1. サイトTOP>
  2. 【新作】“運”が勝敗を左右するシミュレーション『アロット・オブ・ストーリーズ』の危険な魅力

【新作】“運”が勝敗を左右するシミュレーション『アロット・オブ・ストーリーズ』の危険な魅力

2016-12-10 12:00 投稿

混ぜるな危険の匂いがするけど大丈夫!?

フリースタイルより配信中のシミュレーションRPG『アロット・オブ・ストーリーズ』(以下『アロット』)。

unnamed[1]

戦略性を売りにしたゲームは星の数ほど存在するが、“運”をアピールしている作品というのは寡聞にして聞いたことがない。そんな筆者の前に彗星の如く現れたのが本作『アロット』である。そのジャンルはまさかの“戦略と運のシミュレーションバトル”!

▼『アロット』ってどんなゲーム?
衝撃の物語&戦略と運がモノを言うゲーム性に迫る
【攻略】地形効果を知る者がステージを制す!
【攻略】キャラクター育成&武器強化アドバイス
新作RPG『アロット・オブ・ストーリーズ』戦略と運の4人対戦マルチプレイを試してみた

ゲームの見どころ
●メインキャラ7人の重すぎるストーリー
●即死は日常!? 過酷な運命に抗え!
●みんなの妄想が現実になりました

メインキャラ7人の重すぎるストーリー

皆さん、『アロット』は神ゲーでした!

このゲームでは、もうこの評価は揺るがない。これ、神ゲーですから。ストーリーがよければすべてよし。それがRPGってものさ……。実際、ストーリーの有無はゲームの評価を分ける最重要ポイントであろう。システムがおもしろくても、ストーリーの出来がイマイチだと記憶に残らなかったりするから。

それで、肝心の物語なんだけど、これがじつに斬新でね。最初にざっくりと世界観が提示された後は、これといったイベントが発生しない。スマホのRPGにありがちな会話劇すら存在しない。その代わり、メインキャラ7人にそれぞれのストーリーが用意されていて、それをスライド形式の映像作品で楽しむことができる。

その内容がとにかく……。

02
▲重い!!
03
▲痛い!!
04
▲苦しい!!

ここで詳細を語ることは避けるが、7人のメインキャラたちはそれぞれが過酷な運命を向き合うことになる。目を覆いたくなるレベルの苦難がつぎつぎと降りかかり、彼らから笑顔を奪い去っていく。もうプレイヤーも笑ってられないレベルだからね。

だが、それがいい。

というのも、プレイヤーに見せつけられる過酷過ぎるストーリーは基本的に過去の話なので、ゲームスタート時のメインキャラたちはすでに困難を乗り越えた状態ということになる。辛い過去を背負った者が信頼できる仲間と巡り合って、いまはいっしょに戦っている。ときには笑顔も見せる。その事実で筆者の胸はいっぱいです。

そして全員が幸せになってほしいと思わされる。よくキャラに愛着が湧くって表現を見るけれど、愛着を通り越して親心すら芽生えるね、うん。

05
▲この子が幸せになれない世界なんてクソです。最後まで目を逸らさずに見届けて、笑顔を取り戻してあげて!

ちなみに、これらのストーリー映像は無声映画のような仕上がりになっており、非常に味わい深い。セリフがないことで想像の余地が生まれ、プレイヤーの心をグッと引きつけるのだ。公式ホームページから各キャラのストーリー1話を視聴できるので、ぜひともご覧頂きたい。

公式ホームページはこちら

即死は日常!? 過酷な運命に抗え!

本作の基本的な戦闘システムは一般的なターン制シミュレーションRPGに準じたもの。プレイヤーは3体編成のパーティーを組んでダンジョンに挑み、エネミーの全滅を目指す。

06
▲パーティーは1体の“リーダー”と2体の“バディ”によって構成。“リーダー”とは自分で操作するユニットのことで、倒れると即座にゲームオーバー。“バディ”はAIで自動的に動くユニットで、倒れても問題はない。
07
▲死闘の舞台となるダンジョンの広さは7×7マス。広すぎず狭すぎずの絶妙なサイズ感だ。

プレイヤーは“攻撃”、“移動”、各種“スキル”、“移動指示”(AIの移動先を指定できる)という行動パターンで戦っていくわけだが、勝手に動く“バディ”をどう使いこなすかが、バトルを楽しむうえでの分水嶺となっていると感じた。

ユニットごとにAIの性格が違うらしいので、そのあたりを見極めて運用するのもプレイヤーの腕の見せどころ。ちなみに、筆者にはそこまでの腕がなかった(笑)。

シミュレーションRPGの定番である地形効果も用意されているので紹介しておこう。

08
09
▲ユニットの能力値を増減する地形、進軍を阻む地形などさまざまなものがある。ちなみに、これはダウンロード中に閲覧できるヘルプ画面なのだが、効果がイラストで丁寧に解説されている。

有利な地形の奪い合いこそシミュレーションRPGの醍醐味! 相手を無理やり移動させるような“スキル”もあるので、上手に利用して戦いを有利に進めたいものだ。

また、アイテムも戦況を左右する重要な要素。とくに“爆弾”はおもしろいぞ。何がおもしろいって、その殺傷力だよ!

10
▲アイテムの一種である“爆弾”は指定した方向に一直線に飛んでいき、何かにぶつかると爆発する。狙いを定めて……。
11
▲アカーン!!
12
▲みんなも自爆には気を付けよう。最悪の場合、死に至るぞ♪

さて、ここからが本題なのだが……そう、運の要素の話である。それは大きく分けてふたつ。“ドラ”と“サプライズルーレット”だ。

13
▲“ドラ”とはバトル開始どきにランダムに選ばれ、バトルが終わるまで永続的に効果を発揮するものだ。特定の地形効果を高める、特定の武器による攻撃を強化するなどの効果があるぞ。

また、プレイヤーに伏せられたまま秘密裏に効果を発揮する“裏ドラ”も存在する。バトルが終わるまで効果を確認することはできないが、バトル中の挙動を観察して“裏ドラ”の正体を見破ることができれば、その効果を有利に扱うことができるだろう。

続いて“サプライズルーレット”だが、これはバトル中に発生するルーレットの目に応じてさまざまな効果を発揮するというもの。かなり強烈な効果が揃っているぞ。たとえば……。

14
▲バトル中に突然ルーレットが回り出し、“メテオ”という目で停止。いったいなにが起きるんです?
15
16
▲アカーン!!
17
▲ダメージがやばい。

またあるときは……。

18
▲“偉人召喚”という目から怪しげなエネミーが登場。死神を彷彿とさせるビジュアルだが、果たして?
19
20
▲アカーン!!

やっぱり死神じゃねぇか! “偉人”とはいったい。しかし、隕石に比べれば蚊が止まったようなダメージである。死神も大したことないぜ。ははは……。

ご覧の通り、“サプライズルーレット”は突然の死をもたらすこともある恐ろしいものだが、決して理不尽な死を振り撒く類のものではない。これは筆者が対応を誤ったが故の結末である。じつはルーレットで目が決まってから効果が発揮されるまでには2ターンの猶予があり、そのあいだに対処すればなんとかなるものがほとんどなのだ。

たとえば、“メテオ”であれば落下地点が表示されるので、2ターンのあいだに“移動”して範囲から逃げれば済むのである。今回は初見殺しに引っかかってしまったが、大抵の“サプライズルーレット”は冷静に対処すればなんとかなるんだよね。プレイヤーの判断によって乗り越えられるのであれば、それはただの運ゲーではない。いいバランスでした!

ただし死神、君は許さん。コンティニューしても消えないってどういうこと? 2ターンのあいだにできるのはお祈りくらいのものであろう。慈悲はなかった。

みんなの妄想が現実になりました

「シミュレーションRPGで多人数対戦ができたらおもしろいのでは?」

ゲーマーであれば、誰もがそんな妄想をした経験があるのではないだろうか。そう、本作の最大の目玉は4人のプレイヤーで行われるリアルタイムガチ対戦である!

21
22
▲マルチプレイでは4人のプレイヤーが7×7の盤上で対戦。順位は10ターン経過後の撃破数によって決まるので、逃げていては勝つことはできない。

ここでようやく合点がいった。運の要素……つまり“ドラ”と“サプライズルーレット”はマルチプレイを盛り上げるために生まれたのだろう。視野を広げて考えてみれば、大人数で遊ぶボードゲーム、カードゲームには運の要素が付きものではないか!

1 VS 1の戦いに運の要素はかなりきびしい。でも、4人が入り乱れて戦うなら話は別だ。ここまで来るとパーティーゲームに近いからね。殺伐とした真剣勝負の空気が緩和され、「何が起こるかわからない」ことを楽しむ余裕が出てくるってことなのだろう。

つまり、『アロット・オブ・ストーリーズ』は変化に柔軟に対応できるものが勝つゲームなのです!

▼マルチプレイ動画もチェック!

▼『アロット』ってどんなゲーム?
衝撃の物語&戦略と運がモノを言うゲーム性に迫る
【攻略】地形効果を知る者がステージを制す!
【攻略】キャラクター育成&武器強化アドバイス
新作RPG『アロット・オブ・ストーリーズ』戦略と運の4人対戦マルチプレイを試してみた

アロット・オブ・ストーリーズ

ジャンル
RPG
メーカー
フリースタイル
公式サイト
http://a-lot-of-stories.com/top/reservation
配信日
配信中
価格
無料(ゲーム内課金あり)
対応機種
iOS/Android
備考
※開発中の画面を使っております

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧