1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. バンダイナムコ、enzaの開発・運営を行うBXD社の完全子会社化を発表

バンダイナムコ、enzaの開発・運営を行うBXD社の完全子会社化を発表

2020-01-31 17:07 投稿

株式会社バンダイナムコエンターテインメントは、株式会社ドリコムとの共同出資により設立した、株式会社 BXDのドリコム社保有株式の全部を取得し、完全子会社化をしたことを発表した。

以下、プレスリリースを引用



株式会社 BXD の株式取得による完全子会社化のお知らせ~HTML5 に留まらない IP の盛り上げを当社と共に実現~

株式会社バンダイナムコエンターテインメント(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮河恭夫)は、株式会社ドリコム(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:内藤裕紀、以下ドリコム社)との共同出資により設立した、株式会社 BXD(本社:東京都港区、代表取締役社長:手塚晃司、以下 BXD 社)のドリコム社保有株式の全部を取得することを、本日付けで決定いたしましたので、お知らせいたします。

BXD 社は HTML5 を中核とする技術を活用したオンラインゲーム及び配信するプラットフォーム「enza」の開発・運営等を行っており、タイトル毎に HTML5 ならではの様々なアプローチを行っております。

当社並びに BXD は、これらをさらに推し進め、HTML5 に留まらず様々なプラットフォームやサービスをクロスさせ、新しい IP の楽しみ方をファンの皆様へ提供することで、これまでのプラットフォームベースから IP ベースへと総合エンターテイメント構築をより加速させていきたいと考えております。

なお、ブラウザゲームプラットフォーム「enza」は引き続きサービス継続され、完全子会社化後も、タイトルやプラットフォームの企画・開発・運営等のドリコム社とのパートナシップは変わらず維持・強化してまいります。

バンダイナムコエンターテインメントは世界中のお客様が笑顔でいられるような「アソビきれない毎日を。」の実現を目指しております。

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧