1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. 【WOFFメリメロ攻略】チーム編成やノセノセなどバトルのコツまとめ

この度の西日本を中心とする豪雨により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。 皆様の安全と被災された地域の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

ファミ通App編集部

【WOFFメリメロ攻略】チーム編成やノセノセなどバトルのコツまとめ

2017-12-18 12:00 投稿

バトルの基本をおさらい!

スクウェア・エニックスより配信中の『ワールド オブ ファイナルファンタジー メリメロ』(以下、『WOFFメリメロ』)。

属性による有利不利や、ミラージュ同士による“ノセノセ”、そして歴代『FF』シリーズのキャラクターを召喚できる“セイヴァー召喚”など、バトル中には意識すべき要素がたくさん詰まっている。

今回は、チュートリアルだけでは把握できないプレイヤーのために、バトルについて解説していくぞ!

▼まず引くべきミラージュはこちら!

属性の基本について

属性については、前回の記事でもご紹介したが、おさらいがてら、軽くご紹介する。

本作では、属性の有利、不利が、序盤からステージ攻略に大きく影響するため、この属性を考慮したチーム編成が大事になってくる。

6

序盤の“ぼうけん”の舞台はエリアレッド、エリアグリーン、エリアブルーと用意されており、この名前からわかる通り、エリアレッドは、炎属性の敵が、エリアグリーンでは森属性の敵が中心に登場する。出現する敵ミラージュによって属性を見ながら、チームを使い分けよう。

◆属性の相関
属性は属性に強い
属性は属性に強い
属性は属性に強い
属性は闇属性に強く、闇属性に弱い
属性は属性に強く、属性に弱い
◆エリアの特性
エリアレッド:炎属性のミラージュが出現
エリアグリーン:森属性のミラージュが出現
エリアブルー:氷属性のミラージュが出現
エリアホワイト:光属性のミラージュが出現
エリアブラック:闇属性のミラージュが出現

ミラージュのサイズについて

属性について理解したところで、チーム編成へ移ろう。その前に、ミラージュを編成するためのルールを押さえよう。

◆編成ルール
・最大6匹まで組み込める
・サイズに制限がある

まず、バトルに連れていけるミラージュは最大6体までとなっている。

3

ゲーム開始時に開いているチーム編成の枠は3つとなっており、プレイヤーレベルが一定レベルに達すると、ひとつずつ解放されていく。

◆編成枠が解放されるレベル
・プレイヤーレベル5で+1枠
・プレイヤーレベル8で+1枠
・プレイヤーレベル10で+1枠

各ミラージュには、S、M、Lのいずれかのサイズが設定されており、チーム編成をする際には、このサイズを考慮する必要があるぞ。

1
●Sサイズ→最大6体まで
●Mサイズ→最大4体まで
●Lサイズ→最大2体まで
●L枠にはどのサイズのミラージュでも入れることができる
●M枠にはMとSサイズのミラージュを入れることができる
●S枠にはSサイズのミラージュしか入れることができない

ノセノセを徹底解説!

本作のバトルでは、通常攻撃と、“AP”を溜めて行うアビリティ攻撃のほか、強力な技である“ノセノセ”にも注目したい。

22

ノセノセとは、一定の条件を満たしたミラージュをチームに組み込んでおくことで発動できる、合体技のようなもの。

ダメージ量も多いスペシャル技となるので、ぜひバトルでは活用していきたいところだ。

ノセノセを習得しよう

“ノセノセ”を発動するためには、“ノセノセ”技を習得する必要があるので、まずは“いくせい”メニューへ行ってみよう。

26

“いくせい”から育てたいミラージュをタップしてアビリティのメニューを開くと、このミラージュが習得できるアビリティが表示される。ミラージュが3体積み重なったアイコンがあれば、ノセノセ技を習得できる。

20

ノセノセに限らず、アビリティを習得するためには、“ライズ”というアイテムが必要になる。ライズは7種類用意されているぞ。

レベルライズ経験値が入り、レベルがあがる
HPのライズHPがアップする
ちからのライズちからがアップする
まりょくのライズまりょくがアップする
ぼうぎょのライズぼうぎょがアップする
せいしんのライズせいしんがアップする
はやさのライズはやさがアップする

このライズは、“ぼうけん”や“たんさく”などで手に入る。アビリティ習得には、このライズを使った“いくせい”が不可欠になっていくぞ。

では、じっさいにフェニテットで“ノセノセ”を習得していこう。現在、フェニテットのノセノセの欄には、なにもない状態。

25

アビリティを見てみると、ノセノセのアビリティがあるラインは、“かいふく”のラインだ。かいふくにはハートのマークがついており、これは、HPライズを与えることにより、習得できるという意味をもつ。

5-2

HPライズを与えてさっそくノセノセ技を習得してみよう!

6

ノセノセの欄に技が入ったことが確認できる。これでバトルでノセノセ技が使えるようになるぞ!

24

なお、最初からノセノセ技を持っているミラージュも例外としている。

ブリザ、サンダ、イフチーやイフリートなどは、デフォルトの状態で“ノセノセ”技を持っているので、手に入れたら使ってみよう。

910

ノセノセの条件をチェックし、チーム編成をしよう

フェニテットのノセノセ技を改めて確認してみると、“炎ノセノセ4↑”と書いてある。

23

これはノセノセ技が発動する条件となり、意味は“炎属性のミラージュを4体以上ノセノセする”ということ。この場合、チームのなかに、炎属性のミラージュ4体がいないとノセノセが発動できないということになる。

ノセノセ技を習得したら、このように条件を確認することも大事だ。

ノセノセしてみよう

ノセノセを発動させるためには、画面中央にある、ノセノセを発動するためのゲージを増やしていく必要がある。このゲージは、ひとつ溜まると、ひとりノセノセできる。全部溜まると、最大で6人全員でノセノセできるということだ。

フェニテットの場合は、4体以上ノセノセしなければならないので、ゲージは3つ以上溜まっている状態でなければならない。ゲージが溜まったら、フェニテットを長押ししてみよう。

15

すると、ノセノセ発動準備が始まる。この状態で、条件に合っているミラージュをどんどんなぞっていこう。

この場合、条件は“炎属性が4体以上”なので、炎属性のミラージュをなぞっていくと、アビリティの欄がノセノセ技に変化する。

16

このときべつの属性をなぞってしまうと、条件から外れてしまうので注意!

17

なぞって線が出た状態で指を放せば、ノセノセ完了となる。

1821

ノセノセを発動させるためには、ノセノセができるミラージュを探し、アイテムを集めて解放し、条件を満たしてパーティー編成をしなければならないので、手順は多いが、そのかわり強力な技がたくさん用意されているので、ぜひ活用して攻略に役立てよう!

セイヴァー召喚について

セイヴァーとは、歴代『FF』キャラクターのことを指す。本作には“ノセノセ”技のひとつとして、そのセイヴァーを呼び寄せていっしょに戦ってもらう“セイヴァー召喚”というものがある。

セイヴァー召喚は、前述したノセノセと同じ手順で、特定のミラージュのアビリティを解放することで習得することができる。

15Screenshot_2017-12-08-19-50-40

以下に、セイヴァー召喚で登場するセイヴァーをご紹介する。リリース時に実装されているセイヴァ―はライトニングとティーダになるが、今後追加されていくとのことだ。

ライトニング(FFXIII)

ライトニング◆特徴
・行動速度がかなり速い
・範囲攻撃が得意
・強化することでアビリティ発動に必要なAPが少なくなっていく
◆専用アビリティ:エリアブラスト
・光属性物理ダメージ
・前列の敵全員にダメージが入る範囲技
◆ライトニングを召喚できるセイヴァー
★4 グリムニル

ティーダ(FFX)

ティーダ◆特徴
・行動速度が速い
・強化することでさらに攻撃速度が上がる
◆専用アビリティ:スフィアシュート
・氷属性物理ダメージ
・敵単体
◆ティーダを召喚できるセイヴァー
★4 ドラムート

セイヴァーに関しても、該当するミラージュのアビリティを習得することで、強化することができる。

ティーダであれば、行動速度があがったり、ライトニングであれば、強化を進めることでアビリティ発動の際に必要なAPが少なくなっていく。また、ふたりの場合、稀に召喚直後にアビリティを発動することがあるのだが、強化をすることでその発動率が上がる。

セイヴァー召喚ができるミラージュは、レアリティが高いので、なかなか入手できないかもしれないが、難度の高いクエストでは活躍すること間違いなし。入手出来たら、ぜひ強化させて、セイヴァー召喚に挑戦してほしい!

 

ワールド オブ ファイナルファンタジー メリメロ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカースクウェア・エニックス/ドリコム/フォワードワークス
公式サイトhttps://woffmm.jp/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧