1. サイトTOP>
  2. 脚本家・寺田憲史氏が贈る“異世界召喚ファンタジー”DMM GAMES新作『プロジェクト ドーランジェ』発表会リポート【TGS2018】

脚本家・寺田憲史氏が贈る“異世界召喚ファンタジー”DMM GAMES新作『プロジェクト ドーランジェ』発表会リポート【TGS2018】

2018-09-21 22:11 投稿

異世界で挑む“身近で泣ける”冒険譚!

2018年9月20日より幕張メッセで開催中の“東京ゲームショウ2018”。その2日目、DMM GAMESブースにて新作RPG『プロジェクト ドーランジェ』の発表会が行われた。

 DMM_GAMES_ProjectDrange_1

本ステージには、エグゼクティブプロデューサーの花澤雄太氏と、脚本家やアニメ監督として活躍するかたわら、本作のシナリオ&世界観構築を務めた寺田憲史氏が登壇。

DMM_GAMES_ProjectDrange_2

▲左から、シナリオ&世界観構築を担当した寺田氏、エグゼクティブプロデューサーの花澤氏。

気になる本作のストーリーや、制作秘話、そして今後の展開などが語られた発表会の模様を、本稿にてお届けする。

“異世界召喚ファンタジーもの”の歴史を塗り替える大作の予感!?

始めに花澤氏より、本作のコンセプトストーリーが紹介された。

“魔法と秩序が織りなすハイファンタジーRPG”と銘打たれた本作。そこで描かれるのは、“現代に生きるごく普通な少年の成長譚”であると同氏は語る。

DMM_GAMES_ProjectDrange_3

▲中心に立っている少年が、本作の主人公。

ある日、“ドーランジェ”なる古びたボードゲームを遊んでいた主人公は、突然ボードゲームの世界に吸い込まれてしまう。

主人公に課せられた使命はふたつ。ひとつは、いっしょに異世界へと吸い込まれてしまった仲間を探すこと。もうひとつは、現実世界に戻るために“ドーランジェ”をクリアーすること。

 DMM_GAMES_ProjectDrange_4

▲“ドーランジェ”の世界には、さまざまな職業や属性を持つ美少女戦士たちが登場。彼女たちの力を借りながら、戦乱の世を切り抜けることに。

DMM_GAMES_ProjectDrange_5
 DMM_GAMES_ProjectDrange_6

▲各キャラクターには、一枚絵を忠実に再現したデフォルメの3Dモデルも用意されている。

こちらの3Dモデルは、キャラクターを“カードから呼び出して戦う”という世界観に基づくもの。

美麗なグラフィックを手掛けているのは、台湾のJFi Gamesだ。

 DMM_GAMES_ProjectDrange_7

▲3Dとなったキャラクターが画面狭しと動き回り、大技を放つシーンも!

DMM_GAMES_ProjectDrange_8
 DMM_GAMES_ProjectDrange_9

▲スカートの奥にチラリと、“DMM GAMESらしさ”も覗く。

そんな、比較的オーソドックスな“異世界召喚ファンタジーもの”とも思える本作にエッセンスを加えるキーマンが、シナリオ・世界観構築を務める寺田氏だ。

過去には『ファイナルファンタジー』シリーズの第1作~3作までの脚本を務めるなど、いまなお“巨匠”として知られる寺田氏は、今回がソーシャルゲームの脚本に初参加。

続く対談パートでは、寺田氏直々にストーリーの見どころや、脚本家としてのこだわりが明かされていった。

花澤氏&寺田氏によるスペシャル対談

花澤氏は10数年前、とあるコンシューマーゲームの現場で寺田氏と同席したことがあるという。

その機会がきっかけでオファーさせていただいたと語る花澤氏に対し、寺田氏は「あのときの彼が責任ある立場になって声をかけてくれたのは、とてもうれしい」と声をかけるなど、温かい雰囲気で対談が進行した。

DMM_GAMES_ProjectDrange_10

▲花澤氏について、「出会ったころはパンクロッカーだった」と意外な過去を明かす寺田氏。

最初のテーマはストーリーについて。

本作のストーリー観を、単刀直入に「プレイヤーを泣かせたい」とオーダーした花澤氏。それを受けて寺田氏は、「(ソーシャルゲームのボリューム感で)泣かせることはできるのか?」と意外にも悩んだそう。

現代の高校生を主人公に据えるというストーリーが導き出されたのは、そんな苦悩があったからこそ。「現代のみなさんにも身近に感じやすいテーマを」というのが、寺田氏の狙いだ。

また、制作へのこだわりについて尋ねられた寺田氏は、「ユーザーの予想を、いい意味で裏切ること」とズバリ。

 DMM_GAMES_ProjectDrange_12

「物語の流れに“A→B→C”という(王道)パターンがあったとしても、“D”や“E”といった別の展開を考えていくことが、作品の未来を広げる」というお話には、巨匠の妥協なきクリエイター魂が伺えた。

自身の性格について「取り入れられることはどんどん取り入れてしまうが、根っこの部分では頑固。人と同じものはつまらないし、恥ずかしい」と語ったのも、数々の名作を手掛けてきた寺田氏らしい回答と言えよう。

トークコーナーの最後には、本作の見どころについて「ありがちなコンセプトだが、寺田さんならではの仕掛けを用意しています」と花澤氏。寺田氏も「その仕掛けに気付くことができれば、きっと楽しんでいただけると思います」とのこと。

巨匠・寺田憲史氏がおくる、既存の“異世界ファンタジー”作品と一線を画す『プロジェクト ドーランジェ』に、ますます期待が高まるばかりだ。

配信時期は2019年春!

ステージの最後に、花澤氏より今後のスケジュールが発表された。

本作は、2018年末を目処に新たな情報を解禁。追って2019年春、「桜が散るまでには」リリースされるそう。

なお、本作はiOS、Andoroidに加えPC版も配信予定。事前登録の開始時期など、続報の到着を心待ちにしたい。

DMM_GAMES_ProjectDrange_13

※画面は開発中のものです。仕様は予告なく変更される場合があります

プロジェクト ドーランジェ

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
メーカーDMM GAMES
配信日2019年春
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧