1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. モンスターハンター エクスプロア>
  4. 【モンハンエクスプロア攻略】関野P&岡野DにVer7.0大型アップデートインタビューを実施【後編】

【モンハンエクスプロア攻略】関野P&岡野DにVer7.0大型アップデートインタビューを実施【後編】

2017-09-26 14:00 投稿

Ver7.0大型アップデートインタビュー(後編)

『モンスターハンター エクスプロア』(以下『MHXR』)で、2017年9月27日に行われるVer7.0大型アップデートに関するインタビューを実施。後編では、関野亮央プロデューサーと岡野勇樹ディレクターに、アップデートの詳細について伺った。

⇒【インタビュー前半】辻本氏、関野氏、岡野氏に直撃
TN4_2188

●右:関野亮央氏(文中:関野
『MHXR』プロデューサー
●左:岡野勇樹氏(文中:岡野
『MHXR』ディレクター

中距離維持武器のアクセルアックス

――ずばりVer7.0の注目ポイントを教えてください。

関野 Ver7.0の目玉はやはり新武器”アクセルアックス”です! アクセルアックスに惹かれプレイし始めてくれる方はかなり多いと考えています。

TN4_2246

――アクセルアックスの完成度はかなり高いですよね。

岡野 アクセルアックスには高機動と幅広いアクション、ふたつの方針があり、そこは絶対外せないと思っていました。最初は、いろいろな派生の要素を入れてしまっていて……。たとえば遠距離攻撃の砲撃もできてしまう、みたいな(笑)。ただ、「結局何をする武器種なのか?」、「どう遊んでもらいたい武器種なのか?」というコンセプトが、我々の中にありましたので、最終的にシンプルな形にしたんです。

――武器種としてのアクセルアックスのポジションを教えてください。

岡野 基本的にはモンスターに張り付いて、攻撃と離脱をくり返す中距離維持武器ですね。中距離からチャンスをうかがいながら大ダメージを狙うアタッカーです。

離脱
▲一気に距離を詰めるダッシュと、離脱攻撃で一定の距離を保ち続けることができる。

――いままでになかったタイプの武器ですよね。アクセルアックスという名称が決まったのはいつですか?

岡野 名前が決まったのは2017年6月ごろですね。”加速斧”とか”加速爆斧”とか、漢字にするパターンや、”ボンバードトマホーク”のようににアックスの言いかたを別の名称にする案もありました。漢字だとわかりにくいし、”ボンバードトマホーク”は武器種ではなくて、武器の名前に見えしまうなと。アックスは既に2種類あるので名前に使うかは意見が分かれたところではあります。ただ、個性出すのも大事ですが、わかりやすさがいちばん大事なのでアックスに落ち着きました。

――意外と直近なんですね。アクセルアックスの略称は何になると思いますか?

岡野 僕はアクセルを推したいですけど、アクアクとかになったらどうしようとは思っています(笑)。

 TN4_2278

――ちなみに、ナルガクルガ烈水種などの既存モンスターにもアクセルアックスは追加されますか?

岡野 既存モンスターに追加することは、今のところ考えていないですね。ブラキディオス爆氷種以降に出るモンスターでは登場する可能性があります。

関野 ニャン検隊でしか入手できないという状況にはしませんし、操虫棍の実装当初と比較しても早い段階から実用面込で入手手段は多くなる想定です。

――実装時からガンガン使っていけそうで楽しみです。アクセルアックスのアクションやカメラワークでこだわりはありますか?

岡野 カメラワークはかなりこだわって、かっこよくなるように調整しました。特定のアクションでカメラが引きます。カメラアングルの変化は覇玉武器から徐々に導入していまして、覇玉武器のハンマーでしたら角砕きのドンッというところのフォーカスあります。アクセルアックスのアクションやカメラワークには、覇玉武器のノウハウが詰まっています。

――カメラワークにも注目してプレイしたいですね。ジャンプや加速など、アクセルアックスのアクションにおける調整で難しかったところはありますか?

岡野 これまでとは明らかに違う武器種なので大変でした。機動力も高いうえに火力も出せるとなると、もうアクセルアックスだけでいい、となってしまう可能性もありえました。かといって、ちょっと弱めに調整したら逆に「誰が使うの?」となってしまうので、強めではありつつも、いいバランスの調整ができていると思います。

――ちなみにアクセルアックスの特徴のひとつとして、ジャンプアクションがありますよね、操虫棍には追加しないのですか?

岡野 操虫棍のジャンプは、操虫棍が覇玉化するタイミングで検討する予定です。あくまで検討の予定なので、実装するかは現状ではお答えできませんが……。

 ネフ・ガルムド操虫棍
▲Ver5.0で追加された操虫棍。家庭用の『モンハン』シリーズでは、ジャンプアクションが特徴のひとつだった。『MHXR』ではジャンプこそしないが、ド派手な動きが楽しめるアカッターとして人気のある武器種のひとつ。

狩場に影響を与えるブラキディオス爆氷種

――ブラキディオス爆氷種はどんなモンスターでしょう?

岡野 Ver6.4に登場したナルガクルガ烈水種にも言えることなのですが、これまで登場したモンスターの属性と状態異常が違ったモンスターになっています。ブラキディオス爆氷種では氷属性ですが、これまで火属性モンスターしか持っていなかった爆破やられ状態になる攻撃をしてきます。

――では、特殊種2周目のモンスターたちは属性違いの状態異常がコンセプトになっているんですか?

岡野 すべてのモンスターがそうではないですが、他にもそういったモンスターが登場するかもしれませんね。

――特殊種のモンスターとしてブラキディオスを選んだ経緯を教えてください。

岡野 ブラキディオスってかっこよくないですか?(笑)。ほかの理由としては、ブラキディオスには亜種がいないことです。ティガレックスやナルガクルガなど各作品の看板モンスターは、いろいろな種類が登場していますが、ブラキディオスは、あんまり狩猟し尽くした感がないと感じていたので。Ver7.0は大型アップデートなので、やり応えがあるモンスターでいきたいなと。また、アクセルアックスはブラキディオスと相性がいいんですよね。

――狩場に影響を与えるモンスターっていうのも新しいですよね。

岡野 狩場に氷を張るアクションをやろうみたいなのは最初から私の中では決めていました(笑)。モンスター企画するときは私が「これやろう」っていっていろいろ膨らませて考えてもらうパターンと、モンスターの担当からいろんな種類の提案があってっていうパターンなんですけど、ブラキディオス爆氷種に関しては氷上を滑らせるアイデアをベースに、モンスターの担当者に膨らませてもらいました。

ブラキディオス爆氷種_SS
▲ブラキディオス爆氷種は狩場を凍らせ、ハンターの動きを妨害する今までにないモンスター。

いままでにない駆け引きのある十六人衝突戦

――これまでを振り返っていちばん大変だったことを教えてください。

岡野 作業量として単純に大変だったのはVer6.4アップデートですね。過去の大量のクエストの改修が……。

関野 大変だったし、怖かったよね。あれだけの量を一気に改修するのは。内容が決まっていく中で「ソロではこうなって、マルチではこうなります」っていうのを整理するのもかなり骨が折れました 。

岡野 加えてVer6.4の調整をしているタイミングは、Ver7.0の十六人衝突戦などの新要素の調整もしているわけなんですが、十六人衝突戦って単純にプレイする人が16人いないとチェックできないんですよ。そういうのも重なってあの時期は地獄でした (笑)。開発的には十六人討伐戦の開発ですね。16人のハンターを表示するというところは技術的にかなり苦労しました……。ひとつの方法として、レイドボスという考えもあったのですが、それでは『MHXR』ならではの遊びにはならない。当初「16人を物理的に表示できない」という意見も上がってきたのですが「出せる方法を模索してくれ」というやり取りを半年くらい続けて、なんとか表示できるようになりました。

 TN4_2223

――十六人討伐戦は、これまでかなり改修を入れますよね。今後の十六人のコンテンツは基本的に衝突戦になるんですか?

岡野 十六人討伐戦は十六人衝突戦に移行する形になります。

――十六人のコンテンツをガラッと変えようと思ったのはなぜですか?

岡野 いざ16人でのモンスター討伐コンテンツを出すとなったときに、16人でしかできない遊びを出すのがとても難しかったんです。最初に登場した” 暴征翼 クシャルダオラ”は剛咆哮という技を使ってきたり、ガンナーで頭部を破壊しないと接近しにくいなどの仕組みを作ることで役割分担が必要に……などいろいろ工夫はしたのですが。実際には思うようなゲーム設計にできませんでした。

――そういった試行錯誤のうえで生まれたのが十六人衝突戦なんですね

岡野 これまでの経験をもとに、ワイワイ遊べるようなコンテンツを目指しています。いままでの十六人討伐戦は緊張感のある狩猟でしたが、十六人衝突戦はお祭り感を楽しんで遊べるイベントになりました。

関野 十六人討伐戦はロゴも重苦しかったんですよ。『モンハン』らしいとは思っていたのですが、1個ぐらいはカジュアルな要素があったほうがいいよねとは思っていました。実際触らせて遊ばせてもらっているとだいぶパーティー感があるなというのと、気持ち的に楽に参加してのワイワイ感があったので、十六人衝突戦はポップなロゴになりました。

十六人衝突戦ロゴ

――十六人衝突戦ならではの要素にミッションがありますが、調整はかなり難しそうですね

岡野 企画当初はいくつも候補があがっていて、とんでもないものもありました(笑)。チャットやスタンプを押した数が一番多いチームとか(笑)。ずっとスタンプを押している人がいて、「これはダメだ」となってボツになりましたが……。

――少し見てみたい気もしますが……(笑)。

岡野 皆さんにカジュアルなモードで気軽に楽しんでもらいたいので、属性や武器種に制限かけたりすることで、毎回遊びを変えようと思っているんです。ちなみに初回の登場モンスターはリオレウス豪火種です。ペナルティを受けてしまいますが、コンテニューが何度でもできるので、初回から強いモンスターを討伐対象に設定しました 。あとこれまでの十六人討伐戦では飛行しているモンスターを叩き落したら群がって総攻撃というワンパターンだったのですが、十六人衝突戦では逆にほかのプレイヤーをアイテムで邪魔できたり、駆け引きもあり、いままでと違った楽しみ方ができるようになっています。

悠久の島はアップデートで続々追加予定!

――悠久の島について詳しく教えてください。

岡野 新規のプレイヤーさんでも遊べる新機軸の島を出したいと思っていまして、今回悠久の島を追加しました。今回のアップデートでは10個のクエストが登場し、一部属性や武器種の制限があるものもあります。群島の追加はいったんお休みになります。

――次回以降のアップデートでは、悠久の島でのクエストが追加されていくということでしょうか?

岡野 新たな群島を追加するかはまだ要検討ですが、悠久の島は今後どんどんクエストを追加していきます。ちなみに今回のアップデートで追加される悠久の島のクエストで最後に登場するものは、コンテニュー不可でめちゃくちゃ難しくしてあります(笑)。

――配信当時のギルド討伐クエストと比べても難しいですか?

岡野 きついかもしれないですね。装備固定ではないのでさまざまな方法で攻略できるようにはなっています。最後のクエストをクリアーすると、専用称号とキリン装備のアイルーが手に入ります。

――その他細かい調整などはありますか?

関野 チャットスタンプが登場します。これまでの文字チャットに加えて絵でコミュニケーションがとれるようなものですね。好きなものを選んで使えるようにしてあります。今後もコラボのタイミングなどで種類を追加する予定です

岡野 あとは細かい点ですが、距離によるアクションの変化を示すマーカーがアクセルアックスのほか、ランスにも実装されますね。

関野 ほかにも、ライゼクス、ガムート、などソロクエストとマルチクエストに改修が入ります。

 TN4_2319

今後のアップデート方針

――今後の予定を教えてください。

関野 2017年10月5日が2頭狩猟でナルガクルガ希少種とギギネブラが登場、さらに2017年10月10日には第一回の十六人衝突戦が開催されます。11月にVer7.1アップデートがあり、新たな覇玉武器が追加される予定です。

――2017年12月にはアップデートがないのでしょうか?

岡野 2017年11月末のアップデートが2か月分のボリュームになります。きついです(笑)。

関野 まあシーズン的には12月はもう当然、あれとかこれがきますよね(笑)。

――楽しみにしております! それでは最後に、ユーザーに向けコメントをお願いします。

岡野 『MHXR』のディレクターをするにあたって、新しい武器種とオリジナルモンスターのふたつは絶対に出したいという思いがありました。それが達成できたので、今後はほんとに探検が味わえるようなコンテンツが生み出せればいいなと思っています。モンスターや武器種が追加されていくだけでなく、そういった『MHXR』ならではの遊びも追加していく予定ですので、今後はそういうのも楽しみにしていただければなと思います。あと引き続き覇玉もバンバン出していきますよ!

関野 Ver6.4からVer7.0の流れはゲーム環境を整え、しっかりした舞台を用意したうえで、アクセルアックスを提供したいなっていう思いがありました。アクセルアックスはもちろんですが、ゲーム内がかなり遊びやすくなっていますので、初めての方はもちろん、久々にプレイをする方にとっても新たなエクスプロアを感じていただけると思います。全ての皆様にご満足いただけるよう引き続き尽力していきますので、まずはVer7.0でのアクセルアックスを触ってみてください! よろしくお願いいたします。

⇒【インタビュー前半】辻本氏、関野氏、岡野氏に直撃


※チャンネル登録はこちら
★岩田ジュビ漏のTwitter

★タイガー桜井のTwitter

★バサラ佐藤のTwitter

★ボンクラ杉山のTwitter

モンハンwiki

※モンハン エクスプロア公式攻略まとめ

モンスターハンター エクスプロア

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルアクション
メーカーカプコン
公式サイトhttp://www.mh-xr.jp/pc/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧