1. サイトTOP>
  2. 大注目のカーリング!『カーリング3D lite』でルールを覚えて試合観戦をもっと楽しく!

この度の西日本を中心とする豪雨により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。 皆様の安全と被災された地域の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

ファミ通App編集部

大注目のカーリング!『カーリング3D lite』でルールを覚えて試合観戦をもっと楽しく!

2018-02-21 14:15 投稿

奥深し! カーリングの世界!

日本の女子カーリングチームが、強豪スウェーデンを破り、いま、注目が集まっている競技のひとつであるカーリング! この記事を書いていたあいだも、日本対イギリスの試合が開催され、思わず見てしまってまったく筆が進みませんでした。てへぺろ。

いま急激に注目度が上がっているカーリングですが、名前は聞いたことはあるけど、丸いところに置いたほうが勝ちでしょ? ルールよくわからない!という方も多いと思いのではないでしょうか?

それはもったいないーー!
カーリングって、じつは見だすと止まらないおもしろさなのですよ!! フガフガ。

“ストーン”を狙った場所に置くだけでなく、相手の“ストーン”を投げるラインをジャマしたり、相手のストーンを避けて投げたりと、とにかくテクニックと臨機応変な戦術が試される競技がこのカーリングなのです。じつは石を投げてブラシでこすってるだけではなくそこには、いくつもの作戦の上に試合が成り立っているんですよね~。

ということでカーリングとはなんぞや?ということをご紹介しつつ皆さんにおススメしたいのが、こちらの『カーリング3D lite』。

IMG_7496

本作は、かなり本格的なカーリングをスマホで体験できるという作品となっていますので、カーリングについてもっと知りたい!と思った方はぜひこちらのアプリお試しあれ!

で、カーリングってなに?

ということで、まずは、カーリングの基礎知識を解説していきます。

まずは基本ルールとして、1チーム4人のふたつのチームがそれぞれひとり2回ずつストーンを向かい側の円に向かって投げます。両チームの選手全員が2回投げ終えた後(合計16回)にその円にもっとも近かったストーンのチームが得点を獲得できます。

こういう場面、きっとみなさんも見たことがありますよね。この時の投げる強さや角度、投げ方でストーンがどこへ行くかが大まかに決まります。

IMG_7497

んで、このブラシでこすっているのが、スイーパーの皆さん。氷をこすって摩擦熱で氷を溶かし、ストーンを滑りやすくしていきます。

13

こする角度によって、カーブを利かせたり、逆にこすらないことでスピードを緩めたりとかなり重要なポジションです。

ということで、『カーリング3D lite』でも実際にプレイしてみたいと思います。

まずは、ストーンにかける回転方向を左右のスワイプで決定。カーブをかけたいときはここで調整します。

87

つづいて、ストーンを投げる強さは、画面を上下にスワイプし、そのままどの角度で投げていくか、左右のスワイプで決定していきます。

 9 10

そして指を離せば投げます!

2

あとはストーンの様子を見ながら、理想の位置までもっていきます。
スピードが足りないなというときは、スイーパーの出番! 画面をこすりまくってストーンを滑らせていきましょう!

3

『カーリング3D lite』は、カーブが思ったより正確に利くので遊んでいて気持ちいい!狙った場所にピタッと置けたときの爽快感……たまりません。

カーリングの基本のゲーム運びとは?

カーリングでは、最終的に円にもっとも自分のチームのストーンが近かったら勝利なのですが、お互いに8回投げられるので、最初から円の近くにストーンを置いてもすぐはじき出されて終わりですよね。なので、最後に円にストーンを残すため脇から固めていくというのが定石のようです。

ではまずはなにをするかというと、相手のストーンが円を狙いづらくするために、おジャマストーンを配置していくのです。これをガードと呼びます。

ガードストーンを置かれたらはじきだしてもいいですし、これをカーブをかけてよけながら円を狙っていくというのもありですが、どちらにしろ、まっすぐ円を狙うよりは、難易度があがりますよね。

12
▲ぜんぜん円に届いてないじゃん~と突っ込みたくなるところですが、これも作戦なのです。ちなみに赤いラインを越えないと無効になっちゃいます。

なお、相手と味方が、最初の2投を投げ終わるまでは、この石をはじき出すことができない(動かすことはできる)というルールもあるので、まずはガードを固めつつ、はじかれても円のなかに残るようなストーンのポジション取りを狙っていきます。

その後は、円の中にとにかくストーンをいれまくって複雑にしていくというのも戦略ですね。いろいろと戦略はあるのですが、まぁ、これがまた難しいんですわ。まさに一進一退の攻防。いいところに置けてもすぐ弾かれてしまいますし、だからといって守ってばかりいると点数が取れない。相手チームとの駆け引きが勝負になるんですね~。

 5
▲手前のストーンをカーブなどで避けて、真ん中へ! 実際には相当のテクニックが必要になります。でも本作でならすぐにでも再現可能です(笑)。ゲームって便利。

圧倒的有利な、後攻

カーリングのルールで面白いのは、後攻が圧倒的有利ということ。

最後に投げる後攻のチームは、どれだけ相手チームの石が円の中にあろうとも後攻のチームが円の中心に投げ入れられれば、1点が確定しちゃいます。なので後攻が有利なスポーツがカーリングの特徴。

ということでチームは、つぎに後攻を取ることも念頭に置いて試合運びを進めていきます。

1エンド目は、基本的にコイントスで決めるのですが、2エンド目からは、得点を取った方が先攻になります。両方0点だった場合は、先攻後攻はそのまま変わりません。

なので、後攻を何度も続けたいときは、少ない1点を狙うよりもすべてのストーンを円からだして両方0点を狙います。もちろん、大量得点のチャンスの場合は次回の後攻を蹴って得点を取った方がいい場合もあります。

逆に先攻が後攻になりたいときは、あえて、1点を取らせて先攻後攻を変えさせるという試合運びにしていくなんてことも考えられます。

ほら、カーリングって奥が深いでしょ? ほかにも見どころはたくさんあるのですが言い出したらきりがな~い! ということでぜひいまやっているカーリングの試合をみていただきたい!

見た目以上に戦略性が高く、両チームの駆け引きにハラハラ。さらにぴったりにストーンを置きに来る選手たちのテクニック。見ているだけで興奮しちゃいます。

もちろん日本の試合だけでなく、カーリングというスポーツは、どの国の試合を見てもおもしろいのです。また男子と女子にはパワーの差があるので、試合の展開やスピードも違いそれぞれに楽しさがあります。

『カーリング3D lite』で腕を磨いてカーリングとはなんぞやということが分かれば、もっとカーリングの試合がおもしろくなること間違いなしですよ!!

ぜひこの機会にカーリングの試合を見てくださいね!!

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧