1. サイトTOP>
  2. 『リボルバーズエイト』シーズン3で追加される“耳なし芳一”先行プレイリポート!気になる性能は?

『リボルバーズエイト』シーズン3で追加される“耳なし芳一”先行プレイリポート!気になる性能は?

2019-03-25 17:00 投稿

Rock魂を持つビワリスト

セガゲームスより配信中の『リボルバーズエイト』(以下『リボハチ』)では、2019年3月26日よりシーズン3がスタート。カード性能のバランス調整と、新ヒーロー“耳なし芳一”が追加される。今回は“耳なし芳一”を先行プレイする機会をいただいたので、レポートしていこう。開発中なので実装時には多少の変更があるかもしれないが、運用方法や対策を考える参考になればと思う。

耳なし芳一(CV:草尾毅)

 リボハチ_0322_04

盲目のギタリストならぬビワリスト。
己のRock を届けることを信条とし、メジャー目指してフェスなどで魂のこもったLiveを繰り広げる。
彼の魂のこもったRock は、肉体を失った者にも届くとか……。

▼ヒーローストーリー第1話はこちら

鬼火を生成して攻撃するアウトレンジ

“耳なし芳一”は“マッチ売り”につぐふたり目となるアウトレンジで、相手タワーの射程外から攻撃を仕掛けることができる。攻撃方法は空中ユニットの鬼火を生成。鬼火は攻撃目標が建物で、自爆してダメージを与える。“耳なし芳一”自身のHPは低くはないが、“かみなり太鼓”を受けてギリギリ残るくらい。“マッチ売りの少女”と比べると低くなっている。鬼火のHPはミニ指輪の魔神よりも低く、タワーの攻撃にはギリギリ残って到達できる程度だ。

鬼火はユニットやタワーに攻撃されるのでタワーに到達しにくいが、逆に鬼火が囮になるので本体やほかのユニットが倒されにくいと言えるだろう。

 リボハチ_0325_01

▲攻撃目標が建物の鬼火を生成して攻撃する。“おに屋敷”や“不思議なかがり火”などの生成建物と同じだが、“耳なし芳一”は建物が射程内に入るまで移動する。

ノーマルスキル“モッシュ・オブ・MITAMA”は一定時間、鬼火のHP、攻撃力、移動速度を上げる。鬼火の生成速度も上がるため、鬼火をタワーに届かせやすくなるだろう。

リボハチ_0325_02

▲鬼火の移動速度は高速だが、より速くなるので一気に攻めることができる。対処する側はそれなりのコストを使うことになりそうだ。

スペシャルスキル“ウォール・オブ・デス”はHPと攻撃力が高い大玉鬼火を生成。大玉鬼火は撃破されると鬼火に分裂する。また、ノーマルスキルの効果中にスペシャルスキルを使うと、強化された大玉鬼火を生成する。

 リボハチ_0325_03
 リボハチ_0325_04

▲大玉鬼火はHPが非常に高いが、鈍足。生成される鬼火と合わさって移動するので、いずれかがタワーに到達しやすいだろう。


生成建物と同じような性能の“耳なし芳一”。直接タワーを攻撃するわけではないが、建物に向かって進む空中ユニットは、受ける側からするとやっかいなイメージ。“耳なし芳一”でタワーのHPを削っていくというより、鬼火の隊列にほかユニットをプラスして攻めていくといいのではないだろうか。
ちなみにリーグで開放されるのではなく、どのリーグでも手に入る、今までとは違う方法が取られるという。はたしてどうなるのか、シーズン3と“耳なし芳一”実装が楽しみだ。

リボルバーズエイト

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルリアルタイムストラテジー
メーカーセガゲームス
公式サイトhttps://rev8.sega.com/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧