1. サイトTOP>
  2. 【今日の編集部】僕はまだ『Nintendo Labo』を知らない

この度の西日本を中心とする豪雨により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。 皆様の安全と被災された地域の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

ファミ通App編集部

【今日の編集部】僕はまだ『Nintendo Labo』を知らない

2018-04-25 01:26 投稿

僕はまだ『Nintendo Labo』を知らない

【本日の担当:ナンセンス矢野】
S__53559306

みなさんこんばんは。ナンセンス矢野です。

今日は、“『Nintendo Labo』という発明品にたいへん興味があります”というお話です。

 

2018年4月20日、奇想天外な商品が発売されましたが、みなさんチェックしてますか。

はい、タイトルにもある通り、『Nintendo Labo』でございます。

知らないひとに向けて説明すると、“ダンボールとNintendo Switchをかけ合わせて遊んでみよう!”っていう感じのプロジェクト(プロダクト)です。

これを始めた見たとき、聞いたとき、みなさんどう思いましたか? おそらく「え、ダンボール??なんか思ってたのと違うなぁ」と思った方、多いのではないでしょうか。

矢野もそのひとりで、「なんだこりゃ。ゲームじゃないのか、じゃあ興味なーい」と、『Nintendo Labo』にそこまで注目しておりませんでした。

 

はい、こういった考え、“固定観念”という奴は、ほんとに思考を鈍らせるので良くないです。4月20日に発売され、SNSを始め、社内でも『Nintendo Labo』の話題があがるようになったので、改めて調べてみたのですが、どうやらこれがとんでもない発明品みたいなんですよね。(いまさらかよ)

何がすごいってのはひと言で説明しずらいのですが、要は『Nintendo Labo』を通して、まったく新しい遊びを創り出せる、っていうのがおもしろいところなんです。たぶん。

いままでゲーム機として使っていたNintendo Switchが、ダンボールで作るピアノや釣り竿などの“Toy-Con”を使うことで、ゲームから飛び出して現実世界のひとつの“遊び”として成立する。そして、そのToy-Conで“どう遊ぶか”は作った僕らが考えて、また新たな遊びを創り出す。『Nintendo Labo』は創造性の塊になっていて、遊ぶ人次第で生まれる遊びが異なるような、自由度の高い遊びを味わえる作品なわけです。イメージですが。

 

ここまで「たぶん」や「〜みたい」など曖昧な表現を多用してきましたが、お気づきの方もいる通り、ここまで絶賛しておきながら、矢野はまだ『Nintendo Labo』に触れておりません。はい、すべてにわか知識でございます、たいへん申し訳ございませんでした……!!!

とりあえず、ようやく手元に届きましたので、ここまでの話は本当なのか、そして何が魅力的なのかを突き止めるべく、実際に作って、デコって、矢野流の遊びを発明していきたいと思います。

S__56901671 のコピー

ちなみに、多くのひとが“『Nintendo Labo』ってなんかすごそう”っていうものを感じていることと思いますが、こちらの開発者インタビューを読むと、ちょっとだけそのモヤモヤを解消できます。

▼開発者インタビュー
https://www.nintendo.co.jp/labo/qa/index.html

(編集部:ナンセンス矢野)

編集部の今日の1枚

先週の『パズドラ』サブアカウントの進捗です。1日かからず風神を究極進化できました。“4月のクエスト”の報酬が豪華であることを改めて実感しました。

S__56901672

4月24日の注目記事ダイジェスト

2018年4月24日、HTML5新プラットフォームenza(エンザ)にてシリーズ完全新作『アイドルマスター シャイニーカラーズ』が配信開始された。

シャニマス

▼最新の人気記事、新作&事前登録のまとめ記事はこちら!

前へ次へ

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧