1. サイトTOP>
  2. 【角満の『ウマ娘』日記 第44回】ターフのサイボーグ、ミホノブルボン物語(6)

【角満の『ウマ娘』日記 第44回】ターフのサイボーグ、ミホノブルボン物語(6)

2021-06-02 17:45 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ウマ娘 プリティーダービー

◆皐月賞!

ちとスピードアップして書いていかないと、いつまで経ってもミホノブルボン物語が終わらん!!

でも、もっとも思い入れのある馬(ウマ娘)なのでどうしても……ブルボンが二冠を達成した92年のこととか、その近辺の競馬シーンのことを文字にしたくなっちゃうんだよねぇぇぇええ!!! するとどうしても長文になって、

「これ以上綴ってしまうと……コスパが!!!><」

ってことになって、程よいところで1話を区切って、

「続きは次回!!!」

と、未来の自分の采配に託すという行き当たりばったりな立ち回りに……(苦笑)。

フニャコフニャ夫先生みたいに、未来の自分が書いた作品を丸写しして納品してぇ……w

……なんてことをダラダラ書いているとまたしても先に進まないので、とっとと続きを書いてしまおう。

今回はいよいよ、我がミホノブルボンちゃんがクラシックの一冠目に臨むのだ。

それはもちろん……春の訪れを告げる閃光の2000メートル“皐月賞”だ!!!

1

◆さあ、ダービーへ!

何度も言うように史実のミホノブルボンは、クラシック最後の菊花賞までの7戦を無敗で制し、その中にはもちろん皐月賞も、競馬の祭典・日本ダービーも含まれている。

ところが……((゚Д゚;))

俺のミホノブルボンはここまで、それは悪夢か地獄の黙示録か、3戦して1勝2敗という凡人以下の成績……(((( ;゚Д゚)))

皐月賞トライアルのスプリングステークスはどうにか2着となり(1着が超スプリンターのサクラバクシンオーというウソのような結果w)、先に進むことだけはできたんだけど、早くも実力の底を見せてしまったような走りにファン(俺だけど)の落胆はヒドいものがあった。もしも皐月賞でも結果が出ないようだったら……育成を途中棄権して、何事もなかったかのようにイチからリスタートしてしまうかも!!!ww

それくらい、俺は追い詰められていたのです。

しかも。

さすがはクラシックの一冠に名を連ねる皐月賞だ。

出てくるライバルウマ娘の顔ぶれもハンパがなかった。

なんとこのレース、ミホノブルボンは3番人気。

2

リアルなミホノブルボンは、生涯に走った8レースのうち1番人気にならなかったのは1レースのみ(スプリングステークスが2番人気だった)で、しかも他のレースは恐ろしいことに、単勝1.4倍、1.5倍、1.2倍……と、ほとんどが2倍を切るという圧倒的人気を誇っていた(もっとも倍率が高かったダービーですら2.3倍)。

それなのに、我がウマ娘のミホノブルボンは3番人気……。

これは……俺の立ち回りが悪くて、朝日杯とスプリングステークスでヘタをこいた影響なのでは!!!(あと、ブルボンの出遅れのせいな) だとしたら、恥をかかせてスマンかった!!><

でも、いっしょに走るメンツを見て、ミホノブルボンが3番人気に下げられたのもちょっとナットクしてしまったのもまた事実。

だって……!

3

1番人気は、99年の皐月賞馬にしてGI7勝のテイエムオペラオー!!

2番人気は、84年の皐月賞馬にしてGI7勝、さらに無敗で三冠を制した“皇帝”、シンボリルドルフ!!

ほかにも、2001年の皐月賞馬であるアグネスタキオン(このウマ娘の育成についても早く書きたい!!)、長距離王のメジロマックイーン、91年のグランプリホース・メジロライアン、そして、ミホノブルボンの永遠のライバル、ライスシャワー……!

そんな、空前絶後のメンバーで争われた皐月賞で、我がミホノブルボンは……!

4

うおおおお!!!www 今度は出遅れなかった!!!ww もうそれだけで、勝ったかのようなヨロコビが俺を貫く!!!www

このロケットスタートが決まったことで、密かに仕込んでおいた逃げ馬用のスキルも発動する。

5
6

よし……!! 逃げの体勢に入れたぞ……!!

この2戦の凡走は、出遅れからリズムを崩してスピードに乗れず、一度も先頭に立てぬまま足を使い切って沈んでいく……というパターンだった。

でも、今回は……!!

得意の大逃げが決まっているぞ!!

7

いける……!! このまま、ミホノブルボンだけが持っていたリアルスキル“坂路で鍛えた筋肉パワー”で押し切れるに違いない!!!

と、勝利を確信しかけたところ……!

“もうひとりの、逃げの皐月賞馬”がミホノブルボンの背後から……!!

8

やっぱり来た……ッ!!

98年の皐月賞馬であり、のちに3000メートルの菊花賞を世界レコードで逃げ切る天才的逃げ馬、セイウンスカイが!!

しかし改めてこのレース、歴史的な皐月賞馬のそろい踏みだなあw まったく目立たなかったけど、93年の皐月賞馬であるナリタタイシンも馬群に沈んでいたし……w

それでも、展開がハマったミホノブルボンは……やっぱりめちゃくちゃ強かった!!!

9

第4コーナーを回って直線に入っても先頭は譲らず、ダメ押しとばかりに……!!

10

“先頭の景色は譲らない…!”と“G00 1st.F∞;”が炸裂ッ!! こうなったら……もう誰も止められない!!

11

迫るライバル・ライスシャワーの脚もまったく届かず、完全なる独走状態!! これぞ、強者の走り!! 無敗の二冠馬(負けてるけど)の才能、ついに開花だ!!!

その結果……!

12

4バ身ちぎって、見事クラシックの一冠目をゲット!!! 朝日杯とスプリングステークスの凡走がウソのように、リアルなミホノブルボンを髣髴とさせる力強い走りを見せてくれたわーーー!!

これにより予定通り、次走は……!

13

日本ダービーに決定……!!

2400メートルという距離の壁を、ターフのサイボーグは超えることができるのだろうか??

続く!

←第43回を読む

大塚角満

大塚角満(おおつか・かどまん)…… 著書に、『モンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズな ど。

ウマ娘 プリティーダービー

対応機種iOS/Android/ブラウザ
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーサイゲームス
公式サイトhttps://umamusume.jp/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧