1. サイトTOP>
  2. 【今日の編集部】レペゼン地球のDJ社長から学ぶ“好きなことで、生きていく”ということ
下記の期間、システムメンテナンスを予定しております。 なお、期間中は、一時的に当サイトをご利用いただけない場合がございます。 ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

【メンテナンス期間】 2018年12月17日 午前1時~当日午前5時まで
※メンテナンスの状況により上記期間が変更になることがあります。

-

【今日の編集部】レペゼン地球のDJ社長から学ぶ“好きなことで、生きていく”ということ

2018-04-06 20:00 投稿

世代を問わず必見の内容

【本日の担当:おこめちん】
IMG_2198 (1)

どうも、おこめちんです。
YouTubeのCMキャッチコピーとしておなじみの“好きなことで、生きていく”。
言葉にすると凄く簡単に聞こえる魔法の言葉。実際好きなことで生きている人ってどれだけいるんでしょうか。
日々何かに妥協し、自分にこれでいいんだと言い聞かせ、変わらない日常を過ごしていく。

昨夜、Twitterのタイムライン上に流れてきたこんな動画。

内容は、レペゼン地球というDJ集団の“DJ社長”という、ひと言で表すとパリピな社長がこれまでの半生について語っている動画なんですが、その尺なんと41分。

41分もの間、ひたすらこれまでの軌跡を話し続けるだけの動画。

じつはレペゼン地球というグループ自体は以前から知っていて、テキーラ一気飲みやら、放送コードギリギリ(というかアウト)な内容であったり、おふざけ系の動画をUPしてYouTuberとして活動する側面もあるグループ。本業はDJなんですけどね。

そんな印象が強かったので、また笑いを取りにくる動画なのかな、という先入観のもと視聴を始めたわけなんですが、笑いの要素はほぼ皆無。にも関わらず、気付いたら41分経ってました。
こんな長尺の動画、それもただトークしているだけの内容を、スキップすることなく視聴を終えたのは初めての経験で、動画が終わった後は表現しがたい謎の充実感に包まれていました。

何がそうさせたのか?

もちろん、DJ社長自身のトークスキルの高さは根底にあるのですが、何よりもDJ社長のこれまで経験してきたこと、それのひとつひとつが非常に濃いもので、また単なる成功美談ではなく、失敗に基づいて何を学んできたかといった話が非常に惹きつけられました。

「好きなことで生きていくために、何をするのか?」

大抵の人は、アレがしたい、コレがしたいと思い描いて、それで終わり。実際に行動に移さないし、移したとして少しでも躓くとやめてしまう。でも、彼は愚直にやりたいことを一貫して貫いたという。

やりたいことをやる為にはどう動いたら、どう考えたらいいのか?

「やりかたがわからないなら人に訊け! 考えかたがわからないなら考えかたを調べろ!」

といった一幕も動画の中にはあるのですが、その言葉の通りに動ける人は果たしてどれだけいるのか。動いて挑戦した人が一部の成功者になるのだと再認識。

また、内容の濃さもさることながら、動画編集自体の細かい配慮にも胸をうたれました。視聴者を飽きさせないような緩急ある編集であったり、全発言はすべて字幕付き。41分ものオールトーク動画に字幕を付けるだけでも相当手間のかかる作業です。

本人がどこまで意識しているのかはわかりませんが、そういったユーザーファースト精神。また、動画を通して見えてくるDJ社長の人柄や行動力の高さ。僕よりふたつ年下の彼に、素直に心からリスペクト。

今後の生きかた、自分のありかたを見直すいい機会となりました。サンキューDJ社長!!

(編集部/おこめちん)

編集部の今日の1枚

おや、ゴーレムの様子が……。

IMG_3564

4月6日の注目記事ダイジェスト

フジゲームスとマーベラスの強力タッグで絶賛サービス中のスマートフォン向けドラマチックファンタジーRPG『オーディナル ストラータ』(以下、『オデスト』)。今回、プレイヤーが待ち望んだ新章である“大精霊時代 グリモリオ編”がいよいよ配信されるということで、本作のプロデューサーである前田駿輔氏と、メインイラストレーターのあんべよしろう氏にインタビューを行った。

集合

▼最新の記事ランキング、新作&事前登録まとめはこちら!

前へ次へ

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧