1. サイトTOP>
  2. 【新作】トランプを使った斬新なカードゲーム『ウイニングハンド』!野沢雅子さん、千葉繁さんのボイスでテンションマックス!

【新作】トランプを使った斬新なカードゲーム『ウイニングハンド』!野沢雅子さん、千葉繁さんのボイスでテンションマックス!

2017-12-15 21:00 投稿

カードゲーム初心者にもおすすめ!

DMM.com POWERCHORD STUDIOから2017年12月15日に配信された新作スマホアプリ『ウイニングハンド』は、ポーカーの要素が入ったカードバトル。「初心者でもすぐ理解できて、カンタンにプレイできる」ということらしいが、果たしてその仕上がりは?
今回、ひと足先に本作をプレイさせてもらったので、そのゲーム内容をお届けしよう!


まずプレイを始めると、すごろくのマップのようなステージに出る。これが本作のマップであり、ルーレットを回すと、出た数字の分だけマスを進むことができる。マップ上では宝箱やゴールドが手に入るほか、エネミーがいるマスに止まると、バトルステージへ突入する。

クエストクエスト_ルーレット

本作は、このマップを使ったソロモードと、対戦のふたつが大きな軸。対戦はランダムマッチングと、ルームを指定して友だちと遊べるモードもある。

では、注目のバトル部分の説明をしていくぞ!

野沢さん、千葉さんの豪華ボイス!

まずバトルの説明に入る前に、注目すべきポイントとして挙げたいのが、バトル中のボイスに、『ドラゴンボール』シリーズの孫悟空などでおなじみの野沢雅子さんのボイスが使われているところ。誰もが聞いたことある“あの声”で、さまざまな掛け声をかけてくれるので、聞いているだけで、テンションが上がりっぱなしだ!

さらに、曜日クエストには千葉繁さんのボイスが使用されているのだが、なんと出てくる曜日レンジャー7人すべての声をあてたのだという、まさかの1人7役を務めるという豪華さで、これには昭和生まれのプレイヤーもたまらないだろう。

バトルのルールを学ぼう

肝心のバトルのルールは以下のようになる。

◆バトルのルール
・カードの種類はトランプとおなじ53種
・キャラのカードとマジックカードがある
・手札は5枚で、そのうちゲーム開始時には自軍の場には2枚まで出すことができる
・ポーカーの役が揃うと、召喚獣を召喚することができる
・キャラや召喚獣は、出したターンに攻撃できる
・相手プレイヤーのHPをゼロにしたほうが勝ち

本作のバトルはカードゲームに、ポーカーの要素を混ぜたものとなる。トランプとおなじ(A~Kまでの13枚のカードが、ハート、ダイヤ、スペード、クラブそれぞれ4種類ずつと、JOKERの計53枚)カードを操っていくのだ。

多くのカードはキャラが紐づいているキャラ札であり、場に出すことで、キャラが繰り出される。相手も同じようにキャラ札を出してキャラを繰り出してくるので、場に出たキャラ同士で戦う形となる。1ターンに場に出せるキャラは1体まで。

場にキャラが出ていない場合は、プレイヤーに直接ダメージを与えることができる。いちはやく相手プレイヤーのHPを削り、ゼロにしたほうが勝ちだ。

クエストバトル1

キャラには、攻撃と体力の数字がある、攻撃は攻撃、体力はいわゆるHP、スタミナ値を表わす。

たとえば以下だと、こちらのキャラは攻撃力20に対し、体力が5。相手は攻撃力10の体力が5である。

相手を攻撃した際、こちらは、相手の体力5よりも高い攻撃力20を持つため、相手を余裕で倒すことができる。ただし、攻撃した際に相手も反撃するため、攻撃力10ぶんのダメージが加わることになる。こちらの体力も5しかないため、倒されてしまう。

結果、相打ちという形になるのだ。

数字

ポーカーで強力な召喚!

ここまではよくあるカードゲームとおなじルールだが、本作でおもしろいのが、これにポーカーの要素が入ってくることである。ポーカーの役をそろえることで、より強力なキャラを場に出す“召喚”を行うことができるのだ。

◆ポーカーの役一覧
・ワンペア…同じ数字のカードが2枚がある
・ツーペア…ワンペアが2組ある
・スリーカード…同じ数字のカードが3枚がある
・ストレート…連番で5枚そろっている
・フラッシュ…おなじマークが5枚そろっている
・フルハウス…スリーカードとワンペアがある
・フォーカード…同じ数字が4枚ある
・ストレートフラッシュ…おなじマークで、連番5枚がそろっている
・ファイブカード…フォーカード+ジョーカー
・ロイヤルストレートフラッシュ…10,J,Q,K,Aの5枚がすべて同じマークかつ連番

と、役を書いてはみたが、手札に役ができている状態だとカードが光るので、「ポーカーがよく分からない」というユーザーでもご安心。

召喚_召喚獣出現召喚_手札選択

役がよければよいほど、強力な召喚を行うことができるので、そろったからと言って、安易にワンペアを出すというのも考えもの。いつ召喚をするか、というのもポイントとなりそうだ。

また、カードには、キャラのカードのほか、特殊な効果を持つ“マジックカード”というものがある。具体的には2と7と4と9のカードなのだが、それらの役割は以下の通りとなる。

◆マジックカード一覧
・2…手札を捨ててドローできる
・7…召喚獣を一撃で倒せる
・4と9…場に出ているキャラを強化するなど

ひたすらキャラを場に出していくよりも、こういったカードを使って、場に出ているキャラクターたちを大切にしながら戦う、というのも、どうしても一戦が長くなってしまいがちなカードバトルにおいては大切な戦術のひとつである。

バトル_マジックカード7発動
▲7は相手の強い召喚を一撃で仕留めることができる、一発逆転のキモとなりそうだ。

ジョーカータイムでチャンス!

トランプで忘れてはならないのが、ジョーカーの存在。本作のバトルでも、ジョーカーが、デッキにあるすべてのカードに変身することができるキラーカードとなるため、“あと1つあれば役がそろう”という状態で力を発揮する。

さらに、特定のクエストでは、ジョーカーを引いたときに、ランダムで“ジョーカータイム”というものが発生する。これは、裏返されたカードの中から、見事ジョーカーカードを引き当てた場合、さらにもういちどジョーカーが隠されたカードの中からカードを引くことできるというもの。

ジョーカータイムによって、最大7枚ものジョーカーカードを引ける可能性が出るのだ!

ジョーカータイム1ジョーカータイム3

強化、育成要素でより強固に

デフォルトの状態でも53枚のカードが揃っており、チュートリアルでもかなりガッツリ遊ぶことができるのだが、さらにガチャを引くことで、カードをいっそう強いものに変更することができる。

ガチャで出る絵札の場合は、バトルなどで手に入るアイテムを使うことで“覚醒”させ、スキルを解放することができる。このスキルで、同じ種族のキャラ同士でデバフの効果が生まれたり、回復ができたりと、より場を有利にさせるような戦いを行うことができる。

スキル1スキル4

ガチャは1回で5枚引くことができる。10連だと1回分のボーナスがつくため、55枚引くことが可能だ。

ガチャ2_結果ガチャ3_結果

カードごとにキャラが紐づいているため、ダイヤのAだったらダイヤのカードの種類のカードが、2~3体存在する。その中でいちばん強いものを採用する、というのがデッキ編成の基本だ。

とはいえ、引いたカードでデッキを編成しようとしても、何しろ 1デッキは53枚組。初心者はとくに、編成するのも一苦労だろう。

そんなときは、自動的に手持ちの中から強いカードで編成する“サイコー編成”を活用しよう。カードにはコストのようなものはないので、好きなだけ強いカードが入れられるぞ。

デッキ一覧デッキ編成

同じキャラが被った場合は、合成することで“チャンス”というものが上がる。このチャンスをあげることで、クエストで得られる報酬が多くなる。

編成・合成2_札選択編成・合成4_合成確認

また、カードだけでなく、召喚獣も入れ換えることができる。

召喚獣は、開催されるイベントや、ゲリラクエストに出現する召喚獣を倒すことで、獲得できる。

クエスト選択画面ゲリラクエストバトル2

役によって召喚できる召喚獣は決まっており、難しい役ほど召喚獣は強いものが召喚される仕組みではあるが、どうせ同じ役が揃うなら、少しでも強い召喚獣に入れ換えたいところ。

イベントやゲリラクエストで積極的に手に入れよう!

フルハウス召喚獣_ラドンRSフラッシュ召喚獣_ウイニングハンド

以上が、『ウイニングハンド』のおおまかなゲーム内容となっている。

カードゲームとしてはよくあるTCGよりも単純に、とても分かりやすくできているのだが、ポーカーが入ることによって、運要素が多くなってくるため、引きによっては、一気に逆転できるチャンスがあるのがおもしろいところだ。

「カードゲームが得意」という方にももちろん、「カードゲームが苦手」というプレイヤーにもぜひプレイしてもらいたいところ。

▼『ウイニングハンド』動画でもご紹介!

“勇者ヒカキン”がもらえる!

現在、2018年1月31日までにチュートリアルを突破したプレイヤー全員に、以下アイテムがプレゼントされる。

・絵札“勇者ヒカキン”
・召喚獣“ギャラクシーバハムート”
・U族の覚醒1セット
・クリスタル50個

この機会にぜひ、激レア絵札を始めとした豪華特典を受け取ってゲームをスタートしましょう!

1

ウイニングハンド

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
ジャンルカードゲーム
メーカーDMM.com POWERCHORD STUDIO
公式サイトhttps://www.winninghand.jp
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧