1. サイトTOP>
  2. スマホ新作『信長の野望』やNintendo Switch版の情報も!“歴史シミュレーションゲームの日”ニコ生まとめ

スマホ新作『信長の野望』やNintendo Switch版の情報も!“歴史シミュレーションゲームの日”ニコ生まとめ

2016-10-27 22:16 投稿

10月26日は歴史シミュレーションゲームの日!

2016年10月27日18時30分より放送されたコーエーテクモゲームス公式ニコ生“「歴史シミュレーションゲームの日」記念特番”。同社のゼネラルプロデューサー、シブサワ・コウ氏らが出演し、35周年を振り返るトークセッションや今後発売されるタイトルの紹介を行った。

 歴史SLGの日

ここからは、トークセッションの模様と、放送内で公開された『信長の野望 ~俺たちの戦国~』などの情報をお届けする。

シブサワ・コウ氏が35年をふり返る!

番組にはコーエーテクモゲームスゼネラルプロデューサー、シブサワ・コウ氏が出演。生放送の本格的な出演はこれが初めてとのこと。

シブサワ・コウ

またゲストとして、カドカワ株式会社取締役・ファミ通グループ代表・浜村弘一も登場。歴史シミュレーションゲーム35周年を花束で祝福した。

 お花

歴史シミュレーションゲームの第一歩!

最初のトークテーマはPC黎明期1981年に発売された歴史シミュレーションゲームの第1作、『川中島の合戦』。制作当時のエピソードが語られた。

 川中島
▲メディアはなんとカセットテープ。このソフト自体は今でも動くという。
 川中島ゲーム画面
▲実際のゲーム画面。浜村も当時遊んでいたとのこと。

トークの中ではシブサワ・コウ氏が大学生時代にレコードを出していたことも判明!

MZ80C
▲一番左がレコードジャケット。中央の写真は1980年当時のシブサワ・コウ氏。右は当時使用していたPC、MZ80C。

歴史三部作を語る

続いて話題は歴史三部作に。

歴史三部作

『信長の野望』

現在も続く長寿シリーズの第一作目。シブサワ・コウ氏いわく「川中島の反響がよく、戦闘以外の要素もあるゲームとして信長を作った。司馬遼太郎の小説の影響を受けている」とのこと。浜村は「寝ても起きてもゲームの大学時代だった」と当時を振り返った。

『三国志』

続いては同じく大人気シリーズの『三国志』。「武将たちの人間ドラマを盛り込んだ」とシブサワ・コウ氏。「編集部の人間を武将でたとえたり能力値をつけたりしていた」と浜村も当時のエピーソードを披露。

『蒼き狼と白き牝鹿』

モンゴル帝国を舞台にしたこのタイトルでは、“オルド”という、子をもうけるためのコマンドが話題に。シブサワ・コウ氏は「オルドが一番好きなコマンド。ルンルン気分でプログラムしていた」と語る一方、浜村も「たくさんオルドした。編集部で後ろで誰かが見ていると恥ずかしくてオルドできなかった(笑)」と思い出を語った。

シブサワ・コウ2

ほかにもさまざまなタイトルを見ていき、シブサワ・コウ氏は「歴史のifを楽しみながら、自分で自分だけの歴史を作れるのが歴史シミュレーションの醍醐味」と、35年を振り返った。

浜村は「誰しも自分の好きな武将や国があるし、毎回違うドラマが生まれる。だからくり返しプレイできる」と、変わらぬシリーズの魅力を語った。

記念ケーキ登場&サプライズ発表!

35周年を記念し、武田信玄と上杉謙信の描かれたケーキが登場。日本刀でのケーキ入刀が行われた。

 ケーキ
ケーキ入刀

シブサワ・コウ氏は「35周年を迎え、嬉しさと感謝の気持ちでいっぱい。これからも歴史シミュレーションシリーズだけでなく、新鮮で喜んでもらえるゲームを作っていきたい」とこれからの豊富を語った。

 サプライズ1

シブサワ・コウ氏は最後に、なんと『信長の野望』Nintendo Switch版の制作を発表! Nintendo Switchのタイトルが世界で初めて発表されるという、特大のサプライズに浜村もびっくりだった。

『川中島の合戦』関連イベント続々開催!

続く“シブサワ・コウ35周年コーナー”では、『信長の野望 ~俺たちの戦国~』プロデューサーの藤重和博氏が登場。現在サービス中の『信長の野望』シリーズにて、『川中島の合戦』にちなんだイベントが開催されることが発表された。

 藤重和博氏

まずは『信長の野望』シリーズを皮切りに、今後『三国志』シリーズや『ウイニングポスト』シリーズなどでもさまざまな施策を行っていくという。

『信長の野望201X』

 信長の野望201x
▲武将プレゼントと記念ガチャを開催。甲信越地方の武将がドロップ率1.5倍になるなどの施策も行われるとのこと。

『信長の野望Online』

ノブオン
▲プレゼントや各種キャンペーンが11月16日より開催。

『モバノブ 信長の野望』

モバノブ
▲期間中、ログインボーナスで35周年記念ガチャチケットが手に入る。そのほかにもいろいろな特典を用意しているとのこと。

『100万人の信長の野望』

100万人の信長
▲すでに280万人近くがプレイしている『100万人の信長の野望』では、川中島の雰囲気を味わえるログインプレゼントやシーズン記念ガチャを開催予定。

『信長の野望 ~俺たちの戦国~』

コーナーの最後には、事前登録受付中のスマホアプリ『信長の野望 ~俺たちの戦国~』も紹介された。

最大100名
描き下ろし武将
 合戦サイン
▲合戦中にコミュニケーションが取れる合戦サインはボイス付き。番組中にオファーが出て、司会の歴史アイドル、小日向えりも声優として参加することが決定した。
 事前登録
▲事前登録は本日3万人を突破したと発表。

また本作のリリース時期について、藤重氏より「冬休みには遊べるようそれまでにリリースする」との発言が飛び出した。スマホで新たな『信長の野望』が遊べる日は近い!

信長の野望 〜俺たちの戦国〜

ジャンル
戦国シミュレーション
メーカー
コーエーテクモゲームス
配信日
2016年配信予定
対応機種
iPhone、Android
備考
※プラットフォームはMobage

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧