1. サイトTOP>
  2. 新たな会場にて再演がパワーアップ! “少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE-#2 revival”ゲネプロ&初日会見リポート

新たな会場にて再演がパワーアップ! “少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE-#2 revival”ゲネプロ&初日会見リポート

2019-07-15 13:00 投稿

初日会見ではあのプロレスラーが応援に!

2019年7月12日、千葉・舞浜アンフィシアターにて『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』(以下、『スタァライト』)の舞台“少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE-#2 revival”(以下、“#2 revival”)の初日19時公演が無事開演された。

そんな本舞台のゲネプロ(本番同様に舞台上で行う最終リハーサル)ならびによ日会見が同日(7月12日)実施されたので、本記事ではそちらの模様をリポートしていく。

sutalaraito001

初日会見リポート

ゲネプロ実施の前に、“少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE-#2 revival”に関する事前記者会見が行われた。

■記者会見出演者(※順不同)
小山百代(愛城華恋役)、三森すずこ(神楽ひかり役)、富田麻帆(天堂真矢役)、佐藤日向(星見純那役)、岩田陽葵(露崎まひる役)、小泉萌香(大場なな役)、相羽あいな(西條クロディーヌ役)、伊藤彩沙(花柳香子役)

sutalaraito002

▲左から富田麻帆さん、相羽あいなさん、岩田陽葵さん、三森すずこさん、小山百代さん、佐藤日向さん。小泉萌香さん、伊藤彩沙さん。

記者会見では出演者たちが今回の舞台に対するコメントを語ってくれた。小山百代さんは「昨年の7月12日がアニメ版第1話の放送でした。そんな記念すべき日に再演の初日を迎えられることを嬉しく思う。脚本は同じではあるが全然違うキラメキを感じてもらえると思います」と語ったり、三森すずこさんが「舞浜アンフィシアターはこれまで公演してきたどの劇場よりも広い会場ですので、スケールアップしたステージを楽しんでもらえます。一致団結して演じきりますので、楽しんでください」とコメント。

ほかにも佐藤日向さんが「再演なので内容はご存知かと思いますが、会場が変わることで見え方も変化します。さまざまな角度から本ステージをご覧いただけたら幸いです」と発言するなど、ただの再演でないこと、加えて会場の違いによる変化を感じてほしいことを語っていた。

続いて質疑応答が行われた。その中から一部の回答を抜粋してお届けする。

Q:アニメやステージが展開され、さまざまな女神に見守られてきましたが、今回の舞台は何の女神に見守られていますか?

A(回答者:岩田陽葵さん)
今回はBCAA(アミノ酸)の女神に見守られていると思います。舞台袖の水分に溶かしているので特に近い位置で見守ってもらってます。

Q:見どころがありましたら教えてください

A(回答者:小山百代さん)
過去のステージよりも横幅、縦幅ともに広いステージとなっています。そのため、運動量99倍で見せる縦横無尽の舞台に注目してください。

ここまで終えたところで司会の紹介のもと、プロレスラーの本間朋晃さんが本公演を応援するべく駆けつけてくれた。本間選手はコメントで「舞台を生で見れるということで今日と言う日をすごく楽しみにしていた。女と女の熱い戦いを目に焼き付けたいと思います」と本シリーズならびに舞台への熱い想いを語り、舞台少女たちを全力で応援していた。

sutalaraito003

ゲネプロリポート

本公演は2018年10月に実施された“少女☆歌劇 レヴュースタァライト -The LIVE-#2 Transition”と同じく2部制(1部がミュージカル、2部がライブ)という形を採用。ミュージカルの内容に関しても先の記者会見で各出演者が仰っていた通り、同じものとなっているが、前回とは会場が異なるため、各種演出面での変化が顕著に現れていた

※以下、一部公演内容に触れているため、ネタバレOKの方のみチェックしてもらえればと思う。

■ミュージカルリポ

2018年7月から1クールで放映されたTVアニメ。その最終回で9人の舞台少女たちが演じた演目“スタァライト”のシーンを皮切りに開幕。フローラとクレール、そして女神たちの演技が感動を思い起こさせた。

場面は進み、九九組の面々が第100回聖翔祭にて演じた“スタァライト”を見に来ていたという青嵐総合芸術院なる学校の舞台少女3人と彼女たちに演技指導を行う教師が、9人で演じる“スタァライト”に関して語らっていた。

その後、九九組の9人は青嵐の3名と合同演習を行い、互いに励むことになるのだが……。この先の物語に関してはネタバレのため、控えさせていただく。

なお、先にお伝えした通り、本公演は再演ではあるが、演出面は舞浜アンフィシアターという会場をフルに活用する作りとなっていた。各種校歌や音などにより、迫力や臨場感が各段に増した舞台は違う感動を味合わせてくれるだろう。

sutalaraito004
sutalaraito005

■ライブリポート

ミュージカル終了後、20分の休憩をはさみ、出演者たちによるライブが実施された。このパートでは、ペンライトを用いた応援が可能となっていた。ゲネプロでは全10曲(セットリストは以下に記載)が行われ、九九組9人と青嵐3人が入り混じりながら楽曲を披露していた。

sutalaraito007

【セットリスト】
M1:星のダイアローグ
M2:ディスカバリー!
M3:Circle of the Revue
M4:舞台少女心得
M5:Star Divine
M6:Bright!Light!
M7:99 ILLUSION!
M8:Green Dazzling Light
M9:百色リメイン
M10:Glittering star

『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』公式サイトはこちら

少女☆歌劇 レヴュースタァライト -Re LIVE-

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
メーカーブシロード
公式サイトhttps://revuestarlight.bushimo.jp/preregistration/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧