1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. フリスクサイズとか家電とか、ウィルコムの2011年秋冬モデルが斬新過ぎる 

フリスクサイズとか家電とか、ウィルコムの2011年秋冬モデルが斬新過ぎる 

2011-09-21 17:51 投稿

●フリスクサイズのストラップフォン!?

 2011年9月21日、ウィルコムが2011年秋冬モデルを発表した。なかでも注目なのが、フリスクサイズケータイと称されるストラップフォン、エイビット製のWX03Aだ。フリスクサイズとか、ストラップフォンhとか、これまで見たことがない形容詞が付くこの端末は、スマートフォンではなくPHS。PHSは久しくお目にかかってなかったが、あまりの衝撃に思わず記事してしまった。

wx03a

 ストラップフォンWX03Aは、従量たったの33グラム。フリスクサイズという言葉の通り、端末の大きさは、お菓子のフリスクとほぼ同等。外形寸法は、約幅32ミリメートル×高さ70ミリメートル×暑さ10.5ミリメートルで、世界最小、最経軽量だ。ディスプレイは、約1インチの有機EL液晶を採用。キーも小さいため、正確に文字が打てるか心配したが、Eメール機能は付いておらず、ある意味ひと安心。この画面サイズなので、当然の措置と言えば当然なのか。カメラはなく、外部メモリーにも対応していないが、赤外線は搭載している。合コンや飲み会の席で、この端末を出せば話題をさらえること請け合いだ。

wx02a_top

 そして、もう1台。おかしな端末が。その名もWX02A (イエデンワ)。そう、製品名通り、PHSなのに、家電の形をしているという超斬新なルックス。AC電源による駆動のため、もはやただの家電だ。従量が約610グラムと、家電にしてはやや軽いというのが特徴か。あとは、設置に工事不要ということもメリットに上げられる。単3型アルカリ乾電池4本を使用すれば、乾電池駆動で約5.5時間の連続通話も可能だが、持ち歩くには少々不便かもしれない。そういえば、昔、ケータイが黒電話だったみたいなコントを見た記憶があるが、それが現実のものになろうとは驚きだ。人より目立ちという人にオススメしたい。ちなみに、こちらもエイビット製。

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧