ヴァルキリーコネクト攻略まとめ

ヴァルキリーコネクト(ヴァルコネ)【ヴァルコネ攻略】じつは重要だった素早さ! スキルゲージ上昇速度や攻撃回数との関係性を検証

ヴァルキリーコネクト(ヴァルコネ)の攻略記事

【ヴァルコネ攻略】じつは重要だった素早さ! スキルゲージ上昇速度や攻撃回数との関係性を検証

2016-12-06 22:10 更新

素早さが高いと得られるメリットを検証!

『ヴァルコネ』のステータスのひとつに素早さという項目がある。

この素早さは、物理攻撃や魔法攻撃などと比べて”高いことで明確なメリット”がわからないのが多くのプレイヤーの認識だろう。

スキルゲージの上昇速度に関係するというウワサもあるが……果たして実際どうなのか、素早さが高いと得られるメリットを検証した。

※2016年12月検証

【素早さ検証まとめ】
・素早さとスキルゲージ上昇速度は関係ない
・素早さが高いほど攻撃回数が増える
・ターン制限のあるスキルの効果時間が短くなる

素早さとスキルゲージ上昇速度は関係ない

まずは、キャラクターの素早さに差ができるようにパーティを構成。素早さによりスキルゲージの上昇速度が速くなるか観察していく。

ここで注目したのがヴォルフガングとバルドル。ヴォルフガングの素早さは2140、バルドルは1094となっている。

vai_素早さ検証
▲ダメージを受けず、ヴォルフガングより素早さの低いバルドルのほうがスキルゲージが早く上昇している。

この結果、スキルゲージの上昇速度に素早さは関係ないことがわかった。

素早さが高いほど攻撃回数が増える

観察を続けていくと、どうやら素早さが高いキャラクターほど攻撃までのスパンが早いことが判明した。どれだけ早いか検証してみる。

検証は、レベル5のマーニ、レベル45のグルヴェイグとヴォルフガングで比較。18-2のボスであるフルングニルを倒すまでの45秒間の攻撃回数をカウントした。

その結果が以下。

素早さ攻撃回数攻撃速度
マーニ1968回5.6秒/1回
グルヴェイグ12459回5秒/1回
ヴォルフガング214011回4秒/1回
 vai_素早さ検証1
▲素早さの大きく異なる3キャラを比較。

この検証により、素早さが高いほど攻撃回数が増えることが判明した。

ターン制限のあるスキルの効果時間が短くなる

素早さが高いと攻撃回数が増える=ターンの経過が早い? ということなのか。

ターン制限があるスキル効果にどう影響するのか続けて検証してみた。

val_装備_アルマシールドアルマシールド
スキル:シールド
物理ダメージにシールド10%×2ターン

 

 vai_素早さ検証2
▲確率で発動する装備スキル。2ターンのみ有効なシールド。
 vai_素早さ検証3
▲攻撃を2回行うとシールドは消滅。攻撃のスパンが短い分、発動した時間もほかのキャラクターより短くなる。

攻撃回数=ターン数となるため、ヴォルフガングがアルマシールドのスキルを発動したとき、攻撃2回分の8秒間しか効果を得られない。スキルによっては素早さが高いことで効果が減少してしまうことがあることが判明した。

素早さが高いメリットとデメリットまとめ

今回の検証の総括として判明した素早さが高いことによるメリットとデメリットをまとめる。

メリット
攻撃回数が増え、敵に与える総ダメージが増える

デメリット
経過するターンが早くなり、ターン制限のあるスキルの効果が減少することがある

ターン制限のあるスキルの中でも、シールドなど防御系のスキルは素早さが高いキャラクターに装備させると効果が減少する。一方で、永続の攻撃力アップなどのスキルだと、攻撃回数が増えることでより多くの恩恵を受けられる。

以上、素早さは装備を考えるうえで重要な要素になりうることが判明した。

素早さが高いキャラクターの装備ポイント
・ターン制限のある防御系スキルは相性×
・攻撃回数をさらに増やす素早さアップの装備は効果的
・攻撃力を高める装備やスキルを中心にして総ダメージを増やす
素早さが低いキャラクターの装備ポイント
・盾となる前衛のキャラクターは素早さを上げず、防御系スキルの持続時間を増やす
・攻撃力の高いキャラクターは素早さを上昇させて攻撃回数を増やす

人気のランキング記事

合わせて読みたい攻略記事

ダイヤガチャを使わない星3強装備入手術

キャラ・装備強化で失敗しないためのポイント
プレイヤーレベルの効率的な上げかた

近距離タイプの育成おすすめキャラ
中距離タイプの育成おすすめキャラ
遠距離タイプの育成おすすめキャラ

マナガチャ産のアタリ装備

『ヴァルコネ』動画やってます

【ヴァルコネ攻略まとめトップ】

ピックアップ 一覧を見る