1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. Android>
  4. 【大塚角満のコトダ満!】第12回:勾玉ちゃん育成計画

この度の西日本を中心とする豪雨により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。 皆様の安全と被災された地域の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

ファミ通App編集部

【大塚角満のコトダ満!】第12回:勾玉ちゃん育成計画

2018-06-14 20:24 投稿

勾玉ちゃん育成計画

なんか……アゲダマがスゲェことになってるなwww

koto12-1

アゲダマって、育成に本腰を入れた瞬間に綿菓子みたいに消えてなくなるからな。こういった企画は……ぜひとも頻繁にやってください中村さんナメカタさん!! いっそ毎日でも可!!!

コレのおかげもあってしばらくアゲダマのことは考えなくてよさそうなので、いよいよ、足踏みしていたコトダマンの育成に突入していきたい。……いや、★3とか★4の、庶民なコトダマンはいいのだ。ほっといても勝手に育つからさ(んなことはない)。今回、俺が乗り出すのは★5の育成! それも、厄介な進化素材を要求するセレブで頑固な連中だぁぁああ!!!

こんなテーマを掲げたからには、いきなり“本丸”に切り込みたいと思う。俺の手持ちの中で本丸……いや、天守閣とも言えるコトダマンは、この娘しかいない!!!

koto12-2

そう! “神子の封印・コトバの勾玉”ちゃん!! まぎれもなく、現存するコトダマンで最強の一角!!

思えば勾玉ちゃんを召喚で引き当てたのは、4月18日のこと。2回目の10連召喚のときに虹玉が3個も出て、

koto12-3

その中のひとつが勾玉ちゃんだったのだ。

引いた当初は、これほど強いキャラだとは夢にも思っていなかった。その愛らしくも和風なルックスから、

「この娘はきっと……ヒーラーなんだろうな^^」

と思い込み(始めて2日目だったので、ステータスの見かたもわからなかったのだw)、あくまでも回復要員としてパーティーに組み込んでいた。しかし、いくら使っても回復してくれず(あたりめーだ)、それどころか、桁がひとつ違う猛烈な火炎をくり出して、敵どもを消し炭にしてしまった。俺は、しとやかなしぐさで目の前を焼け野原にしてしまう勾玉ちゃんに心底ゾッとし

「こういう娘の逆鱗には、決して触れてはならぬ」

との思いを新たにしたのであった。

そんな勾玉ちゃんは、進化していなくても十分な戦力になった。ていうか、単純な火力だけを見たら、最終進化を遂げている★6コトダマンでも彼女に匹敵するものはほとんどおらず、いまのままで“最強”を名乗っていいほど。そんな娘が進化しちゃったら……いったいどういうことになってしまうのか!!?

しかし勾玉ちゃんは、いっこうに進化をしなかった。いまのままで十分だから……という理由ではない。その強さゆえに、進化素材が、

「おいおい……正気ですか……」

と荷物をまとめて実家に帰りたくなるほどきびしく、手に入れてから2ヵ月近く経ったいまでも“そのまま”なのだ

だって、こんなのを要求するんだよ?

koto12-4
・コトノメラメラ(20)
・コトノゴウーン(2)
・スルトーテム(3)
・ツインロースタ(3)
・バラウールチル(3)

メラメラゴウーンはいいとして(いや、あんまよくないが)、残る3体の降臨キャラはすべて★5の連中だ。

中級ですら厄介な★5の降臨……。

それでいて中級ではほとんど手に入らない降臨キャラ……

そんなヤツらを3種、しかも複数必要だなんて!!! 鬼だああああ!!! 鬼が出たぁぁぁあああ!!!

しかし、いくら泣きわめいても勾玉ちゃんは進化してくれないので、ここは腹をくくって降臨キャラ集めをするしかない。果たして、いつになったら彼女は進化してくれるのだろうか……?

続く……。

大塚角満

第11回
大塚角満(おおつか・かどまん)…… 週刊ファミ通副編集長、ファミ通コンテンツ企画編集部編集長。編集業務のかたわら、執筆活動を精力的にこなしており、多数の連載記事を持つ。著書に、『モ ンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズな ど。ファミ通Appでは、“熱血パズドラ部!”を始めとするスマホゲームの執筆活動も行っている。

共闘ことばRPG コトダマン

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーセガゲームス
公式サイトhttps://kotodaman.sega.jp/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧