1. サイトTOP>
  2. 【Androidおすすめアプリ】ライフシミュレーションの傑作がAndroidに! 『The Sims 3』

【Androidおすすめアプリ】ライフシミュレーションの傑作がAndroidに! 『The Sims 3』

2011-09-22 21:54 投稿

●新しい町、新しい家で手軽に第2の人生を!!

本作は、『シムシティ』で一世を風靡したウィル・ライトの話題作『ザ・シムズ』の系譜に連なるシリーズ第3弾のスマートフォン用移植作品にあたる。プレイヤーは、とある町に引っ越してきたひとりのシム(このゲーム内の住人)として、家の環境を整え、近所の人々と知り合い、親しくなり、同時に働いて日々の糧を得たり趣味に勤しんだりすることになるのだ。

ひとりの人間の”暮らし”をシミュレーションするのが『ザ・シムズ』シリーズであり、シリーズを追うにつれて、インターフェイスや”できること”が洗練されてきている。反面、いささかやることが多くて忙しい……という面もなきにしもあらずなのだが、本作に関して言えば、元の『ザ・シムズ3』を非常に巧い形でスマートフォン用にアレンジしていると言えるだろう。

00

▲キャラクターメイキングを始め、いくつかの要素はPC版や家庭用機版などに比べて簡略化されているが、ゲームの本質は損なわれていない。

01

▲目的地や目的物と各種コマンドを紐づけている、わかりやすいシステムは健在。

●生きるということはキレイゴトじゃない!?

同シリーズをプレイした人ならご存知だろうが、本作は妙な部分(褒め言葉です)が非常にリアルだ。一定時間経つとお腹が空くし、ずっと起きていれば眠くなる。身体が汚れたら風呂に入らないといけないし、食べた以上は出すものも出さざるを得ない。

ゲーム的にある程度デフォメルされている(どれもだいたい一日につき1、2回実行すればよい)とはいえ、これらの人が生きるうえで必要な行為を省かずにキチンとプレイさせることが、本作の特徴のひとつだろう。

また、人と会って仲良くなるシステムも微妙にリアルだ。プレイヤーの操るシムには性格付けが為されており、当然気の合う人や合わない人が出てくる。また、相手のシムによって適切な話題や行動も異なるのだが、たとえば「ジョーク下手」な性格のシムが「ジョークを言う」を選んでも、当然結果ははかばかしくないワケだ。

もっとも、性格があまり合わない相手でも根気よく会話して、少しずつ親しくなることは可能だ。無論、気の合う相手なら、会ったその日に関係を”いい友達”の仲にまでもっていけたりもする。このあたりも、現実の人間関係となんら変わりない。

また、シムが生きていくうえでも当然お金は不可欠で、普通に考えると何らかの職に就かないと賃金はもらえない。職に就いたら就いたで、遅刻は厳禁だし、上司と個人的に仲良くなれば、いろいろと便宜をはかってもらえたりもする。このあたりを「大人は汚い!」と見るか、「人生ってそういうモンだよなぁ」と達観できるかは、プレイする人の性格が透けて見えるだろう。

9時5時(職種によって変更あり)で仕事を終えたら、あとは自由時間。料理や釣りなどの趣味に勤しむもよし、友だちの家に遊びに行ってくだらない会話をするもよし。場合によっては×××なこともちょっとだけできたり……。

いずれにしても日々少しずつ溜まるストレスを溜めないようにするのが肝要。このあたりも(いい意味で)ムダにリアルだ。

02

▲町中では、自分から話しかけるほか、他のシムに声をかけられることもある。袖摺り合うも他生の縁。できるだけ愛想よく応対しよう。

家庭用ゲームでも、『どうぶつの森』シリーズや『牧場物語』シリーズなどのおかげで、かつてと比べてライフシミュレーション系のタイトルもメジャーになりつつある。個人的な感想としては、本作はその種の中の作品では『ルーンファクトリー3』あたりをプレイしたときと近い印象を受けた。釣った魚を料理したり、園芸に勤しんだり、その種のゲームが好きな人には、ぜひ一度プレイしてみてほしい。

03
04

▲”釣り”や”料理”、機械類の”修理”といった行動をくり返し行うことで、経験値を得てそれぞれのスキルが上昇する。

05

▲キャラメイク時の設定で、個人目標はある程度自由に決まる。無視してしまっても大きな支障はないが、これらを見事達成すると……。

■基本操作

ゲーム開始直後は、プレイヤーキャラクターとなるシムを作成することになる。ここでは、性別、肌の色、目の色、髪型、上下服、靴といった外見と、人格、特質といった内面的な部分を決定。外見はともかく、人格と特質はシムの生活と直結しているので、慎重に考えるべきだろう。

 

06

▲特質は5つ選ぶ必要があるが、対立する特質を同時に選択することはできない。

作成したシムでプレイを始めると、チュートリアルをプレイするかどうかの選択がある。初めてプレイしたときは、プレイしたほうがいいだろう。

ゲームはシムの自宅から始まる。自宅には冷蔵庫、ベッド、シャワー、トイレ、テレビといった最低限の設備は揃っているものの、快適な暮らしを営むには足りないものもいくつかある。画面左下のイスのアイコンをタップすれば”建築モード”に移行し、家具などを買ったり、部屋の模様替えなどができるようになる。もっとも、最初の所持金はあまり多くないので、無駄遣いは厳禁。もし買うなら”安いコンロ”ぐらいに留めておくのが賢明だ。

家の中の各設備は、タップすることで利用するコマンドが出る。また、それ以外の場所をタップすれば、シムがそこに向かって移動を始めるのだ。

 

07

▲画面左下の「…」アイコンは、セーブやオプションなどを実行するためのシステムメニューが開く。

08

▲すでにある家具類を並べ替えることも可能。配置し直して家の中がスッキリ!

画面右下の菱形のアイコンをタップすれば、メインメニューが開く。ここでは、シムの状態やスキル、所持品などを確認することができる。とくに”状態”は時間経過とともに変化していくので、ときどき確認しておくほうがいいだろう。

 

09

▲画面下部に表示されたベッドやトイレなどのアイコンが赤くなったら、シムの状態がピンチな証拠。すぐに欲求を満たしてやろう。

 

家の出口などからシムが町に出たら、まずは職を探そう。市役所やスーパーマーケット、ビストロなどに行けば、働き口がある。職場によって当然ながら、仕事内容や上司は異なるが、最初はそれほど気にする必要はない。

町の中で重要なのは、買い物と会話。

レシピを買わないと料理はできないうえ、野菜やパンなどの材料がないと作れない。釣りや修理をするにも相応の道具が必要だ。これらは一部を除いて各店で買うことになる。

また、本作でいちばんユニークで、同時に複雑なのが、他の人(シム)との会話。シムと会話しなければ状態の”社交性”の数値が下がってしまうし、トータルなプレイ目的としても、さまざまなシムとの交流は不可欠。まずは、町中で見かける黄色い人影をタップして、会話モードに入ろう。あいさつをして”知人”となったら、そこから親しくなれるかはプレイヤーの選択次第だ!

10
11

【The Sims 3】
メーカー:エレクトロニックアーツ
価格:600円[税込]
配信日:配信中
対応機種:Android 1.6 以上

(C)2010 Electronic Arts Inc. All Rights Reserved.

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧