1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. あの『機動戦士ガンダム』のハロとおしゃべりできる日がついにやってきた!【東京おもちゃショー2018】

この度の西日本を中心とする豪雨により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。 皆様の安全と被災された地域の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

ファミ通App編集部

あの『機動戦士ガンダム』のハロとおしゃべりできる日がついにやってきた!【東京おもちゃショー2018】

2018-06-08 14:30 投稿

あの“ハロ”が現実世界にやってきた!

2018年6月7日から10日まで、東京ビッグサイトにて行われる玩具の展示会“東京おもちゃショー2018”。(一般公開は9日、10日)

⇒東京おもちゃショー2018公式サイト

そのおもちゃショーの、バンダイブースの一角に、『機動戦士ガンダム』に登場するロボット”ハロ”と会話を楽しめるロボット『ガンシェルジュ ハロ』が展示されていた。

目と口にはLEDが搭載されており、それが点滅したり、身体がユラユラ動くアクションをとったりなど、見ているだけでほっこりするようなロボットだ。高級感のあるフォルムに反し、ずいぶん愛らしいな、と思ったのが第一印象。

IMG_9099

こちらは、テレビアニメ『機動戦士ガンダム』の会話を楽しむためのコミュニケーションロボットとして制作されたもので、頭脳となるAI部分は日本アイ・ビー・エム株式会社が、本体設計と生産はVAIO株式会社が担当している。

ハロに対して『機動戦士ガンダム』に関する問いを投げかけると、AIが言葉の意味を理解して答えてくれるというもの。今回の展示では実際に『ガンシェルジュ ハロ』との会話を体験することができ、ハロがこちらに対する質問に対し、答える様子を見ることができた。

IMG_9093

アニメの世界観に特化した楽しい会話をすることができて、まさにアニメに登場する“ハロ”が現実世界にやってきたかのよう。ただし、よくあるロボットのように、日常会話や雑談などを楽しむことはできないので注意! 答えてくれるのは『機動戦士ガンダム』に登場するキャラクターやMSになどに関することだけ。自分が『機動戦士ガンダム』の知識をどのくらい持っているか、試すチャンスかもしれない。

また、専用のスマホアプリと本体のBluetoothで連動させることで、スピーカー機能やアラームとしても使える便利機能も追加されるとのこと。

IMG_9105

販売はバンダイ公式のショッピングサイト“プレミアムバンダイ”にて、7月下旬から予約が開始される。正式な発売日はまだ発表されていないが、気になる方は、公式サイトをチェックしてみよう!

こちらの価格は138000円(税別)だ。

⇒『ガンシェルジュ ハロ』公式サイトはこちら

▼動画はこちら

(C)創通・サンライズ

ほかにもロボットがたくさん

「ロボットは欲しいけど、ちょっとお高いな~」と思われる方も多いかもしれない。そんな人向けに会場で見つけたのが、こちらのロボット。手のひらにポンと乗るサイズの、小さなロボットである。

IMG_4756

こちらはシー・シー・ピーのロボット玩具シリーズ“ロボラトリー”のロボットたちである。左からシャベロイドの“まるお”、メイロイドの“すすむ”、シャベロイドの“かくぞー”。

“シャベロイド”シリーズのふたりは、音や声に反応して、喋ったり、踊ったりすることができる。そのほかに、自分の声をロボットに吹きこみ、それをロボットの声として喋らせることも可能だ。最大3パターンの声を録音することができる。

また、こちらも専用アプリを使うことで、前進や回転といった、ロボットの動きを操作することができるようになっている。

IMG_4758

一方“メイロイド”のすすむくんも、同じように喋ったり踊ったりできるロボットだが、それに加え、“迷路モード”が搭載されており、ラインが描かれた上に置くと、それに沿って進んでいく機能が搭載されている。迷路を作れば、自力でゴールまでたどり着くことがきるという、ユニークなロボットである。

線の上を動くかわいい動作に注目だ。

IMG_4757
IMG_4760_s
▲ちょっとぶれてしまって申し訳ないのだが、このようにスマホに専用アプリをインスールして操作をすれば、ロボットを動かしたり、ダンスをさせることが可能に。

シャベロイドのまるお、かくぞーは、各2480円(税別)。メイロイドすすむは、3480円(税別)だ。どちらもAI機能はついていないので、『ハロ』のようにこちらの質問に対して理解をして答える、という機能はついていないが、手軽にかわいいロボットを手に入れたい方にはおすすめ。

まるお、かくぞー、すすむともに現在一般発売中なので、全国の玩具店などをチェックしてみよう。

⇒シャベロイドまるお、かくぞーの詳細はこちら
⇒メイロイドすすむの詳細はこちら

つかうほど愛着も湧いてきそうな貯金箱

つぎにご紹介するのも、ある意味ロボット。

こちらは今年のおもちゃ大賞でイノベイティブ・トイ部門の大賞を受賞した、タカラトミーア―ツの『おせっかいなスマート貯金箱バンクワン 100円玉専用 /バンクニャン 500円玉専用』。さまざまなおしゃべり機能を搭載しているのが特徴で、頭にあるボタンを押して特定の言葉を話しかけると、貯金額や時間などを表情も変えながら教えてくれるというもの。

ほかにも、人感センサーが搭載されており、その時間帯にあったおしゃべりをしてくれる機能もある。

IMG_9442
IMG_9451
▲“バンクニャン”は500円玉専用で5万円分まで貯められ、“バンクワン”は100円玉専用で1万円分まで貯められる。楽しいぶん、苦手な貯金もはかどりそう!

また、スマートフォンの専用アプリを使ってWi-Fiに接続すると、その日のニュースや天気も教えてくれるという、まさに今流行のIoT製品のような使いかたもできてしまう。本商品は発売は2018年9月を予定しており、価格は各9800円(税抜)予定だ。

かわいいワンニャンに癒やされながら、貯金もできちゃうといい、いいことずくめ。ぜひ会場で触ってみよう!

IMG_9455

⇒“バンクワン”、“バンクニャン”の詳細はこちら

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧