1. サイトTOP>
  2. 【今日の話題】ベイブレーダーに憧れる

【今日の話題】ベイブレーダーに憧れる

2017-03-31 20:00 投稿

【担当者のヒトコト】

野島

ベイブレードを初めて遊んだ。

以前、友人の子ども(小学4年生)がベイブレードにハマっていると聞いていたのだが、
実際にやってみたときの最初の感想は「まあこんなもんだよね」だった。

「だった」という表現からも、この感想はあくまで“過去のもの”だということを強調したい。

なぜなら、現在の感想は「これヤバい!」になっているから。

ベイブレードは、近代版ベーゴマとも言えるもので(若い人はベーゴマのほうが知らないかも)、コマ状の“ベイブレード”をぶつけ合い、さきに倒されたほうが負け、というシンプルなもの。
ただ、すごいのはその戦いぶり。

昔のベーゴマは、その辺にある台を使って遊ぶくらいだが、ベイブレードには専用のスタジアムがある。
自分のベイブレードの評価が一変したのも、まさにこのスタジアムを使って遊んだとき。

何もない場所でベイブレードを回してもベイブレードどうしをぶつけ合わせるのは難しいのだが、柵があるスタジアムを使うことで、ベイブレードどうしの接触率は大幅にアップする。

しかもベイブレードはある程度の衝撃を受けるとガシャン!と部品が飛び散る構造になっているので、アニメでも表現されている“破壊の演出”がリアルに体験できるというわけ。

自分が体験した“デュアルサイクロンスタジアム”には、スイッチを押すとスタジアム中央に並んだ二つの台座が回転し、そこにベイブレードが乗ると激しく衝突するようになっている。

このときの衝突の激しさとベイブレードの弾け飛びっぷりときたら……。

“男の子なら大興奮不可避”と書いても決して言い過ぎではないだろう。

ちょっと欲しくなっちゃった。

【編集者注目の記事】 ※ 最近公開の記事のなかから、気になったものをピックアップ

シャドバフェスTOP

『シャドバ』大型イベントの特設サイトがオープン。こちらの大会もベイブレードの戦いに負けず盛り上がりそうですな。

で、明日はエイプリルフール。今年も各メーカーさんはネタを仕込んでいるのかな?

それでは皆さん、よい週末を。

(ジャスト野島)

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧