1. サイトTOP>
  2. 【新作】触手が迫りくる深海を逃げまくる命がけのひっぱりアクション『オッテクルテンタクル』

【新作】触手が迫りくる深海を逃げまくる命がけのひっぱりアクション『オッテクルテンタクル』

2020-09-06 11:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

オッテクルテンタクル

クラゲとヌシの触手に汗握る追いかけっこ

いつも斜め上を見つめている瞳は上昇志向の現れか。

海底から迫りくる巨大な触手“ヌシ”から逃れるため、か弱いクラゲがただひたすらに突き進む。

本記事で紹介する『オッテクルテンタクル』は、行く手を阻むウツボなどの天敵をやっつけながら最上部を目指していくひっぱりアクションゲーム。

すべてを砕く“パーティハード”で海溝の先にあるゴールを目指していこう。

otekuruten01

ゲームの見どころ
●キミの性格が難易度を左右するひっぱりアクション
●コインを集め開放する個性派揃いのクラゲたち

キミの性格が難易度を左右するひっぱりアクション

本作最大の敵は海溝を飲み込むかと思うほど大きな触手、テンタクルを持つ“ヌシ”である。

捕まれば即ゲームオーバーという命がけの環境で、ただひたすらにひっぱりアクションで海面を目指していく。

レトロ感溢れるモノクロを基本としたドットデザイン。ひっぱりアクションをリードするリズミカルなBGMに、ゲーム序盤からテンションがかなりあがる。

otekuruten02書き込みotekuruten03書き込み

引きながら方向を決めて離す“ジャンプ”を基準に、クラゲが光るまで引いて離す“アタック”で敵を撃破。

アタックをくり返してゲージを溜めると発動する“パーティハード”は、一定時間無敵状態になるだけでなく、行く手を阻む壁をも破壊する最高のチカラ。

引っぱる長さで変化するアクションは直感的ですぐ手に馴染むだろう。

otekuruten04書き込みotekuruten05書き込み
otekuruten06書き込みotekuruten07書き込み

また、泡はバリア効果を得られる重要アイテム。1度しか防げないがそこら中に点在しているので使い捨てるくらいの感覚でプレイしていても大丈夫だ。

otekuruten08書き込みotekuruten09書き込み

いっきに進めるアタックを多様したくなるところだが入り組む場所では詰まりやすい。

筆者の場合、ジャンプで刻んでいくほうがヌシとの距離を維持しやすく、確実にゲームを進めることができた。

まずは最初の壁、1500メートル先のゴールを目指していろいろな方法で海溝を旅してみよう。

otekuruten10書き込みotekuruten11書き込み

コインを集め開放する個性派揃いのクラゲたち

ステージ上に点在する青いコインは新たなクラゲを入手するためのアイテム。100枚で1回獲得のチャンスが得られるガチャ要素だ。

otekuruten12書き込みotekuruten13書き込み

ゲームオーバー毎に選択できる動画広告を利用すれば100枚集めるのはかんたん。

むしろ、ステージ上のコインだけで回すには無理があるので、筆者は迷わず再生してコインを荒稼ぎ。

最初の2回が同じクラゲだったときは引きの悪さに絶望したが、コインの集めやすさを考えれば深海ほどこの闇は深くなさそうだ。

otekuruten14書き込みotekuruten15書き込み

P.N.深津庵
※深津庵のTwitterはこちら

オッテクルテンタクル

対応機種iOS/Android
価格無料
このゲームの詳細を見る
ジャンルアクション
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧