1. サイトTOP>
  2. 『プロジェクトセカイ』鉄板で楽しいライブとアオハルなストーリーで満腹!【プレイインプレッション】

『プロジェクトセカイ』鉄板で楽しいライブとアオハルなストーリーで満腹!【プレイインプレッション】

2020-09-30 15:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

プロジェクトセカイカラフルステージ!feat.初音ミク

序盤のプレイインプレッションをお届け

セガ×Craft Egg/Colorful Paletteが贈る、新作スマートフォン向けリズム&アドベンチャーゲーム『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク』(以下『プロジェクトセカイ』)。

有名ボカロPによる新曲やオリジナル3DMV、疑似VR空間で観客としてライブを楽しめる新要素“バーチャルライブ”などでも話題となっている同作だが、本記事では実際のゲームプレイを通じておもなゲームの流れを追いつつ、メインとなる“ライブ”や“ストーリー”といった各種モードや、ショップ、衣装といったサブ要素などを紹介していく。

【『プロジェクトセカイ』公式サイトはこちら】
【『プロジェクトセカイ』公式Twitterはこちら】

01

ゲームの流れについて

『プロジェクトセカイ』は、リズムゲームを軸にゲームオリジナルユニット(それぞれにミクたちバーチャル・シンガーがサポートとして加わることになる)の少年少女たちが織り成す日常と成長の物語、そして着せ替えやバーチャルライブといったおまけ要素が楽しめるという作品。

04

プレイ時間の配分は、体感でリズムゲーム70%、ストーリー25%、その他5%くらいだろうか(イベントが始まったらリズムゲームはもっと増えそうだが)。

ゲームの流れは、基本的には

・ユニットを編成してリズムゲームをプレイする
・リズムゲームや、エリア会話で得たユニット経験値によってストーリーを解放、読む
・ミッション達成などを通じて得た“クリスタル”を使ってガチャを引き、新たなメンバーをゲットしたり、育成する
・衣装を作ったり、楽曲を追加したり、バーチャルライブでハッスルする

といったことのくり返しとなる。

Craft Egg作品をプレイしたことのある人なら、だいたい期待に違わぬデキとなっているはずなので楽しみにしていてほしい。

05

メロディーに忠実でプレイしやすいリズムゲーム

メイン中のメインであるリズムゲーム。そのクオリティーたるや、名曲しかないと言っていい。何しろ、10年以上にわたって歴代のさまざまなボカロPが作り上げてきた名曲たちが、厳選されて収録と相成っているのだ。

03

収録曲はリリース後も随時追加されていくと思われるが、むしろ「ストックがありすぎて何から入れればいいのやら」状態であり、この点については期待する感情以外持ちようがない。

譜面についても、セガやCraft Eggがこれまでのノウハウを活かして制作しており、基本的な操作に慣れればかなりプレイしやすいはず。全体的にメロディーに沿った譜面配置になっているので、各楽曲のメロディーをきちんと覚えてその通りにタップやフリックを行えば、ひと目「これ何!?」と思わせる変則的な配置でも正解を弾けるのである。

06

カットイン演出やスキル・活躍表示のボイスに惑わされてリズムを崩してしまうという人は、オプションでそれらをオフにすることをオススメする。ワイワイ感がなくなって少し寂しくなるが、操作に慣れてから戻せばいいのだ。

また、難易度はEASY、NORMAL、HARD、EXPERT、MASTER(MASTERの解放は同曲のEXPERTを、規定回数以下のGOODでクリアーする必要がある)と5段階用意されているが、NORMAL以上でプレイする人はノーツの速さは初期状態よりも+1以上上げておくといいだろう。ノーツ速度が遅いと、リズムの変化を把握しづらいからだ。

07

なお、ライブではメンバーの能力が相当に高くならないと、たとえフルコンボでもSやAといった高ランクのスコアを記録するのは難しい。

メンバーの能力を上げるには、ライブをクリアーするほか、その報酬で手に入る“練習用スコア”を使用してレベルアップさせたり、レベル上限を上げる“特訓”や総合力を強化する“マスタートレーニング”など、さまざまな方法が用意されている。とにかくやり込みが必要となるので、そこは気長にがんばるといいだろう。

一方、演出面では本作オリジナルの3DMV(楽曲選択時にMV出演のみオリジナルメンバーにすることができる)が、絶妙にプレイをジャマしない範囲で盛り上げてくれる。また、3DMVを観ながらプレイする余裕が出てくれば上達した証でもあるので、自身の成長を測るうえでもありがたい存在となっている。

楽曲によっては、楽曲のバージョンを“バーチャル・シンガーver.”と“セカイver.(オリジナル版)”で選べるのもいい。ときどき変えてプレイすると、驚くほど飽きがこないものなのである。

08

「アオハルかよ!」なアツいメインストーリー

続いては、ストーリーについて。

『プロジェクトセカイ』は初音ミクを始めとしたバーチャル・シンガーたち以外にもたくさんのオリジナルキャラクターが登場する。オリジナルキャラクターと聞くと「ま、まさか……こいつは“初音ミク”の名前を借りたただのキャラゲーなんじゃないか……」と危惧されてしまうかもしれないが、さにあらず。

本作においてミクたちバーチャル・シンガーは、各ユニットのメンバーが暮らす“現実世界”と、彼ら彼女らの想いが生む不思議な場所“セカイ”とをつなぐサポーター的存在。時に悩める少女たちを導いたり、時にいっしょに演奏を楽しんだり……。メインストーリーはユニットごとに用意されているが、それぞれにミクを含む数名のバーチャル・シンガーが登場し、物語を盛り上げてくれるのだ。

09
11

さらに、ミクたちはストーリーによって、見た目や性格も違う形で登場。あの独特の抑揚を持った音声で、オリジナルキャラクターたちに混じってたくさんしゃべる(※バーチャル・シンガーたちは一部パートボイスとなっている)。しかも導き手として活躍の機会も多いので、ファンの皆さんは期待していてほしい。

ちなみにメインストーリーは、ユニットごとに設定されている“ユニットランク”を上げることで新しいエピソードが解放されていく。ユニットランクは、そのメンバーを編成してリズムゲームをクリアーしたり、後述する“エリア会話”をすることで“ユニット経験値”が手に入り、その蓄積で上げられる。

12
13

また、バーチャル・シンガーたちにもユニットランクが設定されており、関係するユニットのランクと合わせて条件を満たすと、こちらもオリジナルエピソードが解放されるという仕組みになっている。なかなかユニークな内容になっているものが多いようだ。

一方、5つのユニットのメインストーリーだが、序盤はいずれも“これぞ青春!”というアツい展開が用意されている。今回は各ストーリーを10話まで読み進めてみたのだが、ユニットによってギャグあり、シリアスありの多彩な展開も楽しめる。1話あたり約5分(スキップなしで)とボリュームもたっぷり!

1415

▲Leo/needでは、とある理由で疎遠になってしまった、幼なじみたちが再び絆を取り戻し、バンドを結成していく物語が展開する。すれ違うもどかしさといったらもう!

1617

▲アイドルの世界の厳しさを描きつつも、前向きな気持ちの大切さに気付かせてくれるMORE MORE JUMP!の面々。挫折と希望、仲間を想う気持ちとすれ違い、まさに“王道”ストーリー

1819

▲王道系ならVivid BAD SQUADも負けていない。夢に向かって突き進む、アツいソウルが随所にほとばしる!

2021

▲クセの強い奇人変人が集まったショーユニット、ワンダーランズ×ショウタイムの、笑いあり、笑いあり、笑いありな、噛み合っていないようで息ぴったりのユニークなやり取りに注目

2526

▲それぞれがなにやら重たい事情を抱えているらしい、25時、ナイトコードで。の面々。ストーリーを進めていくうちにだんだんクセになってきそうになる。ミクの姿にはちょっとビックリ!?

じつはワンダーランズ×ショウタイムの天馬司とLeo/needの天馬咲希、MORE MORE JUMP!の日野森雫とLeo/needの日野森志歩、25時、ナイトコードで。の東雲絵名とVivid BAD SQUADの東雲彰人がきょうだいだったり、ほとんどのキャラクターがおなじ学校(宮益坂女子学園か神山高校)に通っていて同級生だったりと、ユニットをまたいだつながりもある。今後、イベントなどでそういったつながりを使ったストーリーも登場すると思われ、それも楽しみである。

また、バーチャル・シンガーを含む登場人物たちには、それぞれさまざまなカードが用意されており、リズムゲームではそれらを編成してプレイすることになるのだが、じつはそのカードにもそれぞれ“サイドストーリー”なるものが存在する。

27

メイン画面から“メンバー”→“メンバー一覧”で各メンバーを選ぶと閲覧でき、メインストーリーでは語られなかった、日常のひとコマであったり裏側の話などが楽しめるほか、閲覧するとそのカードの能力もアップするというおまけも付いてくる。

なお、サイドストーリーを解放するには“○○ピース”や“○○ジェム”といった、ライブなどで手に入るアイテムが必要となる。

28
29
30
31

会話やサブ要素が楽しめるエリア散策

本作のメイン画面(アドベンチャーパート)では、現実世界とセカイ、ふたつの世界のさまざまなスポットを自由に移動できるようになっている。各スポットでは、ランダムで配置されるメンバーたちの日常や会話が見られるほか、ショップで追加要素を購入するといったことも楽しめる。

32
33
34

▲ふたつの世界を行き来しながら、各スポットでメンバーやバーチャル・シンガーたちの日常を楽しもう

各スポットにいるキャラクターをタップすると始まる“エリア会話”では、バーチャル・シンガーを含む登場人物たちの日常会話が展開する。ひと言~数十秒の長さで気軽に楽しめるうえ、メインストーリー解放に欠かせない“ユニット経験値”も得られる。1曲ライブをプレイすると更新されるので、序盤はこまめにチェックするといいだろう。

35
36


また、現実世界にあるショップでは、追加楽曲やライブ衣装、ほかのプレイヤーとのコミュニケーションに使うスタンプといったアイテムを購入できる。追加楽曲やライブ衣装の購入には特殊な素材が必要になり、キャラクターを使い込んだりするなどたくさんプレイすることが重要。

37
38
39

セカイにあるショップでは、ユニットごとにライブでの能力を上げる特殊なアイテムを購入することができる。購入にはライブをクリアーするなどして手に入れられる特殊な素材が必要となるようだ。

40
41
42

また、エリア会話を一定回数行ったり、ライブでリーダー起用するなどさまざまな条件を満たすことで、登場人物の“キャラクターランク”を上昇させることができる。キャラクターランクがアップすると、能力にボーナスがついたりおまけの報酬などがもらえるほか、そのキャラクターを選んでソロライブを行う“チャレンジライブ”に挑戦できるようになるのだ。

43
44
45

このほか、ほかのプレイヤーと協力してライブを行う“みんなでライブ”機能だとか話題の“バーチャルライブ”といった要素もあり、“やらなくてもいいけど、やれること”のボリュームはとんでもないことになっている。初音ミクという稀代の人気キャラクターを使いつつ、ゲームとしてとてもしっかりとした作りになっている『プロジェクトセカイ』。イベントを始めとした今後の展開にも期待したいところである。

●バーチャルライブ

© SEGA / © Craft Egg Inc. Developed by Colorful Palette / © Crypton Future Media, INC. www.piapro.net All rights reserved.

プロジェクトセカイカラフルステージ!feat.初音ミク

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーセガ
公式サイトhttps://pjsekai.sega.jp/
配信日2020年9月30日
コピーライト

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧