1. サイトTOP>
  2. スピンオフ公演で青嵐の3人が躍動! “少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE 青嵐- BLUE GLITTER”ゲネプロレポート

スピンオフ公演で青嵐の3人が躍動! “少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE 青嵐- BLUE GLITTER”ゲネプロレポート

2020-12-22 14:11 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

少女☆歌劇 レヴュースタァライト -Re LIVE-

青嵐総合芸術院がより深く知れる作品に

『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』(以下、『スタァライト』)のスピンオフ公演となる舞台“少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE 青嵐- BLUE GLITTER”が2020年12月21日19時より第1公演を迎えました。

この公演のゲネプロ(本番同様に舞台上で行う最終リハーサル)がプレス向けという形で事前にLIVE配信されました。本記事ではこのゲネプロLIVE配信のリポートをお届けしていきます(※リポートでは、一部公演内容に触れているためネタバレOKの方のみご確認ください)。

kiji_001

“少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE 青嵐- BLUE GLITTER”特設ページはこちら

キャストコメント

◆七木奏音さん(柳小春役)

kiji_010

皆さまがいるから私たちはキラめくことができます。大好きなスタァライト、大好きな青嵐。
皆のために全力で小春を生きます。最高の時間を過ごしましょうね…!

◆佃井皆美さん(南風涼役)

kiji_011

青嵐の元気印!!元気いっぱいがんばります!
みんなででっかい嵐まきおこします!みなさんに沢山のキラめきが届きますように…☆

◆門山葉子さん(穂波氷雨役)

kiji_012

大好きな仲間と大好きなスタァライトの舞台に立てること、本当に幸せです。
小春、涼、氷雨、そして八雲先生。青嵐の新たな物語を、キラめきを皆さんにお届けします!!お楽しみに!!

ゲネプロリポート

※以下、ネタバレを含みますのでご了承ください。

本公演では、“-The LIVE-#2”にて実施された聖翔音楽学園との交流プログラムを終えた青嵐総合芸術院 舞台学科 ステージ専攻(通称:ステ専)所属の柳小春(七木奏音)、南風涼(佃井皆美)、穂波氷雨(門山葉子)を中心に物語が展開していきました。

まずは上で紹介した3人が制服姿で登場して歌を披露します。その後、後輩を含むステ専メンバー全員と“全国高校演劇選手権”に備えようという会話が展開されます。

kiji_003
kiji_004

なお、青嵐は去年の選手権で脚本賞などを受賞したものの総合優勝は逃しています。先輩の力を借りても届かなかった総合優勝を手にするにはどうすればいいのか……焦りの表情を見せる小春を尻目に登場した八雲響子先生(小林由佳)。彼女は選手権の演目云々の前にステ専メンバーに機材管理の点で注意し、創立直後に選手権で優勝した当時の青嵐といまの青嵐で違う部分を考えて行動するよう促します。

場面は変わり、舞台裏の整頓を進めるステ専メンバー。この場面でノコギリが扱えないなどの弱点をさらす小春。彼女は結果に固執するあまり周りが見えておらず、ステ専が怠惰だったことを悔やみます。しかし、選手権が迫っているため悔やむ時間ももったいないと告げ、テキパキ作業を進めようと悔やむ時間すら与えない氷雨。ふたりの会話を聞いていた涼はふたりとも肩に力が入りすぎと指摘し、もっと楽しくやろうと語るも小春には届きません。こうして3人の間では選手権というひとつの壁を前に気まずい空気が生まれてしまいます。

kiji_005

しかも、小春は妹の柳さくらから交流プログラムで切磋琢磨した聖翔音楽学園九九組のメンバーが選手権に出場しないかもしれないという話を耳にします。彼女自身に余裕がないせいか、さくらから語られる九九組面々の発言も挑発のように受け止めてしまい、姉妹関係すらもギスギスさせてしまうのでした。

kiji_006

翌日の裏方作業でも優勝に固執するあまり、イライラを募らせる小春。彼女を中心にステ専の思いがバラ付いてしまい、このままではまずいと考えた八雲先生はの聖翔の走駝紗羽先生(椎名へきる)に改めて交流プログラムを開催してほしいと提案。これに対し、紗羽先生は別の学校で活躍する舞台少女を見るよう提案します。紗羽先生の提案を受け止めた八雲先生は小春、氷雨を連れてシークフェルト音楽学院へと足を運びます。

kiji_007

そこで彼女たちは雪代晶(野本ほたる)の演技を見るのですが……。この先の物語はネタバレのため控えさせていただきます。

kiji_009

コロナ過での開催ということで細心の注意を払いつつ実施される本公演で『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』は新たな1歩、新たな物語を見せてくれること折り紙付きですので、青嵐ステ専メンバーはもちろん、舞台を彩るほかの舞台少女ならびにキャスト陣にも注目してください。

本作の追加公演(12/23)ならびに配信による視聴チケットは以下リンク先にて確認・購入できますので、チェックしていただければと思います。

“少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE 青嵐- BLUE GLITTER”特設ページはこちら

少女☆歌劇 レヴュースタァライト -Re LIVE-

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
メーカーブシロード
公式サイトhttps://revuestarlight.bushimo.jp/preregistration/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧