1. サイトTOP>
  2. 【今日の編集部】ヒゲメガネ長谷部という男

【今日の編集部】ヒゲメガネ長谷部という男

2018-10-22 21:39 投稿

放置ゲームに取り憑かれている

【今日の担当者:水永三代目】

どうも、先週ぶりです。水永三代目です。

え? 中目黒目黒を出せって?

いや、出てほしいのは山々なのですが諸般の事情により今回も代打を務めさせていただきます。

さて、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ファミ通App編集部にはヒゲメガネ長谷部という方います。ヒゲとメガネというもっともわかりやすい顔面の特徴を編集者ネームにしている彼ですが、実際はヒゲもメガネもありません。それは彼が記事で使用している似顔絵を見れば明らかです。

非常に珍妙です。

そんな彼の趣味ももちろん珍妙。どこから探してきたわかりませんが、誰も知らないような海外製の珍妙な放置ゲームをいつも遊んでいます。

珍妙放置ゲーム好きな珍妙男、略して珍男です。

そんなヒゲメガネ長谷部に、なぜ珍妙な放置ゲームばかりで遊ぶのかを聞いたことがあるのですが

「無心になれるじゃないですか」

という回答が返ってきました。

僕の知る限り、“無心”という言葉には複数の意味があったはずです。

ひとつ目は無邪気、あるいはその様子ですが、彼が無邪気に遊んでいるようには見えません。無邪気な人がタバコをふかしながら買ったばかりのiPhone XsMAXをタップしまくるわけがありません。

ふたつ目は意思や感情がない、まさに心が無の状態を指し、このまま解釈すると「心を無にしたいから放置ゲームを遊んでいる」という意味なります。ですが、前述の通り、彼は放置ゲームでありながら画面をタップしています。

放置ゲームのいいところは遊ばなくてもゲームが進行するところであるにも関わらず、そのよさをかき消すようにタップ、タップ、タップゥウウウウウ! 無心になるために放置ゲームを遊ぶはずが、いつの間にかタップしまくることに終始してタップに心を奪われてしまっているのです。これでは心が無になるなどありえません。

もうひとつが配慮に欠ける、あるいはその様です。その意味を踏まえたうえで彼の回答に落とし込むと「放置ゲームで遊ぶと配慮が欠けるから好き」という奇天烈な答えになります。逆説的に言えば、人へ配慮しないために放置ゲームで遊ぶ、ということになり、つまり

「放置ゲームで遊んでいる間は人に配慮しないから話しかけんじゃねーよ」

という意味にも取れます。ただ、僕の知る限り、珍男は珍妙ではありますが、一般的な社交性は備えているように思います。

そして、4つ目が金をせびるという意味です。放置ゲームを遊んで誰かに金をせびる、完全にアウトです。意味不明すぎます。

ですが、それで切り捨てるのは早計すぎます。珍男の行動を改めて振り返りましょう。

珍男は放置ゲームを放置せず、ひたすらにタップします。放置ゲームは放置する時間によりゲームが進行しますが、みずからタップすることでその進行速度を上げ、過剰にゲーム内のスコアやコインを稼きだすことで、ある種の全能感を得ることができます。その全能感が彼を心理的ストレスから開放しエゴが拡大した結果、世界は自分中心に回っているんだと錯覚させる。放置ゲームをタップしている瞬間こそ、世界の中心は珍男であり、世界は珍男にひれ伏し、すべての財産も全部タップ、タップ、タップゥウウウウウ! 俺のiPhoneの電子マネーに加算されろ! タップ、タップ、タップゥウウウウウ! ヒャッハー!

このことからある仮説が導き出されます。

珍男には悩みがあった。人には言えないが、放置ゲームを本来の遊び方ではなく、強制的に進めることで人を超越した神としての存在、その全能感に身も心も委ねることで、そのストレスから開放された。しかし、行き過ぎたソレに身も心も侵食され、もはや引き返すことができない。タップしているあいだ心は虚無に包まれ人への配慮を失い、その顔からヒゲが触手のように伸びはじめ、やがてグルグルと回転しながらすべてを巻き込み、ごんぶとの鼻毛になる。そこに電子レンジでチンしたゴッソを塗りたくって一気に引き抜くとツルツルになるらしいよ。

何これ?

(編集部/水永三代目)

編集部の今日の1枚

最近グランドチェイスを無課金でプレイ中。先日2体目のSRをゲット!

グランドチェイス

10月22日の注目記事ダイジェスト

sub3

アプリ市場データを提供するAppAnnieは、開設から10周年を迎えたGoogle Play(旧名Android Market)の歴史を振り返るレポートを公開!

▼最新の記事ランキング、新作&事前登録まとめはこちら!
人気ランキングトップページへ

前へ次へ

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧