1. サイトTOP>
  2. 【新作】ジバニャンが劉備に!ウィスパーが孔明に!コーエーテクモとのコラボ作品がスマホに登場!『妖怪三国志 国盗りウォーズ』

この度の西日本を中心とする豪雨により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。 皆様の安全と被災された地域の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

ファミ通App編集部

【新作】ジバニャンが劉備に!ウィスパーが孔明に!コーエーテクモとのコラボ作品がスマホに登場!『妖怪三国志 国盗りウォーズ』

2018-01-17 12:00 投稿

『妖怪三国志』が装いも新たにスマホに登場!

レベルファイブより、新作スマホアプリ『妖怪三国志 国盗りウォーズ』が配信開始となった。

1

『妖怪三国志』と言えば、ニンテンドー3DSで2016年に発売された本格シミュレーションRPGだが、そんな『妖怪三国志』が手軽に遊びやすくなってスマホに登場!

本作は、コーエーテクモゲームスの人気タイトル『三國志』とコラボした作品なのも注目。ジバニャンや、コマさん、オロチやキュウビといった人気キャラクターが、三国志英傑の名を冠して登場する。

さらに、現在絶賛公開中の『映画 妖怪ウォッチシャドウサイド 鬼王の復活』で大活躍する蛇王カイラやエンマ大王が登場するとあって、もう個人的には、激萌え……ゲフンゲフン。

11
ゲームの見どころ
・人気妖怪たちが三国志武将となって登場!
・簡単だけど知略戦略が試される合戦!
・同盟や国盗り戦などやりこみ要素充実!

人気妖怪たちが三国志武将となって登場!

本作は、ジバニャン劉備を操り、ウィスパー孔明の指導のもと三国統一を目指していく国盗り戦略RPG。

『三国志』の世界観をモチーフとしているので、登場する妖怪たちは、みんな『三国志』の英傑の名前がついているのが特徴だ。

とはいっても、見た目や名前が少々違うだけで、コミカルな内容は、ほぼ本家『妖怪ウォッチ』と変わらない。知ったかぶりのウィスパー孔明と、いつもマイペースなジバニャン劉備が中心となりストーリーが進んでいくぞ。

45

いっしょに戦う武将妖怪は、ガシャで仲間にしたりストーリーやミッションを進めていくことで増えていくぞ。

なお、チュートリアルでは、3体の武将妖怪をガシャから手に入れることができる。しかも何度も引き直しが可能なのでリセマラが不要なのが親切設計!!

難易度は序盤から高めなので、ここはぜひSランク妖怪が出るまで粘りたいところ!!

10

また、本作でも、特定の武将妖怪を集めることで、レジェンド妖怪を召喚することができたり、特定のアイテムを組み合わせることで、上位の武将妖怪に変化させることが可能だ。

1213

さらに、いまなら期間限定でSランク“エンマ大王”が入っており、その“エンマ大王”の確率がアップしている“エンマガシャ”が登場している。これは、是が非でもゲットしたいところ!!

100種類以上の妖怪が揃っている本作では、どんなチーム編成にしていくかも楽しみのひとつとなりそうだ。

1415

簡単だけど知略戦略が試される合戦!

まずはメインストーリーを進めて本作の世界観を楽しんでほしい。たくさんの武将妖怪たちが、ジバニャンの行く手を阻む。コメディタッチのストーリーにクスっとしてしまうぞ。

1617
▲ストーリーにはちょっとしたボイス付き! キュートなジバニャン劉備にメロメロでうぃっす。

さて肝心のバトルでは、最大5体の武将妖怪を連れていくことができる。

20

本作では、武将妖怪の種族によって相性の相関関係が存在する。バトルの相手にどんな武将妖怪が登場するかは、バトルの前に確認することができるので、チェックしてチーム編成を考えたいところ。

その際、並び順も重要となるのが本作の特徴。

バトルが始まると、ウォールオブデスのごとく、両チームがぶつかりあって合戦が始まる。

1918
▲開戦と同時に走り出し、両者がドーーンとぶつかり合う! その後は目の前の敵に向かって自動攻撃してくれる。

このときにこちらも相手も並んでいる順番同士がぶつかるので、対象に対して有利であると大ダメージが入り戦況もかなり有利になるのだ。

21
▲隊列の向かい合わせになっている相手とまずはぶつかるので、有利な種族を配置しておきたい!

毎度組み替えるのが面倒なときは“おすすめ”ボタンを押すと、現在編成されているメンバーでいちばん優勢になる体制を自動で組んでくれるので、バトルの前には必ず“おすすめ”ボタンを押しておこう。

22
▲“有利”の表示がなるべく多く出るように自動で配列してくれる。それでも不利になる場合は、チーム編成を考え直そう。

ぶつかり合いの後は、なんともまったりな感じでべしべしと武将妖怪たちが戦ってくれる。

プレイヤーは、武将妖怪たちの妖気ゲージが溜まったときに、タッチすることで、任意に必殺技発動をすることができるぞ。

267
▲ジバニャン劉備はおなじみの必殺技“ひゃくれつ肉球”も本作で披露してくれる!

また、本作では、“軍魔神”と呼ばれる『三国志』の英雄をセットすることで、戦闘中に呼び出すことが可能となる。

2324
チーム編成で武将妖怪にセットしていく。軍魔神はストーリーを進めたり、ガシャで手に入れられるぞ。

“軍魔神”の攻撃はかなり強力であり、戦況を一転させてくれるのでここぞというときに使いたいところ。

しかし、セットした武将妖怪自身が倒れてしまうと、“軍魔神”を呼び出せなくなってしまうので、なるべく体力の高い武将妖怪や、育成度の高い武将妖怪にセットしておくのがベストだ。

2522
▲軍魔神にも専用のゲージがある。ゲージが溜まったらタップで発動だ!かっこいい! 

このようにプレイヤーは、種族相関を考慮したチーム編成、スキルや軍魔神の発動で武将妖怪たちをサポートしながらバトルを進めていく。

バトルはほぼ自動で行われるものの、序盤でもこの要素をないがしろにしてしまうと、かなり苦戦してしまう。

ほかにも、バトル中に前衛や後衛を入れ替えて攻撃パターンを変えたり、チーム編成の組み合わせ次第で発動する効果があったりと、知れば知るほどバトルと勝つための編成が楽しくなってくる。お手軽ながら、じつはなかなか奥深いのが本作のバトルなので、戦いながら特徴を掴んでいこう。

同盟や国盗り戦などやりこみ要素も充実!

メインストーリーは、炎のマークがついたゲージを消費して進めていくスタミナ制となっているので、こちらのスタミナがなくなったら、今度は、“国盗り戦”に挑戦してみよう。

1
▲ホームのバトルからモード切替可。天下統一戦がメインストーリー、国盗り戦はPvPだ。国盗り戦は消費されるスタミナの種類(桃のほう)が異なるので一度で2度遊べる!

こちらは、ほかのプレイヤーたちと、陣地を奪い合う、まさに“国盗り戦”が楽しめる。

2

魏・蜀・呉の三国の中から、ひとつを選んで、陣地をいちばん広げられた国が勝利だ。

34
▲シーズン中は所属勢力を変更できないので注意。やはり魏が人気のよう。呉を選んだ筆者大苦戦中。みんなコマさん選んで!! コマさんかわいいよコマさん。

地図の中からバトルをしたい相手を選んで勝負を挑んでいくバトルの仕方は、通常と変わらないので気軽に勝負を挑んでみよう。たくさん勝利していくと、その地方を制圧することが可能だ。

5
▲相手の戦闘力があらかじめわかるので、どんどん倒していこう!

なおバトルに勝利するだけでも、ポイントを溜められ、報酬ももらえる。

さらにランキングで上位に入ったり、自分の所属する勢力が、いちばん侵略できればさらに報酬がもらえるといった流れだ。

67
▲個人で戦っていてもかなり豪華な賞品がもらえるので、とりあえずこなしておくことが大事。

なお、現在『映画 妖怪ウォッチシャドウサイド 鬼王の復活』とのコラボイベントで蛇王カイラが、国盗りバトルのマップに降臨している。蛇王カイラとバトルして倒すと、彼を仲間としてゲットすることもあるので、ぜひ挑戦してみよう! なお、カイラはエンマ大王に弱いので、ガシャで手に入れておくと攻略が楽になるかも?

89
▲エンマのライバルのカイラ。映画を見てカイラの魅力を皆様にぜひ知ってほしい!w

また、ほかのプレイヤーと協力しあえる同盟システムにも注目したい。同盟に所属すれば、バトルに助っ人を連れていくことができるという最大のメリットがあるのだ。
ほかにも掲示板で交流したり、国盗り戦の体力をプレゼントできたりといいことがいっぱいある。
自分で同盟をつくりたいときは、銭30000が必要となるので、序盤は強そうな同盟に所属する形がよさそうだ。

10
▲同盟に所属するとメリットが多い。皆で協力しあってゲームを楽しもう!

『三国志』の世界観を『妖怪ウォッチ』のキュートで、コミカルに楽しめる『妖怪三国志 国盗りウォーズ』。
おなじみの妖怪や、『三国志』ならではのキャラクターを集めて、三国統一に挑戦してみよう!

動画でも新作紹介しています

気に入ったものがあったら更新
角満&中目黒のこれ、知ってる?


毎日
更新
編集長!これ、どうでしょう!?


YouTubeチャンネル登録して動画をいち早く見よう!

ファミ通AppのTwitterをフォロー

妖怪三国志 国盗りウォーズ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルシミュレーションRPG
メーカーレベルファイブ/コーエーテクモゲームス
公式サイトhttp://www.youkai-watch.jp/sangokushi-kunitori/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧