1. サイトTOP>
  2. “e-Sports”が正式なメダル種目に! アジアオリンピック評議会主催のアジア大会で2022年正式導入

“e-Sports”が正式なメダル種目に! アジアオリンピック評議会主催のアジア大会で2022年正式導入

2017-04-19 14:19 投稿

“e-Sports”が脚光を浴びる時代が来る!?

2017年4月17日、アジアオリンピック評議会は、中国アリババグループのAlisportsと提携し、4年に1度開催されるスポーツ競技大会“アジア競技大会(※)”の2022年の競技種目において、“e-Sports”を正式なメダル種目とすることを発表した。現状、該当種目となるタイトルは明らかにされていない。

※ アジアオリンピック評議会が主催するアジアの国々のための総合競技大会。通称“アジア大会”。

OCA-Alisports-announce-E-Sports-partnership-for-Ha_66929400019772 (2)

これに伴い、2018年にインドネシアのジャカルタとパレンバンで開催されるアジア競技大会から、e-Sportsの種目が試験的に導入されることも判明。

2017年9月には、屋内格闘技や頭脳スポーツ(囲碁やチェスなど)の競技大会“アジアインドア・マーシャルアーツゲームズにて、『FIFA 2017』やMOBA、RTSのタイトルを使ったe-Sports種目のデモンストレーションも行われるようだ。

OCA-Alisports-announce-E-Sports-partnership-for-Ha_66929400019776 (1)

e-Sports文化が世界的に浸透し始めているなか、ついにアジアオリンピック評議会が正式な競技種目としての検討を始めた様子。“e-Sports”が本格的に脚光を浴びる時代が来る!?

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧