1. サイトTOP>
  2. 【新作】武器は剣ではなくマシンガン!? ドット絵キャラがバトる『いまどき勇者と8ビット魔王』

【新作】武器は剣ではなくマシンガン!? ドット絵キャラがバトる『いまどき勇者と8ビット魔王』

2016-04-26 11:00 投稿

復活した大魔王の復讐は叶うのか!?

タイトルからして何やらおかしな気配が漂っている、『いまどき勇者と8ビット魔王』

そんな本作のプロローグはこうだ。

死闘の末、大魔王を打ち破った勇者たちがいた。そして月日は流れ、時代の近代化が進んだ数千年後……勇者の末裔を倒すため、大魔王が復活。全勢力をもって復讐しようと立ち上がるのだけど、そこにいたのは剣や魔法を捨て、近代兵器で身を固めた勇者ご一行だった。

……近代兵器ですと!?

ph01

 

ゲームの見どころ
●近代兵器で爽快フルボッコバトル
●再スタートで勇者軍をチクチク強化
●SNS“LIME”でのおもしろやりとり

近代兵器で爽快フルボッコバトル

冒険を始めて最初に持つのがひのきのぼうとか、ラスボスを討つには伝説の武具が必要で集めなきゃいけないなんて昔の話。いまどきの勇者様が握りしめるのは、なんとマシンガン! 勇ましく剣を構える立ち姿なんて、このゲームにはありません

ph02書き込み

本作のジャンルはクリッカー系のRPG。連続して画面をタップすると攻撃速度が増し、気持ちいいくらいのダメージを与えられる。

また、稼いだお金を使って冒険をともにする武器(相棒)をアンロック。さまざまな近代兵器を強化しながら迫りくる魔王軍を倒していくのだが、この武器のラインアップがじつにエグい。ベレッタやR.P.Gはまだしも(?)、レーザーガンやパワードスーツ、10連ロケットランチャーや戦車まで!

ph03書き込みph04書き込み
▲某大怪獣映画的な構図。そのうちメカ大魔王とか出てこない?

数千年ぶりに復活し、復讐しようと思ったら世界は近代化。時代に取り残された魔王はそれだけで劣勢なのに、ゲームの特性上、魔王軍はいっさい反撃できない悲しい構図……ドラゴンさん、ブレスとか吹いてもいいんですよ。

【『いまどき勇者と8ビット魔王』お試しプレイ】

再スタートで勇者軍をチクチク強化

倒した敵が落とすゴールドを使用することで、勇者のレベルアップや仲間の増員&武器強化が可能。資金が足りていれば、一気に10段階ぶんの強化を行うこともできる。

クリスタルを使用しての強化では、敵が落とすゴールドの量や獲得できるクリスタルを増やすといった項目も存在する。これらはキャラクターの強さに直接関わらないが、前述の通り育成にはゴールドが不可欠なため、取得量を増やしておけば結果的に勇者軍の成長を早めてくれるのだ。

ph06書き込みph07書き込み

また、30分に一度使えるフィーバータイム中はクリティカル率や攻撃スピードが上がるほか、獲得金額もアップ。積極的に活用しよう。

ph05書き込み

さらに注目すべきは“タイムマシーン”機能。この機能を使うとクリスタルで強化したものを引き継ぎ、最初からリスタートできる。つまり、基礎ステータスの底上げをくり返すことで、とことん強い勇者軍を構築できるシステムになっているのだ。

ph08書き込み

なお、ゲームを放置している時間(最大30分)に応じて王からお金が支給される。その額はゲームの進行度によって増していくようで、忙しい人にとってはこれがなかなか侮れない。

そこで筆者は、スマホ側で30分間のタイマーをセット。プレイできない時間帯でも、そのお金だけは回収してお小遣い稼ぎを徹底していたのだよ。これはけっこうオススメ!

ph09書き込みph10書き込み

SNS“LIME”でのおもしろやりとり

さて、ドラマパートも覗いてみよう。大魔王は数千年のジェネレーションギャップにとまどうばかり。それも無理もない。

なぜなら、勇者はもちろん、王だってすっかりいまどきのおじいちゃん。王と勇者との会話はすべてSNSだし、その機能をまぁよく使いこなしているのだ。

そんでもって、かなりチャラい! 勇者があきれるほどにチャラい!!

ここは思い切って、王と勇者のSNS上のやりとりをペロッと流出させちゃうぞ。

ph11ph12
ph13ph14

いかがだっただろうか?

勇者が剣を、王が威厳を捨てた近代。
純粋に復讐を誓っていた大魔王のほうが健気で愛着が湧いてくる。

時代遅れの大魔王といまどきの勇者&王。彼らの戦いはどんな結末を迎えるのか。これは気になる……!

 ph15書き込み

P.N.深津庵
深津庵のTwitterはこちら

いまどき勇者と8ビット魔王

ジャンル
クリッカーRPG
メーカー
THE AGE
配信日
配信中
価格
無料(ゲーム内課金あり)
対応機種
iOS/Android

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧