1. サイトTOP>
  2. アソビズム長野ブランチから配信されたARアプリ『zecOO(ゼクー)』で大型バイクに乗ってみた

アソビズム長野ブランチから配信されたARアプリ『zecOO(ゼクー)』で大型バイクに乗ってみた

2016-07-04 21:15 投稿

大型電動バイクが目の前に

おなじみ『ドラゴンポーカー』や『城とドラゴン』を配信するアソビズム。同社の長野支社、長野ブランチが2016年7月4日よりARアプリ『zecOO(ゼクー)』の配信を開始した。また、本アプリを使ったキャンペーンも開催されている(詳細は後述)。

160704_zecOO_ARアプリ配信開始

本アプリのキャッチフレーズは、

“俺のzecOO”が目の前に!!

……と、言われましても。

「そもそも“zecOO”ってなんぞ?」という読者は多いはず。

というわけで、こちらが本物のzecOO。

160704_zecOO_ARアプリ配信開始2

zecOOとは、全世界49台限定生産の日本製ハンドメイド大型電動バイクのこと。お値段は税抜888万円。AT普通自動二輪免許(中型二輪免許)で乗車可能で、最高速度は160km/h。

トヨタ自動車を経て、znug design(ツナグデザイン)を設立したデザイナー、根津孝太氏のプランニング・デザインによって開発されたもの。

アソビズムの代表取締役大手氏がこのバイクに惚れ込んだゆえか、なんとARを使って好きな場所でzecOOと写真を撮影できるアプリが爆誕したのである。

撮影してみた

これを知った記者は、さっそくこのARアプリ『zecOO』を使って、“俺のzecOO”を撮影してみる。

まずはこちら。

zecOOIMG_9029

デスクの上に乗った、ミニチュアのzecOOがかわいい。

zecOOIMG_9031

カフェのテーブルに乗せてみた。

ううむ、もっとなんかやりたくなってきた。

ということで、

zecOOIMG_9035

廊下に(笑)。デカい。

zecOOIMG_9036

公道を走らせみた。サイズ感(笑)。

そして、もうガマンできんっ!

zecOOIMG_9038

乗る!!(笑)

そして、最後はzecOOを横にスカしてみる。

zecOOIMG_9040

カスタマイズも可能

いやあ、楽しい。さらに、このARアプリ『zecOO』は、カスタマイズ機能を使って、ホイールやフレームの色、サイドパネルのデザインなどを変更可能。

IMG_9043IMG_9044
▲『城とドラゴン』のキャラも!

また、撮影した写真は、ギャラリー機能を使った閲覧のほか、TwitterやFacebookなどに簡単に投稿可能で、現在、アプリを使って撮影した“俺のzecOO”写真をTwitterに投稿するだけで参加できるキャンペーンを実施中。

キャンペーンの概要は以下の通り。

キャンペーン概要

アプリを使って撮影、投稿された写真の中から審査員が大賞、2位、3位を決定。受賞者には賞品が贈られる。

【大賞(1名)】
zecOO実物サイドパネル+amazonギフト券1万円分

160704_zecOO_ARアプリ配信開3始

※デザインは変わる可能性があります

【2位(1名)】
amazonギフト券5000円

【3位(5名)】
amazonギフト券1000円

開催期間
7月11日~7月25日

参加手順

1:『zecOO』アプリをダウンロード
2:オリジナルデザインのzecOOをアプリで撮影
3:zecOOアプリキャンペーンTwitterアカウント(@zecOO_app)をフォロー
4:ハッシュタグ (#俺のゼクー)をつけてTwitterに撮影した写真を投稿

※当選者の発表は8月5日。8月8日より順次プレゼント発送。

キャンペーン特設サイトはこちら

ぜひ『zecOO(ゼクー)』を使って、楽しんでみてください。

zecOO

メーカー
アソビズム
配信日
配信中
価格
無料
対応機種
Android 5.0以降推奨、iPhone5S以降推奨

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧