1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. パズル&ドラゴンズ>
  4. 【パズドラ攻略】“転生アメノウズメ”、“転生クシナダヒメ”、“転生パンドラ”の評価&使い道を考察

【パズドラ攻略】“転生アメノウズメ”、“転生クシナダヒメ”、“転生パンドラ”の評価&使い道を考察

2017-04-26 16:16 投稿

5th
  • パズドラ5周年記念本
  • 木の古老・トーリエ
  • のアーマードロップ付!
  • (パズドラ本編でも使用可)
  • “パズル&ドラゴンズ
  • 5th Anniversary”
  • 好評発売中!
Amazonで買う


転生進化後の使い道は?

“転生アメノウズメ”、“転生クシナダヒメ”、“転生パンドラ”の使い道について考察していく。

転生アメノウズメ

パズドラ_1

リーダー評価:○ サブ評価:○ 総合的な評価:○

【総合的な評価】
最大9倍の高火力。HPにも補正がかかり、低い回復力をスキルで補填可能と火力、耐久力ともに優れたチームが編成可能。サブ候補も豊富でリーダーとして扱いやすい。

サブではスキル/覚醒スキルを活かして火属性列/コンボパなどのバインド回復+火力枠で活躍。高いHPからHP補填目的でも採用できる。

チーム編成例
転生アメノウズメ×転生アメノウズメ

パズドラ_t1

道中は転生アメノウズメのスキルを交互に使い、回復力に倍率をかけて耐久力を上昇させて突破。ボス戦は転生レイラン→転生フレイの順でスキルを使ってボスを一撃で倒そう。コンボ強化持ちを採用しており、7コンボ以上を組んだ際の火力差を少なくしている。

【主な覚醒スキル一覧】
火属性強化×9/スキルブースト×8/火ドロップ強化×8
封印耐性×6/コンボ強化×4

転生クシナダヒメ

パズドラ_2

リーダー評価:○ サブ評価:○ 総合的な評価:○

【総合的な評価】
回復タイプ+5コンボ以上で最大18倍の高火力。さらに回復タイプのみでチームを編成した場合、高HPのチームが編成可能。また、落ちコンしないため、火力調整がしやすくダメージ吸収などに対応しやすい。

サブとしては各属性のコンボパなどのダメージ軽減+コンボ加算枠で採用可能。数少ない木水属性持ちという点を駆使して多色パのサブで扱うのもいい。

チーム編成例
転生クシナダヒメ×転生クシナダヒメ

パズドラ_t2

陣(盤面を指定ドロップに変換すること)持ちを3体採用してコンボ数を稼ぎやすくしている。転生ツクヨミは操作時間減少対策やパズル操作をサポートする目的で選出している。

【主な覚醒スキル一覧】
操作時間延長×12/スキルブースト×9/バインド耐性×8
封印耐性×7/闇ドロップ強化×5

転生パンドラ

パズドラ_3

リーダー評価:○ サブ評価:○ 総合的な評価:○

【総合的な評価】
全パラメーターに補正がかかり、耐久力に優れたチームが組める。しかし、攻撃力にかかる倍率が少し低い。そのため、闇属性強化を大量に積んで十分な火力を確保しよう。

サブではスキル/覚醒スキルを活かして闇属性列/回復の十字消しパなどで変換+火力枠で活躍が見込める。HP量が多く、HP補填目的でも採用も可能だ。

サブで使用する際におすすめのリーダー
闇属性列/回復の十字消しリーダー全般

パズドラ_t3
  • HP量が多く、HP補填目的で採用可能
  • スキルで木→闇に、光→回復に変換+スキル回転率アップ
  • 闇属性強化×4で火力枠として活躍

 

【最近注目の記事】
『パズドラ』エナ降臨が登場!ガンフェス2017北海道会場をリポート
『パズドラ』×『モンスターハンター』コラボが5/1より開催! リオレウスやアマツマガツチなどのイラストが公開
『パズドラ』新ダンジョン“白蛇の地下迷宮”が4/21からのゴールデンウィークイベントで登場
最新版初心者講座やってます
▼月~土毎日更新中! パズドラ情報・攻略まとめ▼
puzzledragons640
【パズドラW攻略まとめ】TOPページへ

大塚角満の熱血パズドラ部 ~本日も斜め移動日和~ バックナンバー

ガンコレh1
  • 火の古老・エルドラ
  • のアーマードロップ付!
  • (パズドラ本編でも使用可)
  • ガンホーのスマホアプリの
  • 情報が満載のムック本
  • ガンコレ
  • 好評発売中!
Amazonで買う

パズル&ドラゴンズ

ジャンル
パズルRPG
メーカー
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
公式サイト
http://pad.gungho.jp/member/index.html
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)
対応機種
iPhone/iPod touch/iPad iOS5.0以降の対応機種、Android OS 2.3以降、Kindle Fire、Kindle Fire HD

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧