1. スマホゲーム情報ならファミ通App
    >
  2. 最新ニュース一覧
    >
  3. いまさら聞けないギミック対策!『スタースマッシュ』実装されている“ギミック”の種類や対策アビリティを紹介します【スタスマ攻略ブログ】

いまさら聞けないギミック対策!『スタースマッシュ』実装されている“ギミック”の種類や対策アビリティを紹介します【スタスマ攻略ブログ】

2021-01-28 21:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

STAR SMASH(スタースマッシュ)

XFLAGのスマートフォン向けアプリ『スタースマッシュ』(以下、『スタスマ』)の攻略プレイブログをお届けしていきます。

対策カードがあるとないとで難易度変化が大きい“ギミック”を紹介

皆さん、ご無沙汰しています!  久々になりますが『スタスマ』攻略記事をお届けさせていただきます。

今回はフィールドに設置されている各種“ギミック”とギミック対策ができるカードの例をご紹介! 『スタスマ』もリリースされてからもう後少しで3カ月を迎えようとしています。この2カ月とちょっとで、さまざまなステージギミックが登場してきましたが、ここで改めてギミックの詳細をチェックしていきましょう。

※記事公開段階でのギミックのみを紹介しています。あらかじめご了承ください。

ギミックの種類と対策カード(一部)

その1:タイムイレイザー

kiji_001

最初に紹介するギミックは“タイムイレイザー”。フィールド上に設置された青白い電気のようなものが流されている壁が“タイムイレイザー”で、これにボールが触れるとアクティブタイム(操作時間)が1秒削られてしまいます。

たった1秒とあなどることなかれ! 操作時間の長さは、そのままダメージ総量に匹敵します。つまり、操作時間が減らされるということは、そのwave中に与えられるダメージも減るということ。触れることで直接ダメージを受けるようなギミックではありませんが、操作時間が減ることで敵を倒し切る機会を失い、結果被ダメージ量が多くなってしまいます。何の対策もなしに連続で触れようものなら、何もできることなくプレイヤーターンが終わってしまう、なんてことも!?

Sランククリアーの妨げになること間違いなしのギミックでもあるので、プレイスキルに絶対の自信がある人はべつにして、対策はしっかりしておきたいギミックです。ちなみに、このギミックの対策となるアビリティは“ブレイクタイムイレイザー”。

kiji_002

ブレイクタイムイレイザーを持っているキャラクターは、ギミックの効果を無視するだけでなく、ギミックを破壊して立ち回れます。以下に“ブレイクタイムイレイザー”を持つカードの一例を紹介しておくので、ぜひ編成の参考にしてみてください。

■対策アビリティ<ブレイクタイムイレイザー>持ちカード(一部)

・【因縁の戦い、決戦の火蓋】ユウ&アズマ
・【空想世界の大活劇!】ウッディ&ブルズアイ
・【急ぐ白兎を追って】アリス&白うさぎ
・【勝利のハイタッチ!】ユウ&ミッキーマウス

kiji_001

その2:ワープ

kiji_004

続いて紹介するギミックは“ワープ”。フィールド上では底なしの穴のような見た目をしており、いずれかの穴にボールが入ってしまうと、強制的にほかの穴へとワープさせられてしまいます。

ワープの数が少なければ、それほどの驚異になるギミックではありませんが、出るところでは出ます! ちゃんと対策をしておかないと、まともに攻撃すらできず、歯痒い思いをしてムダなwaveを過ごすことになってしまうので、こちらもできれば対策しておきたいギミックですね。

kiji_005

対策アビリティは“ブレイクワープ”。ワープホールをかき消しながらボールが移動できるようになるので、ストレスフリーなプレイが出来るようになります。

■対策アビリティ<ブレイクワープ>持ちカード(一部)

・【さあ、念願のレースへ!】ヴァネロペ&ラルフ
・【みんなでメリークリスマス】
・【2人きりの舞踏会】ベル

kiji_006

その3:ペナルティスパイク

kiji_007

3つ目に紹介するギミックは“ペナルティスパイク”です。トゲトゲのついた鉄球ような見た目で、これにボールが触れるとダメージを受けてしまいます。

加えて、この“ペナルティスパイク”は貫通無効となっていて、サービスショットはもちろん、スペシャルショットのボール巨大化ですら本ギミックを貫くことはできません。ゲームオーバーに直結するギミックとなるので、このギミックが登場するステージでは、対策は必須です。

kiji_002

これの対策となるアビリティは“ブレイクペナルティスパイク”。このアビリティを持ったキャラクターがペナルティスパイクに触れると、貫通できないギミックそのものを消すことができるので、ルート選びもしやすくなります。

■対策アビリティ<ブレイクペナルティスパイク>持ちカード(一部)

・【逆境に咲く花】ムーラン
・【甘くて美味しい追走劇】ミッキーマウス&ピート
・【素晴らしい海の世界】アリエル

kiji_009

その4:ペナルティフレイム

kiji_010

最後に紹介するギミックは“ペナルティフレイム”。こちらも触れるだけでダメージを受けるギミックとなっています。見た目が炎の壁なので視認性はよく、見逃すということもないでしょう。

先に紹介したペナルティスパイクとの違いは、こちらは貫通できるという点。そのため、HPの量さえ多ければ力押しでステージクリアーをすることも出来なくはないですが、数多く展開されることが多いので、ゴリ押しするつもりが“ただただ自滅に向かう”ようなプレイになる可能性も。

kiji_011

こちらへの対策はアビリティ“ブレイクペナルティフレイム”で行えます。ほかの対策アビリティと同じく、このアビリティを持っているキャラクターは、ペナルティフレイムを消しながら立ち回れるようになります。

■対策アビリティ<ブレイクペナルティフレイム>持ちカード(一部)

・【ふしぎの国の危険な帰路】アリス&ハートの女王
・【ファンサービスも大事にね】ケイ&ミナミ
・【ランプの魔人との出会い】アラジン&ジーニー

kiji_012

以上4つのギミックを紹介させていただきました。個人的にですが、4つの中でもっとも厄介なのはプレイ時間を削られてしまうタイムイレイザーと、巨大ボールですら貫通できないペナルティスパイクです。これらはリターンショットを駆使すれば擬似的に回避することも可能ですが、それも限界があります。対策は必須ですね。

なお、今回紹介したギミックがステージに登場するかしないかはステージ選択時の“詳細”から確認することができますので、初挑戦のステージでは一旦詳細を確認してから編成をチェックしてみましょう! ちなみに、ゲーム内公式ヘルプでは各ギミック対策アビリティが“アンチ○○”と記載されていますが、ゲーム内のカード詳細では“ブレイク○○”と表記されているので、今回はカード詳細で確認できるもので表記を統一しています。もし混乱させてしまったらごめんなさい!

それではまた次回!

kiji_013

記事・画像:テンコジ(@ten_koji_123

STAR SMASH(スタースマッシュ)

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルアクション
メーカーXFLAG
公式サイトhttps://star-smash.jp/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧