1. サイトTOP>
  2. 【黒ウィズ】オートプレイの機能を上手に活用しながらゲームを深く楽しむコツ

【黒ウィズ】オートプレイの機能を上手に活用しながらゲームを深く楽しむコツ

2020-06-28 13:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ

正解率100%で自動回答してくれる便利な機能

コロプラより配信中の『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』(以下、『黒ウィズ』)には、“オートプレイ”といった機能が盛り込まれている。この機能は、バトルがオートで進み、出題されるクイズは必ず正解になるというもの。

クイズゲームのキモとなる部分を奪ってしまうが、低ランクのミッションをクリアーしたいときや、何度もプレイする必要があるクエストの周回時に活用すると、とても便利だ。

そこで、今回は、オートプレイの利点やオススメのパーティ編成などを紹介しつつ、その使いどころについて解説していく。


kuro_0626_01rkuro_0626_02r

▲オートプレイは、クエスト開始前に“オートON”のボタンをオンにしておくと利用できる。

オートプレイのメリットとデメリット

オートプレイ時は自動的にバトルをクリアーしてくれるが、中断とリタイア以外の操作ができなくなる。オートプレイのメリットとデメリットを把握し、適したクエストに使っていきたい。

●オートプレイのメリット

オートプレイの最大のメリットは、もちろん自動的にクイズに回答してくれること。これにより、画面に集中していなくても『黒ウィズ』がプレイでき、いつもと違った遊びかたが可能になる。

また、必ず正解してくれるということも大きな利点で、とくに全問正解が必要なサブクエストの達成に向いている。

ポイント
・クエストを開始すれば、クリアー画面まで自動で進めてくれる
・クイズに回答する必要がない
・難度やパネルの色数に関係なく、クイズの正解率が100%になる
・クイズに集中しなくてもいいため、ストーリーを読み進めたいときにも有効

kuro_0626_03rkuro_0626_04r

▲必ず連続正解になるため、長期戦になればコンボ数が必要なASでも発動が見込める。

●オートプレイのデメリット

おもなデメリットとして、中断とフィールド状況の確認以外の操作ができないことが挙げられる。そのため、オートプレイ中はSPが使えない。とくに高難度クエストでは、特定の敵を素早く倒すためにSPの大火力が必要であったり、死の秒針や毒などを受けているときは状態異常回復が必要となるものが多く、オートプレイには向かない。

注意点
・ターゲットの指定や回答パネルの選択などの操作ができない
・SPが使えない
・回答時間が4.9秒ほどになるため、“平均回答時間が4秒以内でクリア”のミッションがあるサブクエストは達成できない。また、クリアランクが存在するクエストではランクが下がる
・特定のクエスト(難度エクストラや常設クエストの“ALTRNA”、“クイズスタディアム”など)や、トーナメントでは使えない

kuro_0626_05rkuro_0626_06r

▲オートプレイ時は、移動中や回答するパネルを選択している時間のあいだに“メニュー”のボタンを押せば中断できる。ここからリタイアすることも可能。

オートプレイのパーティ編成

オートプレイに適したパーティを編成するなら、EX-ASを持つ精霊をできるだけ多く入れたい。

EX-ASはSPに近い火力を出せるものが多いが、ASの扱いなので発動時の操作は不要。もちろんオートプレイでも発動する。オートプレイを使うクエストが低めの難度のものが多いと考えると、発動条件が簡単なEX-ASを持つ精霊を選びたい。

ちなみに、少し難度が高めのクエストでも、回復役を多めに積んで耐久戦を挑む戦いかたをすれば、オートプレイでのクリアーも可能だ。

kuro_0626_07rkuro_0626_08r

▲“HPをx回100%にする”タイプの発動条件を持つEX-ASは、敵の攻撃を受けたうえで回復しないと発動しないため、低難度のクエストには向かない。少なめの回答数で発動するなど、条件が簡単な精霊を選びたい。

kuro_0626_09rkuro_0626_10r

▲正解1回でブロックを発動するEX-ASの精霊がいるなら、1体入れておくと難しめのクエストにも対応できる。“からふる! エニグマフラワーズ”のハカマダなど、ドロップで入手できるタイプのなかにも、そのEX-ASを持っている精霊がいる。

オートプレイに向いたクエストとは?

前述したようにオートプレイは高難度クエストに向かなく、難度が低ければ問題なく使用可能。とくに何度もプレイしなければならない周回系のクエストに真価を発揮する。

常設イベントの“黒ウィズミュージアム”や“黒ウィズアクアリウム”など、コインやポイントの交換があるクエストや、一部のクリアポイント蓄積が必要なイベントクエストの周回プレイで大いに役立ってくれるはずだ。

また、イベントクエストでは難度ノーマルやイベント前半の難度ハードでは十分に使えるので、精霊のドロップ狙いの周回でオートプレイを用いるのもオススメ。結晶化できる精霊をたくさん集め、結晶を量産してみるといった使いかたもいいだろう。

kuro_0626_11rkuro_0626_12r

▲クリアーしてポイントを溜め、アイテムと交換するタイプのクエストではオートプレイが大活躍。交換のシステムがあるノーマルクエストのクルイサの難度チャレンジで使っても便利だ。

オートプレイはクイズに答えないというゲーム性の根幹に関わるシステムではあるが、うまく利用すればふだんのプレイを格段にラクにしてくれる。挑戦するクエストごとにオートプレイのオンとオフを切り換えながら、『黒ウィズ』ライフを満喫したい。

クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/クイズ
メーカーコロプラ
公式サイトhttp://colopl.co.jp/magicianwiz/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧