1. サイトTOP>
  2. 『バンドリ!』“Afterglow”のトークイベント『いつも通りの放課後デイズ』をレポート

『バンドリ!』“Afterglow”のトークイベント『いつも通りの放課後デイズ』をレポート

2020-02-03 08:22 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

バンドリ! ガールズバンドパーティ!

他バンドからもゲスト多数の大型トークイベント開催

2020年2月2日、東京都にある“武蔵野の森総合スポーツプラザ”にて、“Afterglow”のキャスト全員が集合する初の大型トークイベント『Afterglowスペシャルイベント いつも通りの放課後デイズ』が開催された。メンバー全員が揃ってのイベントは今回が初で、『バンドリ!』に登場する他のバンドからもメンバーが参戦。出演者は以下の通り。

【出演】
・Afterglow
佐倉綾音(美竹蘭役)、三澤紗千香(青葉モカ役)、加藤英美里(上原ひまり役)、日笠陽子(宇田川巴役)、金元寿子(羽沢つぐみ役)
【ゲスト】
伊藤彩沙(Poppin’Party:市ヶ谷有咲役)、小澤亜李(Pastel*Palettes:氷川日菜役)、相羽あいな(Roselia:湊友希那役)、櫻川めぐ(Roselia:宇田川あこ役)、吉田有里(ハロー、ハッピーワールド!:北沢はぐみ役)

前日にライブを開催した“Roselia”からもゲストが登壇した豪華メンバーによるイベントの模様をレポートしよう。

「1回目からこんな広いところで…」

会場中に広がるバンドカラーの赤いペンライトと歓声に迎えられ、“Afterglow”のキャスト全員が登壇して自己紹介を行う。佐倉さんからは会場の広さに驚き、「トークイベントなのに会場広すぎ!」を感想を述べると会場からは笑いと歓声が上がる。

TBOX2825

▲佐倉綾音さん

まずは、“Afterglow屋上トーク”として“Afterglow”に関連したテーマトークが行われる。テーマ発表前には、昨日の“Roselia”のライブの感想を語る日笠さんが“1人“Roselia””と称してジェスチャーで各メンバーのモノマネを披露し、何とも言えない笑いが起きる。続いて、“Pastel*Palettes”のイベントを見たという佐倉さんに、日笠さんが前島さんのモノマネを「やってよ!」と無茶振り。可愛らしいステップの動きや手でハートマークを作る動きと笑顔を披露すると、会場から歓声が上がる。

改めて最初は“Afterglow”の楽曲で一番お気に入りの曲は?”というテーマから。加藤さんが“Y.O.L.O!!!!!”を挙げると、三澤さんは昨年の7thライブに出演しギター演奏と共に“Y.O.L.O!!!!!”を披露した話題に触れ、ファンからの歓声を聞いて必死で練習した成果が報われたと当時を振り返る。佐倉さんと日笠さんは“COMIC PANIC!!!”を挙げ、皆で歌っているわちゃわちゃ感が楽しいと感想を述べると、金元さんは“ランブリングメモリー”のゆったりしたテンポが好きと答え、三澤さんも“COMIC PANIC!!!”を挙げた。

TBOX2794

▲加藤英美里さん

続いては“Afterglowのキャラクターで実際にいたら親友になれそうなキャラクターは?”というテーマでトーク。日笠さんがいきなり「蘭以外なら…」と呟き、「え、なんで!?」と驚く佐倉さん。「いや、蘭でもいいよ」と訂正する日笠さんだったが、不安になった佐倉さんが他のメンバーにも「蘭、ダメですか?」と聞きまわる。肯定的な意見を挙げてくれるメンバーに、「どこがですか?」と深堀りを始め、「めんどくさい女になってる(笑)」と突っ込まれていた。加藤さんは助けてくれそうだからと“羽沢つぐみ”を挙げ、三澤さんは明るく前向きになれそうだからと“上原ひまり”を挙げる。佐倉さんはゆるくて落ち着けると自身が演じる“美竹蘭”、“青葉モカ”を挙げた。「あれ…(私が演じる)巴は?」という日笠さんに、佐倉さんは「たまに遊ぶならいいけど、ずっと声がでかくて疲れちゃう」と言われややヘコみ気味に。そこで金元さんが「私、“巴”好きですよ」というフォローに回り、「自分がテンションが低いのでグイグイ引っ張ってくれる人がいる方が落ち着く」と言われると満足げな様子を見せていた。

 TBOX2798

▲金元寿子さん

次は“今後、この5人でやってみたい事は?”というテーマでトーク。「また5人でイベントやろうよ」と語る日笠さんだが、続けて「今回が最初で最後な気がしてて」といきなりのネガティブ発言をする。他のメンバーが「なんでよ!」と突っ込む中、まさかの佐倉さんも同調し、「1回目からこんな広いところでやっちゃって、この後どうするんですか!」と困惑気味。「これより狭い会場になったら人気が縮小したって思われるね」と三澤さんも意見を述べる。「武道館じゃない?」と意見が上がり、どんなイベントにしたいかと各自がやりたい事を挙げて盛り上がった。別の意見として、佐倉さんがカバー楽曲の披露をしたいという話を挙げると、日笠さんからはかつて自分が別作品で歌っていた“Don’t say “lazy””をカバーした話題をあげ、まさか自分が演じるバンドで後輩である佐倉さんが歌ってくれるとはと感動した様子で当時を振り返る。佐倉さんは、少しでも近づけられるように日笠さんが歌っている原曲を何度も聞いたと話、「間違いなく、日笠さんより聞いてますよ!」と語ると会場からは拍手が起こった。

 TBOX2828

▲三澤紗千香さん

感動の生アフレコからゲストも交えての対決コーナーへ

続いては、“Afterglowエピソードメモリー”と題して、『バンドリ!ガールズバンドパーティ!』の中から、厳選したエピソードを実際に生アフレコで披露するコーナー。まずは、“Pastel*Palettes”に楽曲を提供する事になり、“Y.O.L.O!!!!!”が誕生した“紺碧 星煌めいて”から第5話を披露。朗読を終えた佐倉さんは「私たちしかわかんないけど、やっと会えたっていう感じでした!」と5人での掛け合いに感動している様子。続けて“Afterglow”の“メインストーリー第1章”から“蘭”と“巴”が喧嘩になってしまう“第9話”を披露。こちらは、日笠さんと佐倉さんが選んだエピソードで、ここまで本気でぶつかれる関係性がいいと感想を語る。最後は、“モカ”と“蘭”の関係性がフォーカスされた“それぞれの道、結ぶ茜空”から“第5話”を披露。全てを披露しての感想として、日笠さんはどのエピソードもバンドの根幹に関わる内容で、5人が自然と候補に挙げていたのが良かったと語った。

 TBOX2796

▲日笠陽子さん

続いて、伊藤さん、小澤さん、相羽さん、櫻川さん、吉田さんのゲスト5名が登場し、対決コーナー“いつも通りの対決デイズ”が行われる。2人1組のチームに分かれて、3つのゲームで対決。チーム分けは佐倉さんと相羽さん、三澤さんと吉田さん、加藤さんと伊藤さん、日笠さんと櫻川さん、金元さんと小澤さんの5チームだ。

最初は“ユニゾンアンサー対決”として、出されたお題に対して2人で一斉回答を出して合っていたら1ポイントというゲーム。“ラーメンのトッピングといえば?”、“コンビニスイーツといえば?”などの問題に、姉妹役にも拘わらずまったく合わない日笠さんと櫻川さんのコンビや、“美竹蘭”と“湊友希那”のようにわざとギスギスしたポジショントークを披露する佐倉さんと相羽さんのコンビに会場からは笑いが起こった。

“マジョリティ・オーディエンス対決”では、テーマに対する選択肢に色が割り当てられており、観客が振るペンライトの色によって多数派を決定。多数派を当てられたチームにポイントが入るというゲーム。“手料理を食べてみたいAfterglowメンバーはこの中で誰?”というテーマに対して、多数派は“羽沢つぐみ”に決定。ここでは、日笠さんと櫻川さん、三澤さんと吉田さん、加藤さんと伊藤さんの3チームが正解。

最後の対決は“フラワー・アレンジメント対決”だ。“仲良し”をテーマにしたフラワー・アレンジメントを制作し、先ほどと同じく観客がペンライトを振って一番できが良いチームがポイントを獲得できるというもの。この手の対決コーナーでは定番だが、最後の問題は逆転チャンスとして、1万ポイントが獲得できるという事でゲームがスタートする。センターステージに用意された様々な花や小道具を早い者勝ちで手に取ると、各々が個性的すぎるフラワー・アレンジメントを製作。佐倉さんと相羽さんが制作した2つのバンドカラーである赤と紫の花に、“蘭”のアクリルスタンドと“友希那”が好きな猫の手の飾りを添えた力作で勝利。見事、賞品の高級チョコレートをゲットした。

 TBOX3543

5人揃ってのライブで会場の盛り上がりは最高潮

一旦、“Afterglow”のメンバーが退場し、ゲストの5人がトーク。“Afterglow”の朗読劇をステージ裏で聞いて、1ファンとして感動したという話と共に、“Pastel*Palettes”と“ハロー、ハッピーワールド!”も全員が揃ったイベントが観たいと口を揃えた。

ゲストが退場すると、“Afterglow”の5人によるミニライブコーナーへ。1曲目の“Easy come Easy go”は、CD発売前という事でフルコーラスをライブで初披露となった。観客は佐倉さんに先導されるように「Wow oh wow…」や「Oh oh」とコールを入れたり、5人の動きに合わせてタオルを回し盛り上がる。2曲目は“Y.O.L.O!!!!!”では、佐倉さんの「最後なので、今日残ってる体力を全部振り絞ってください!」という言葉に、「Hey, “Y.O.L.O!!!!!”」や「Yes, sir!」などコールで観客が力いっぱい応援する。最高潮の熱気の中、イベントは終盤となり、メンバーからの挨拶が行われる。

金元さん:今日はお越しくださってありがとうございました。色々楽しい事ができたり、掛け合いをしたり、歌を披露したりと皆さんのおかげでとても楽しい時間を過ごす事ができました。これからも“Afterglow”、そして『バンドリ!』の応援をよろしくお願いします!

日笠さん:“Afterglow”にとっての初めてのイベントで、会場、ライブビューイングと本当にたくさんの方に観ていただけて、記念すべき日になったんじゃないかなと思います。こうして5人で歌えた事は私にとっても宝物です。5人で初めて歌ってみて、“Afterglow”って、5人だけじゃなくて皆も含めて“Afterglow”だし、『バンドリ!』だなと思いました。また、この5人、そして今日、これを観てくれている皆さんで集まれたら嬉しいなと思います。本日はありがとうございました!

加藤さん:私もついにこの5人が集まれる日が来るんだと楽しみにしていました。なかなか揃わなかったこの5人ですが、たくさんの皆さんに応援していただけて嬉しいです。ひまりちゃんは私の中でもすごく大きな存在になっていて、人格を支配されるのではないかと思うぐらい一体化が始まってきている気もします。こんなに大きな会場がどうかはわかりませんが、また“Afterglow”の5人が集まって、“いつも通り”の楽しい事ができたらと思います。本日はどうもありがとうございました。

三澤さん:本当にこの日を待っていました。1人で日本武道館に出ると決めた日も、5人で集まれるこの日をずっと夢見ていたので、全員が並んで皆さんの前で披露する事ができて嬉しかったです。そして、歌いながら皆で“いつも通り”のアイコンタクトをする事ができて、これが“Afterglow”だって思いました。武道館でもすごく楽しかったんですけど、5人が揃うと楽しさが無限大になりますね。こんな5人が集まれるライブやイベントがもっと“いつも通り”になったら、『バンドリ!』ファンとしても“Afterglow”ファンとして、キャストしても嬉しいなと思います。また皆さんと会える日を楽しみにしてます。今日は本当にありがとうございました!

佐倉さん:“美竹蘭”というキャラクターを演じておりますが、私自身はあまり歌は得意じゃないんです。なので、私が演じていていいんだろうかと常々思っているんですが、こういう日を迎えると蘭と私の人生が交差したなと嬉しく思えます。そして5人で一緒に出られたという事が、すごく意味がある事だし、ずっと5人じゃきゃ嫌だって言い続けてたんです。歌っている間に日笠さんが愛おしそうに私を観てくれていたり、三澤さんがキラキラした目で見つめてくれたり、クールな金元さんがはしゃいだり笑ってくれたり、加藤さんは向かい合ってニコニコの笑顔で見てくれて、この5人だからこそなしえたステージだなと思います。またどこかでやれるといいですよね。その時は、もう少し歌いたいなと思います。まずは“2曲を披露”という一歩を踏み出したので、次がありましたら皆さんぜひ会いに来てください。ありがとうございました!

最後は、“上原ひまり”が“Afterglow”メンバーの気合を入れる時にかける“えいえいえおー”の掛け声で締めとなる。劇中では“ひまり”が音頭をとるものの、誰もやらないというのがお約束となっており、佐倉さんからの「1回目はわかるよね?」のフリに、加藤さんが「えいえいえおー」と叫ぶも静まり返る会場。「本当にやってくれない!」と驚く加藤さんに会場からは笑いと歓声があがる。改めて、2回目はキャスト陣と観客による「えいえいおー!」の掛け声でイベントは終了した。

メンバー全員が揃ったイベントは、楽しいトークパートはもちろんだが、何より5人の歌声が聞けたのはファンにとっても貴重な機会となった。佐倉さんが語るように、次の機会でさらに5人の歌声が聞けるイベントに期待したい。

 TBOX3523

©BanG Dream! Project ©Craft Egg Inc. ©bushiroad All Rights Reserved.

バンドリ! ガールズバンドパーティ!

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルリズムアクション
メーカーブシロード
公式サイトhttp://bang-dream.bushimo.jp/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧