き込んでダメージを与えることも。

09

基地となるコロニー内では、RPGに必要と思われる各要素──クレジットでの買い物や武具の強化、クエストの請け負いと達成報告などが実行できる。

また、買い物自体に関しては、画面左上のアイコンをタップして開くメニュー画面から、基地、現場問わずいつでも可能なのだが、こちらのショップでの買い物は、ゲーム内で稼げるクレジットではなく、リアルマネー換金のプラチナムが必要となるので注意。そのぶん、強力なアイテムを入手することも可能だ。

 

10
11

▲もちろん、ステータスやスキルの確認や装備変更、フレンド一覧と応援要請、現在受けているクエストの内容確認など、RPGに必須のコマンドもこのメニュー画面で実行できる。

12
13

▲請け負い可能なクエストに関わるNPCの頭上には金色の?マークが表示されている。ぜひ話を聞きに行こう。

14
15

▲画面右上の”GO TO…”アイコンをタップすれば、直接そのクエストの舞台に行ける。また、達成したクエストは、メニュー画面で確認すると文字色が緑に変わっているので、コロニーに帰ったら依頼者に報告しに行こう。

【Star Legends (3D MMO)】
メーカー:Spacetime Studios
配信日:配信中
価格:無料
対応機種:Android 2.0 以上

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧