1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス>
  4. 【FFBE攻略】“時間を盗む”や“マーシーストローク”などシーフの固有アビリティを検証してみた

【FFBE攻略】“時間を盗む”や“マーシーストローク”などシーフの固有アビリティを検証してみた

2016-03-18 17:09 投稿

盗みのスペシャリスト

スクウェア・エニックスから配信中の『ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス』(以下、『FFBE』)。3月17日(木)に期間限定でレア召喚に『クリスタル・ディフェンダーズ』より3体の新キャラクターが追加された。

今回は、その中に1人であるシーフのアビリティの時間を盗むマーシーストローク、リミットバーストのみかわしなどの性能を検証してみた。

※シーフの評価とステータス
※曲芸士、フェンサー、シーフの評価まとめ

シーフの特徴
・敵1体に3回攻撃ができる
・敵1体にストップの状態異常を付与できる
・リミットバーストで1ターンの間、味方全体への攻撃を3回防ぐことができる

ステータス

ステータスは、同じ“盗む”系のアビリティを覚えるロックジタンなどに近しいところもあり、同時に追加された曲芸士には魔力しか勝っていない。装備種も大差は無いが、が装備可能なのは大きく、エンハンスソードを持てる点では曲芸士よりも扱いやすい。

軽盾重盾も装備できず、防御面にも難があるため、パーティの守備役などでフォローしてあげよう。

注目のアビリティ

時間を盗む
敵1体にストップの状態異常をかけることができるアビリティ。ストップは確定ではなく、ダメージも無いので失敗してしまうと何も起こらない。

ストップの状態異常を扱えるキャラは非常に少なく、アビリティで連発ができるのはシーフが初となる。検証の結果、ストップにかかった敵は3ターン全く身動きがとれないということがわかった。敵が動かないのが3ターンなため、シーフ時間を盗むをしたターンを含めると自分達は4ターン自由に行動できることとなる。非常に強力な状態異常だ。

しかし、ボスなどには効かないことも多く、ライブラでストップの情報が出てこないため、少々厄介ではある。簡単にわからないからこそ可能性を秘めている状態異常ともいえる。

マーシーストローク
敵1体にダメージ+攻撃ダウンを行うアビリティ。説明文はパワーブレイクと同じだが、MP消費が異なるため、どの程度のものか被ダメージで検証してみた。

結果を見てのとおり、フルブレイクと同じ倍率ということがわかった。敵の攻撃のみを下げたいときには有効だ。

パワーブレイクフルブレイクマーシーストローク

▲スノウがゴーレムの挑発を使い、ねむれるししの攻撃を受けてもらい検証をした。スノウは月の腕輪と光の腕輪を装備していたので防御と精神が上がっている。

◆リミットバースト“みかわし”
1ターンの間、パーティー全体が物理攻撃を3回回避できるといったもの。ぶんしんの効果を1ターンだけ全員が使えるといった感じだ。

敵の魔法は回避できず、回避効果も1ターンのみであるため扱いづらいが難点。しかし、敵の強力な単体攻撃などに合わせて発動することによりパーティ全体が無敵状態になれることがあり、使いどころさえ見極めれば強力なリミットバーストとなるだろう。

▲リミットバースの“みかわし”は、アンテノラの“暴走”、2ヘッドドラゴンの“ときはなつ”などに合わせることでボスの強力な攻撃をやりすごすことができる可能性がある。

トリプルアタック
敵1体に対して3回攻撃を行うアビリティ。性能的にはアグリアス乱命割殺打から混乱効果を無くしたものに近い。シーフの中でも最も扱いやすい攻撃アビリティといっても過言ではなく、これのお陰で火力要因としての採用も検討してよいだろう。

オーラを盗むHPを盗むMPを盗む
固有アビリティの“盗む”系ではあるが、オーラを盗むデスペルHPを盗むドレイン剣MPを盗むアスピルに似た性能となっている。

オーラを盗むは、敵のステータス上昇を盗んで、自信のステータスを上昇することはできないので注意。“盗む”というより“消す”という言葉のほうがしっくりくるかもしれない。

シーフは使えるのか

マーシーストロークより便利なフルブレイクトリプルアタックに混乱が付いた乱命割殺打があり、ステータス面や装備武器種においても全体的にアグリアスに劣ってしまっている。しかし、トリプルアタックは単体に強いのは間違い無く、物理攻撃役が少ないと感じている場合には採用できる性能となっている。

また、なんといっても固有アビリティ時間を盗むの可能性は無限大。アグリアスのリミットバーストでストップの状態異常にもできるが、アビリティとリミットバーストでは発動頻度が段違い。ストップが有効な敵には、1ターン目からストップ状態にしてノーダメージ勝利なども夢ではない。リミットバーストのみかわしもあるので、使いどころさえ見極めれば活躍できるぞ!

シーフのまとめ

時間を盗むは、3ターンの間敵の行動を停止

マーシーストロークの攻撃低下はフルブレイクと同じ倍率

・リミットバーストの“みかわし”は、1ターン敵の物理攻撃のみを3回回避

トリプルアタックにより物理アタッカーとして運用可能

時間を盗む、“みかわし”が有効な敵には活躍が期待できる!

【関連記事】
※ “パンドラBOX”や“大玉ころがし”など曲芸士の固有アビリティを検証してみた
※“剣の名手”や”ブルーパッション”などフェンサーの固有アビリティを検証してみた

(Text/蒼井まむる)

(※本文中のデータはすべて編集部の独自調べによるものです。)

ファイナルファンタジー ブレイブエクスヴィアス概要

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカースクウェア・エニックス
公式サイトhttp://www.jp.square-enix.com/FFBE/
配信日配信中

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧