1. サイトTOP>
  2. 明治のヨーグルトと『パックマン』コラボゲームで遊んでみたら健康について考えさせられた

この度の西日本を中心とする豪雨により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。 皆様の安全と被災された地域の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

ファミ通App編集部

明治のヨーグルトと『パックマン』コラボゲームで遊んでみたら健康について考えさせられた

2018-05-25 13:04 投稿

『パックマン』で“プリン体”について知ろう!

皆さん、“プリン体”という成分についてご存知でしょうか? よくビールのCMなどで“プリン体オフ!” なんてフレーズを聞くので耳にしたことはあるかもしれません。

「まぁ、ビール飲まないしプリン体とは縁がね~ぜ」と余裕をぶっこいているそこのあなた!

プリン体はビールだけに含まれるわけではなく、穀物、肉、魚、野菜など食物全般に含まれてるらしいのです。おいしいものには、全部入っているらしいなんて噂も聞きましたよ……。

プリン体の何がやばいかって、摂取し過ぎると通風の原因になる可能性があるらしい。まだ通風を体験したことはないのでわかりませんが、まわりのおじさんたちに聞くと相当つらいらしいですよ、通風。

筆者もだいぶあやふやな知識ではありますが、そんな、みんながわかっていそうで、じつよくわかっていない。この“プリン体”について教えてくれるのが、今回ご紹介する“明治プロビオヨーグルトPA-3”と『パックマン』とのコラボゲーム。

往年の名作『パックマン』のゲームで遊びながら“プリン体”のことがなんとなくわかるようになるということなので、さっそくチャレンジ!

“明治プロビオヨーグルトPA-3”と『パックマン』の特別ゲームで遊ぶ

“プリン体”は、こんなに身近に!

特別ゲームのサイトにアクセスすると、このような画面があり、“PLAY”ボタンを押せばゲームが始まりますが、まずは下にスクロールしてみてください。

2

この続きには、このコラボが生まれたきっかけや、“プリン体”についての解説が載っているのです。ゲームを始める前にぜひ一度を目を通していただきたい!

 3 4

では、ゲームのほうに移っていきます。

“明治プロビオヨーグルトPA-3”と『パックマン』の特別ゲームで遊ぶ

内容は、ほぼほぼ『パックマン』なので遊んだことがある方であれば簡単に遊ぶことができます。

パックマンを動かし、おジャマキャラであるゴーストを避けつつ、ステージ上にある黄色の点(クッキー)をすべて集めることができればゲームクリアーというのが基本的なルールになります。

 15

ステージ上は迷路のようになっており、行き止まりにたどり着いたら、上下左右のフリック入力でパックマンの進行方向を変えることができます。

8

クッキーを食べ進めていくと、画面上部のメーターが貯まり、パックマンの進行速度が遅くなります。

そんなときはPA-3を食べることでメーターが0になるので、どのタイミングで取るかということも大事になりそうです。

 18

さて、クッキーの中には、パワークッキーというものもあります(大きな黄色い点)。このパワークッキーを食べると、ゴーストが“イジケゴースト”に変化!

16 17

ふつうのゴーストに触れてしまうと残機が減ってしまうのですが、“イジケゴースト”はむしろ触れてOK!

“イジケゴースト”に触れると食品のプリン体情報を入手できるうえ、画面中央の巣に帰っていきます。

 1011

このプリン体情報はコレクションでき、全38種類用意されているようなので、ぜひコンプリートを目指してみてくださいね。

筆者は『パックマン』は不得意だったのですが、こちらでは100%クリアー可能でした! 初めての方も久しぶりの方も安心して『パックマン』を楽しめそうです。

 9

プリン体情報を見ていると、どんな料理にプリン体が多く含まれているかというのがひと目でわかりますね~。

1213
▲旨味成分には“プリン体”がつきもの。これは気を付けなければ……。

この料理にこんなに入っているの!? と思ったり、あれ……これは意外と少ないなんていう発見も。

プリン体の摂取量目安は1日400mgとのこと。ゲーム内のプリン体情報と見比べて摂り過ぎてはいないか、ぜひチェックしていただきたいです!

もし、摂り過ぎてるな、と感じている方は……“明治プロビオヨーグルトPA-3”を食べるのです!! ババーン!!

 1
▲プリン体と戦う乳酸菌が入った“PA-3”! いまならパッケージも『パックマン』仕様でかわいい。

ゲームで遊びながらプリン体への理解を深められるこちらのゲーム。自分の健康を気にかけるいいきっかけになるかもしれません。ぜひ遊んでみてください!

“明治プロビオヨーグルトPA-3”と『パックマン』の特別ゲームで遊ぶ
PAC-MAN™&©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
開発協力:株式会社カヤック

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧