1. サイトTOP>
  2. 【新作】アクションRPG『太極パンダ』 このタイトルに惹かれたパンダ好きの男は何を感じた?

【新作】アクションRPG『太極パンダ』 このタイトルに惹かれたパンダ好きの男は何を感じた?

2016-07-01 10:00 投稿

パンダがたくさん出てくるアクションRPGなのかい!?

太極パンダ_ロゴ

『太極パンダ -PHANTOM HEROES-』は東洋ファンタジー系の世界観が魅力のアクションRPG。とくにイベントシーンのカメラワークには目を見張るものがあり、臨場感はなかなか。

太極パンダ_ムービー_01
▲ファンタジーと聞くと西洋風をイメージしがちだが、本作の世界観は東洋風。とくに中華の匂いを感じさせる。
太極パンダ_ムービー_02
▲主人公はもちろんパンダ!

当初、筆者はタイトルから以下のようなストーリーを想像していた。

第1章:太極パンダの誕生
世界には2種類のパンダ族が存在した。一方は善の心を持つ白パンダ(シロクマではない)。もう一方は悪の心を持つ黒パンダ(クマではない)。両者はお互いを忌み嫌っていたが、あるとき1頭の黒パンダが白パンダに恋をしてしまう。里を追われた彼らは秘境でひっそりと暮らし始め、やがて子を成した。善悪の心を併せ持つ太極パンダの誕生である。

第2章:太極パンダの旅立ち
両親の愛情を一身に受けて育った太極パンダだが、里に降りれば「呪われた子」と石を投げられる日々。以来、太極パンダは自らの毛並みを恨み、荒んだ生活を送るようになってしまった。しかし、そんな太極パンダの前に灰色の毛を持つ謎の老パンダが現れ、手を差し伸べる。「太極パンダよ、お前はふたつの種族を結びつける架け橋となれ」

(以上、全て筆者の妄想です)

人種差別問題にまで踏み込むとは、かなり挑戦的な作品ではないか。そう思い込んで遊び始めたわけだが……。

太極パンダ_主人公_01
太極パンダ_主人公_02
太極パンダ_主人公_03
▲あれ? 主人公、3人いるんだけど……。

この中からひとりを選ぶの? パンダじゃなくてもいいの? え? タイトルなんだっけ?……うん、オープニングムービーの段階からうすうす勘付いていたさ。

このゲーム、パンダほとんど出ないってな!!

主人公はパンダ、仲間もパンダ、敵もパンダという状況を覚悟していたのだが、まさか人型のキャラクターの方が圧倒的に多いとは思わなかった。まぁ、主人公がパンダなら、ほかにパンダが出てこなくても問題なしか。

『トルネコの大冒険』だってトルネコ1頭しか出ないし!(錯乱状態)

ゲームの見どころ
●オーソドックスだけどパンダ要素も?
●パンダはいずこ? まさかの主人公チェンジ
●スペシャル戦には共闘、対戦もあり!

オーソドックスだけどパンダ要素も?

本作はオーソドックスなアクションRPG。画面の左側で指をスライドさせるとバーチャルパッドが出現して移動が可能。攻撃とスキルの発動は画面右下のアイコンから行う。

太極パンダ_バトル_01
▲緊急回避はなく、バーチャルパッドによる移動で攻撃を回避しなければならない。敵の攻撃範囲が赤く表示されたら、すぐに範囲外へ脱出しよう。
太極パンダ_バトル_02
▲攻撃のターゲッティングは自動。バシバシとアイコンをタップするだけで簡単に攻撃を当てられる。ただ、狙いたい敵に攻撃できないことも(苦笑)。

なお、スキルを発動するにはMPが必要で、クールタイムも発生する。無駄打ちは厳禁だ。

ゲームは基本的にクエストの受注、ターゲットの撃破、手に入れた資源を利用してのキャラクター強化を軸に進むが、比較的安全な採取系クエストも存在している。

太極パンダ_採取_01
▲草をむしるパンダ。戦うばかりがクエストではない。

「俺はアクションが遊びたいんだ、探索や採取なんてやってらんねー!」という人もご安心を。本作はオート機能が充実していて、これを活用すれば自動的に目的地まで移動してくれる。戦闘もオートにできるので、テレビを見ながら片手間にプレイなんてことも可能だ。

とはいえ、画面から完全に目を離すのはオススメしない。会話やイベントシーンも豊富なので、その辺りもしっかりと楽しんでほしい。

序盤のイベントシーンをネタバレにならない程度に抜粋してみよう。

太極パンダ_イベント_01
▲筆者は主人公として迷わずパンダを選択した。これなら本格パンダゲームっぽく見えるからな!
太極パンダ_イベント_02
▲パンダ、パンダと出会うの図。パンダが出ないパンダゲームという切り口で書こうと思った矢先に出てきやがって! それにしても「見かけない顔」ってギャグか? ギャグなのか?
太極パンダ_イベント_03
▲ドラゴンの背中で戦うシーンもあり。ん? 主人公のパンダがいないって? ふふふ……。

パンダはいずこ? まさかの主人公チェンジ

本作の最大の特徴は、何と言ってもキャラチェンジ機能であろう。この手のゲームでは最初に選んだキャラやジョブで固定されてしまうことが多いが、『太極パンダ -PHANTOM HEROES-』は一味違う。ゲーム中のイベントやガチャでキャラクターの欠片を一定数集めると、新たな操作キャラクターが加わるのだ。

太極パンダ_キャラ_01
太極パンダ_キャラ_02
▲新たなキャラクターを入手! ステータスや装備可能な武具、スキル構成までまったく違うので、新鮮な感覚で遊べるぞ。
太極パンダ_キャラ_03
▲欠片を集めて扱いやすいキャラクターを探してみよう。パンダではない、クレハ、イザナギといった主人公キャラの欠片も存在する。

また、自分で操作するキャラクター以外にサポートメンバーをダンジョンに同行させることもできる。サポートメンバーは自動的に動いて戦闘をアシストしてくれるぞ。キャラの組み合わせによっては絆効果が発生してステータスが強化されるので、その組み合わせを模索するのも楽しみのひとつ。

太極パンダ_キャラ一覧
太極パンダ_サポートスキル
▲アシストキャラが奥義を習得している場合、サポートスキルとして発動することも可能。奥義は強力なものばかりだが、クールタイムが長いのでここぞというタイミングで使用しよう。

ちなみに、操作キャラとして設定したキャラクターがイベントシーンに登場する。もし最初に選んだ主人公が気に入らなければ、変えてしまうのもありだ。

太極パンダ_イケメン
▲手前が主人公のイアフ君。ルックスもイケメンだ。パンダ? 誰ですそいつは?

スペシャル戦には共闘、対戦もあり!

本作には12種類のスペシャル戦(特殊ルールでのイベント戦)が用意されており、プレイヤーのランクに応じて遊びの幅がどんどん増えていく。

太極パンダ_スペシャル戦_01
太極パンダ_スペシャル戦_02
▲ソロで参加できるものからマルチプレイが前提のモノまでルールはさまざま。時間限定のイベントも多い。

ランク20までに遊べる要素はひと通り触れてみたが、とくに熱かったのは“秘宝探索”。フィールドを探索して秘宝を持ち帰ればクリアなんだけど、イベント中は他プレイヤーへの攻撃が可能で、秘宝を奪い取ることができるんだよね。言ってしまえばPvPの派生なのだが、PK気分を楽しむことができるってわけ。

太極パンダ_ギルド
▲定番のギルドシステムもあり。ギルドに参加しなければ利用できない要素もあるので、ランク20に達したらぜひ加入を。メンバーとのチャットも可能だぞ。

いろいろなモードが用意されていて、じっくり楽しめるのが『太極パンダ -PHANTOM HEROES-』のいいところ。

でもね……パンダ好きとしては、やっぱりもっとパンダ要素が欲しいよ! 『太極パンダ -PHANTOM HEROES-』なんていうタイトルから、勝手にパンダだらけの楽園を想像してしまった自分がいけないのかなあ。

パンダ好きな人のためのパンダ好きな人によるパンダまみれになれるゲームがあってもいいと思うな! パンダをガリガリ無双するゲームでもいいんやで!?

動画でも新作紹介しています

気に入ったものがあったら更新
角満&中目黒のこれ、知ってる?


毎日更新午後3時
に更新中

編集長!これ、どうでしょう!?


YouTubeチャンネル登録して動画をいち早く見よう!

ファミ通AppのTwitterをフォロー

太極パンダ -PHANTOM HEROES-

ジャンル
アクションRPG
メーカー
Snail Games
配信日
配信中
価格
無料(アイテム課金あり)
対応機種
iOS 6.0 以上 / Android 2.3.3 以上

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧