1. サイトTOP>
  2. 『ドラゴンクエストウォーク』“ダイの大冒険”とのコラボがスタート!“メタルキャンペーン”は苦戦を強いられる【プレイ日記第233回】

『ドラゴンクエストウォーク』“ダイの大冒険”とのコラボがスタート!“メタルキャンペーン”は苦戦を強いられる【プレイ日記第233回】

2020-11-25 12:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ドラゴンクエストウォーク

『ドラクエウォーク』おすすめ記事
『ドラクエウォーク』攻略まとめ
『ドラクエウォーク』プレイ日記
『ドラクエウォーク』最新記事

ファミ通Appドラクエウォーク攻略チームによる、人気アプリゲーム『ドラゴンクエストウォーク( #ドラクエウォーク)』のプレイ日記をお届け。
⇒ドラクエウォークプレイ日記まとめ

1本日の担当:東響希

往年の名作、“ダイの大冒険”のコラボ開催!メタル系武器の入手は失敗に終わる

11月24日から、“ドラゴンクエスト”のコミカライズ作品で現在アニメが放送中の“ダイの大冒険”とのコラボがスタートした。

IMG_2657

少年ジャンプにて1989年~1996年まで連載されていた作品で、現在、3~40代の“ドラゴンクエスト”ファンが夢中になっていた往年の名作である。1991年に一度アニメ化された際は、テレビ局の都合で原作の物語では中盤にあたるところで終了しているが、今回については『ドラゴンクエスト』を制作した堀井雄二氏から、完結まで放送されるという話もあったので大いに期待したい。

IMG_2645

24日から公開された序章では、原作と同じくニセ勇者一行と主人公“ダイ”とのいざこざが描かれており、予告動画では、主人公と“スラミチ”が物語の始まりである“デルムリン島”にいる様子も描かれていた。本格的なコラボストーリーはどのようになるのか非常に楽しみなところ。個人的にはオリジナルキャラクターの“ゴメちゃん(ゴールデンメタルスライム)”の“こころ”が手に入ると予想しているが、同意見のプレイヤーも多いのではないだろうか。

 IMG_2647
 IMG_2654

▲序章ではニセ勇者“でろりん”達の騒動が描かれた。

一方、定期開催の“メタルキャンペーン”では、前回から“はぐれメタル”が登場するようになり、経験値がさらに稼げるようになった。しかし、通常攻撃とイオラがそれぞれ強力で、準備万端で挑んでも2体以上となると、苦戦必須。回復を顧みず、“まじん斬り”などのクリティカル攻撃を優先していると、中々当たらず、瀕死に追い込まれてしまい、死んでしまうこともある。しかし、回復優先で慎重に立ち回っていると、逃げられてしまって経験値がまったく稼げない。

IMG_2650

▲なかなか当たらない“まじん斬り”。

IMG_2652

▲もたもたしていると逃げられてしまい、経験値が撮り逃してしまう。

週末限定で開催される“メタルダンジョン”でも非常にイライラさせられているので、メタル系特攻武器を手に入れるべく、“メタルフェスふくびき”にチャレンジ。“マイレージ”で“ふくびき券”を交換したり、ジェムも使って挑んだが見事なまでに惨敗した。

IMG_2635
 IMG_2636
IMG_2637

▲最初は“防具”とはいえ☆5レアが出たので、手ごたえがあったのだが…。

IMG_2638
 IMG_2640
 IMG_2642

▲その後はまったく出る気配がなかった。

がっかりムードで“ふくびき券”が溜まっていた“トワイライト装備ふくびき”を行ったところ、“トワイライトブルーム”を一発ゲット。これはこれで非常に嬉しいのだが、できれば“メタルフェスふくびき”にその運が来て欲しかった…。

IMG_2659
 IMG_2633

▲今回の限定装備で一番の当たりとなる“トワイライトブルーム”はあっさり入手した。

ファミ通Appディスコードに『ドラクエウォーク』チャンネル開設!

ファミ通Appディスコードサーバーにおいて、『ドラクエウォーク』のチャンネルを開設しました。本作の攻略から雑談など『ドラクエウォーク』に関わるコミュニケーションがとれる場として運用しております。 興味のある方はお気軽にご参加ください。

【ファミ通Appディスコードはこちら】

ドラゴンクエストウォーク

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカースクウェア・エニックス
公式サイトhttps://www.dragonquest.jp/walk/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧