1. サイトTOP>
  2. 『龍が如く ONLINE』元日に大型コラボ発表も!第2回“龍オン&ON AIR”生放送まとめ

『龍が如く ONLINE』元日に大型コラボ発表も!第2回“龍オン&ON AIR”生放送まとめ

2019-12-29 15:06 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

龍が如く ONLINE

この1年を振り返りつつ来年の情報を大放出!

RO_1226_01

セガゲームスより配信中の『龍が如く ONLINE』(以下、『龍オン』)の公式生放送“龍オン&ON AIR”の第2回が2019年12月26日に配信された。この番組で公開された、年明けより実施される大型コラボやアップデート、リアルイベントなどのさまざまな情報をお届けする。

【番組概要】

放送日:2019年12月26日21時~
出演者:
佐藤大輔(『龍が如く ONLINE』後見人)
横山昌義(『龍が如く』シリーズチーフプロデューサー)
ドラゴンマスク1号(『龍が如く ONLINE』REBORN PROJECT責任者)

放送URL(You Tube LIVE)https://www.youtube.com/watch?v=gGEAq5qXqwc

2020年元旦に大型コラボ発表!

まずはゲームの気になる最新情報(続報)から。

RO_1226_02

2020年元旦に大型コラボの発表が行われるとのこと。日付が切り替わった後、特別動画が放送されるようだ。なお、セガゲームスはホワイト企業なのですでに映像は収録済み。「間に合いませんでした!」ということはないので安心してほしい。

キャラクター図鑑実装

RO_1226_03

続いての情報は、すべてのキャラクター情報を網羅したデータベース“キャラクター図鑑”が、『龍オン』のプレイヤーズサイト内に実装されるというもの。検索システムのほか、キャラクターの評価やコメントをユーザーで加えていく仕様も盛り込まれているようだ。

RO_1226_04
RO_1226_05

ユーザーが注目しているドンパチの使用率ランキングなど、さまざまなランキング機能も搭載されており、ユーザーにとって使いやすいものになりそうだ。

ファンミーティング開催決定

RO_1226_06

2020年3月1日に、第2回『龍オン』ファンミーティングが開催されることが決定した。参加応募はすでに公式サイトにて始まっている。今回はファンミーティング内に公式生放送のコーナーを設け、それを観覧できるようにすること検討しているという。

さらに、同日には“レジェンド級のドリーム龍オンくじ”の賞品でもある、龍が如くスタジオを見学したり開発現場の体験もできる“プレミアム体験ツアー”も開催予定となっている。

【第2回『龍オン』ファンミーティング特別ご招待応募フォームはこちら】
(応募締切は2020年1月13日23時59分)

アップデートの気になる進捗は?

RO_1226_07

そしてすでに発表されている、今後のアップデートの進捗状況についての発表も行われた。

【ドンパチの今後】
時間が掛かりすぎるということで、調整を行っている。中位あたりの時間があまり変わっていないようなので、そのあたりを調査、検討している段階。15分くらいまで短縮する予定だが、恐らく2020年2月くらいになると思われる。

【絶技開眼】
仕組みはほぼ整っており、2020年2月の実装に向けて動いている。レベル100以上のキャラクターの能力をさらに高める新要素で、奥義やスキル、アビリティなどが強化される。最初に実装されるのは初期キャラクターを中心に20人くらいになる予定。伊達やシンジも入っている。その後は毎月20人くらいのペースで追加していこうと考えている。

【新バトルコンテンツ】
PvPの新コンテンツと、“真・究極闘技”を考えている。真・究極闘技はコンティニューなしのバトルにする予定。PvPは仕様を揉んでいるところで、ドンパチとはまるで違うようなものにすると、新しくルールを覚えるなどのハードルが高いので、おなじような仕組みを使いながら少し変える程度になるのでは。ドンパチよりもヒートを打ちやすくなるとか。

1周年記念の新SSRカードイラストを公開

RO_1226_08

1周年“特別な龍”ログインボーナスで獲得できる新たなSSRカード“めでたき節目 桐生一馬”のイラストが発表された。名前で隠されているが、フンドシ一丁の粋な姿となっている。

RO_1226_09

さらに、2020年1月16日発売予定のプレイステーション4用ソフト『龍が如く7 光と闇の行方』初回製造分特典(パッケージ版のみ)としてコードが封入される春日一番と足立宏一のカードイラストも初公開された。足立はかなり強いキャラクターになるのでは……というコメントも。

開催中のイベントもチェック

現在開催中のイベント、キャンペーン情報も。

RO_1226_10
RO_1226_11
RO_1226_12
RO_1226_13

没キャラクター総選挙の結果は?

RO_1226_14

イラストは完成していたにもかかわらず、何らかの理由でカード化されなかったキャラクターたちを対象とした、“カード化争奪! 没キャラクター総選挙”の結果が発表された。

RO_1226_15
RO_1226_16
RO_1226_17
RO_1226_18

3位は嵐勇吾。“カツアゲ君”としてすでに登場しているとか!? 強そうに見えるいかついキャラクターはユーザーに好かれるのではないか、という分析も。2位は女子プロレスラーのフェニックス舞。スタジオでも『龍が如く』の世界に登場する女性のラインとしては、ここが境界線なのでは……というユーザーの線引きが伺えたと語っていた。

そして1位に輝いたのは梟。もともと初期から作っていたものの出すタイミングがなくて没になっていたキャラクターだけあって、ユーザーにとっても説得力のある人物となったようだ。この結果を受け、今後梟がカード化されてゲームに実装されるとのこと。実装に関しては先日のSSR昇格争奪キャラクター総選挙でぶっちぎり1位だった西田とタイミングを合わせるものの、梟に関しては全員配布など、配信の方法を別途検討するようだ。

(C)SEGA

龍が如く ONLINE

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーセガゲームス
公式サイトhttps://ryu-ga-gotoku-online.jp/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧