1. サイトTOP>
  2. 【今日の編集部】『まほやく』で1年ぶりに賢者になってみたよ

【今日の編集部】『まほやく』で1年ぶりに賢者になってみたよ

2020-12-02 20:00 投稿

ただいま、壊れかけの世界

【本日の担当:さとるり】
satoruri128_1

サービス初日に始めた『魔法使いの約束』。

メインストーリー、ひととおりキャラが出そろったところで「推しが見つからないなあ」と思って放置していたのですが(初見ムルくんかなあと思ったのですが、その後ブレまくりまして)その後じわじわと「『まほやく』おもしろいよ」という声を聞くようになり、「ちょっと待って……! 私を置いていかないでえええ」と思いながら、ようやく先日、残りのメインストーリーを一気に解放して読み終えました。おいおい、気付いたら1周年ですよ。

読み終わった感想としては「え? なんかすごいな?」という感じです。語彙力とは、って感じでしたけど、しばらくどう表現していいか分からず、本当に言葉が出なかったw すごくおもしろいんですけど、想像していたものとはベクトルの違うおもしろさだったというか。

友達が「かわいい!」って騒いでいるし、じっさい絵も可愛いので推しをかわいがる系のキュートなゲームかなあと思ったんですが、想像していたよりダークで奥行きのあるストーリーが待っていました。このゲーム、起動したときにちょっと不穏なテーマソング流れるんですけど、一貫してその世界観を守っていることに感動。

 まほやく

ジャンルはファンタジー。でも一口にファンタジーって言っても、ファンタジーの世界観を作るのってけっこう難しいんですよねえ。私たちが生きる世界と成り立ちや構造、生きる人々の常識や思考が違うことを読み手側に伝えようとしても、私たちはこの世界に生きてるんだからそれと大きく解離する設定があればどうしても抵抗も生まれる。

でも、『まほやく』はその違和感を、いい塩梅に”ちょっと不気味に思える”スパイスに変えて、それでいて魔法のない世界に生きる私たちでも、共感できたり感動できたりする部分もあって。そこがすごいなあって思いました。

あといちいち表現や、言葉選びが素敵よ……。隙あらば引用したいセリフがたくさんたくさん出てきました。(余談ですけど先週の私、「魔法使いとなんの約束したっけ」みたいなこと言ってたけど、そんな浅い話じゃなかった! 本当にごめんなさい!)

ちなみに、女性向けのゲームってキャラクターがこっちに向かって口説いてきたりするイメージ持ってる人いるかと思うんですけど、昨今女性に人気の育成系のゲームってそういうの、あんまりないんですよね。

私、女性向けでも男性向けでも、口説かれるどころか画面の向こうの人に認知されること自体が少し苦手。(この愛おしい世界に私がいることがそもそも解釈違いみたいな気持ちになってしまうの……分かります?)

でも『まほやく』、主人公男か女かで選べます。私、男にしといたんで、とりあえず私ではない誰かになってくれてひと安心ですよ。

純粋にストーリーを読み手として楽しめるのってすごくいいなあと思います。すごくおもしろいし。

がっつりプレイしていくのは難しいけれど、また機会があったらイベントストーリーとかも読めたらいいなあ。

(編集部:さとるり)

© 2019 coly, Inc.

編集部の今日の1枚

『ドラクエタクト』のデスピサロピックアップ、ここまできました。どうかS確で出てくれますように……。

タクト_ピサロ

© 2020 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. Developed by Aiming Inc.

12月1日の注目記事ダイジェスト

グレープストーンが展開する“東京ばな奈ワールド”の新スイーツシリーズ“ポケモン東京ばな奈”が2020年12月10日に本格始動し、“ピカチュウ東京ばな奈”の常時販売を開始することが発表された。

sub16




▼最新の記事ランキング、新作&事前登録まとめはこちら!
人気ランキングトップページへ

前へ

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧