1. サイトTOP>
  2. 『頂上三国』最大1000人参加のGvGがアツい!三国志の武将気分で国盗りを体験しよう

この度の西日本を中心とする豪雨により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。 皆様の安全と被災された地域の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

ファミ通App編集部

『頂上三国』最大1000人参加のGvGがアツい!三国志の武将気分で国盗りを体験しよう

2018-03-24 12:00 投稿

武将になって三国時代を駆け抜けろ!

OASIS GAMESより配信中のシミュレーションRPG、『頂上三国』。本作はリアルに表現された三国志の世界を舞台に、領地を奪い合う大規模な戦闘が楽しめるストラテジー要素の強い作品。朴璐美や杉田智和ら人気の有名声優が武将の声を演じるなど、キャラクター面でも注目度の高いゲームとなっている。

 頂上三国1

今回はそんな本作をまだプレイしたことがない人に向けて、ゲームの見どころをお届け。「三国志のゲームに興味はあるけど、どれから遊べばいいかわからない!」という人は、ぜひとも参考にしてほしい。

ゲームのみどころ
●白熱の戦略バトル
●軍団を率いての国盗りがアツい!
●じっくりやりこめる武将育成

白熱の戦略バトル

シミュレーションRPGの醍醐味といえばやっぱりバトル。まずはその魅力を紹介しよう。

本作のメインとなる“奪還”は、三国志のストーリーを追いかけるように中国各地の城や関所を巡りながら戦闘をくり返し、支配された都市を解放していくのが目的のプレイモード。

このモードではプレイヤーは各地を治める武将たちと戦闘をくり広げ、それらをすべて退けることで各地を解放していく。

頂上三国会話
▲奪還を進めていく中では歴史を再現した熱いエピソードが展開される。三国志の武将たちが織りなす歴史物語も楽しめるぞ。

戦闘の形式は、いわゆるリアルタイムストラテジーバトル。

プレイヤーのおもな仕事は兵を率いた武将たちを指揮し、移動地点を指定していくこと。武将たちは指示に沿って戦場を駆け巡りながら、敵兵と接触するとオートで戦闘を行っていく。

頂上三国046

戦闘中には武将たちが持つスキルを使用することで、戦いを有利に進めることが可能だ。

頂上三国024
▲スキルには単純な攻撃以外にも、味方のステータスを底上げするものや敵に状態異常を付与するものなど、さまざまな種類が存在する。

戦闘はオートでもサクサク進んでいくが、できれば手動でのプレイも試してみてほしいところ。

武将たちは槍兵、弓兵、騎兵、策士、戦車という5種類の兵種に分かれており、それぞれに有利な兵種や不利な兵種が存在している。

頂上三国021

さらにフィールドでは伏兵が後ろから攻めてきたり、敵軍が城門の中に立てこもったりすることも。

こうした敵との相性や状況の変化をつねに判断しながら即座に対応していくという、アクションパズルにも似た頭脳プレイこそが本作の醍醐味。

敵に向かってまっすぐ突っ込むだけではない、戦略性の強いバトルを楽しむことができる。

頂上三国053
▲時には城門を破壊して進むことも。

見事に策がハマって自軍の損害を出さずに敵を撃破したときには、まるで三国志に登場する名軍師のような気分が味わえること間違いなし。

ストラテジーゲームファンはもちろんのこと、三国志が好き、とくに諸葛亮や周瑜のような軍師が好きという人は、1度は手動でのプレイに挑戦してみてほしい。

軍団を率いての国盗りがアツい!

本作にはもうひとつ別のバトル要素が用意されている。それが“城戦”だ。

城戦は、ゲーム内の都市を巡ってくり広げる特殊なバトルモード。

ゲームを進めていくと、プレイヤー同士による“軍団”が結成できるようになり、その軍団の領地として各都市の占領が可能になる。

頂上三国071
▲奪還によって都市を解放したあとは、プレイヤー同士でそれらの都市を巡って争奪戦をくり広げることになる。

このとき、占領したい都市をすでに別の軍団が押さえていると城戦が勃発。複数のプレイヤー同士による戦闘がくり広げられる。

頂上三国036

城戦はふだんのバトルと異なり、フルオートで進行。

城を攻撃する側は次々に戦力を送り込み、敵兵力を0にすることができれば勝利。入城して都市を支配下に置くことができる。

頂上三国059
▲攻撃側の勝利。占領する勢力が入れ替わる。

一方の防衛側は、ひたすら攻撃に耐え、攻撃側の戦力が尽きて30秒間攻撃のない状態を作り出せれば勝利となる。

頂上三国057
▲このまま時間が経てば防衛側の勝利となる。

城戦で争うのは、ひとつの軍団同士とは限らない。ときには三国志における虎牢関の戦いのように、複数勢力が連合して強敵と戦うことも。

頂上三国030
▲他勢力同士の争いに途中参加することも可能だ。

城戦はそれだけ大規模な戦闘になることがあり、最大でなんと1000人もの大人数によるバトルを楽しむことができる。

小さな軍団から徐々に領地や団員を増やし、仲間と協力しながら勢力を拡大していく体験はまさに三国志そのもの。自分も三国志に登場する武将のひとりになった気分で国盗りを楽しめるモードとなっている。

頂上三国049
▲軍府機能を使用すれば、指定した条件の城に自動で兵を送ることも可能。

じっくりやりこめる武将育成

三国志ゲームと言えば、お気に入りの武将を誰よりも強くしてみたいもの。

本作では豊富な育成項目が用意されており、じっくりと腰を据えて武将の育成を楽しむことが可能だ。

頂上三国006

育成する項目には、レベルアップやスキル強化はもちろんのことステータスを底上げする“部隊訓練”、部隊訓練を4種行うと可能になる“進化”、ゲーム内で登場する武将の“将魂”を集めて行う“昇星”など、さまざまな要素が用意されている。

頂上三国064
▲4つの部隊訓練をすべて行うと進化が可能。武将の“品質”がアップする。
頂上三国007
▲昇星を行うとスキル効果が強化される。

一見すると複雑そうな印象のある育成画面だが、心配は不要。

本作では育成したい項目を選択すると必要な素材の表示画面に移動し、そこから不足している素材を選択するとその素材の獲得できるクエストに移動することが可能だ。

 頂上三国001

このほかにも、育成したい項目に合わせてストレスなく素材を集めるための機能が多数搭載されている。

頂上三国073
▲メインストーリーのすでにクリアーしたステージは、“掃討”機能でまとめて周回可能。

素材の入手手段も多数用意されており、次に素材が手に入るのが1週間後、という事態が起こりにくいのもうれしいところ。

乱世をお気に入りの武将とともに戦い抜いてみよう。

語り尽くせないほどの魅力満載!

本作にはほかにも内政モードやPvPバトルといった、遊べる機能を多数を搭載。この手のストラテジーゲームやRPGに求められる要素はひと通り網羅されている。

写真 2018-03-23 17 55 12
頂上三国040

記事だけでは書き切れないほどに多様なモードが存在している本作だが、それゆえに遊びかたの自由度も非常に高くなっている。

ひとりで三国志に登場する各地を奪還して巡る旅を楽しんだり、軍団の仲間と一緒に勢力拡大を目指したり、ひたすらにお気に入りの武将を強化して最強の部隊を目指したりと、それぞれの遊びかたで自由に楽しむことが可能だ。

気になった人はぜひとも実際にダウンロードして、ひとりの武将になった気分で三国志の世界を堪能してみてほしい。

頂上三国

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルシミュレーション
メーカーOasis Games
公式サイトhttp://mgcsg.oasgames.com/ja
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧