1. サイトTOP>
  2. 【闘会議2016】コナミブースでパワプロ部VS高田JAPAN&サクセスチャレンジ決勝戦!

【闘会議2016】コナミブースでパワプロ部VS高田JAPAN&サクセスチャレンジ決勝戦!

2016-01-31 23:55 投稿

『パワプロ』対決の勝者を予想してアイテムゲット!

2016年1月31日、千葉県幕張メッセで開催された闘会議2016。コナミブースにて行われた『実況パワフルプロ野球』(以下『パワプロ』)のステージイベント、闘会議サクセスチャレンジの模様をお伝えしていく。

パワプロ01

サクセスチャレンジは、条件を満たしたイベントデッキでサクセスを行い、獲得した総経験点を競うというもの。ブース内で参加者がそれぞれプレイしているなか、ステージ上では“闘会議高校パワプロ部”でおなじみの遠藤ゆりかさん率いる“パワプロ部”と、高田憂希さん率いる“高田JAPAN”がパワプロ愛を証明するために対決する闘会議GPパワプロチャレンジが行われた。

パワプロチャレンジの1回戦は、湯浅かえでさんと秦佐和子さんによるホームラン本数対決! 5打席で多くホームランを打った方の勝利となるこの対決、視聴者アンケートは湯浅さんの勝利を予想。

アンケートで選ばれなかった秦さんが先攻、湯浅さんが後攻での勝負。お互いホームランを2本放ち、勝負はサドンデスへ。

 パワプロ02

先にホームランを打ったほうが勝利となるサドンデス勝負。秦さんが2打席目でホームランを打ち、湯浅さんに大きなプレッシャーがかかるも1打席目で見事ホームラン! 湯浅さんの勝利となった。

続く2戦目はナイスピッチ数対決! 松嵜さんと五十嵐さんが1回の投球機会でナイスピッチを何回出せるか、という勝負。視聴者アンケートは松嵜さんの勝利を予想。

パワプロ03

結果、松嵜さんが3回、五十嵐さんが2回で、松嵜さんが勝利を収めた。

3戦目は遠藤さんと高田さんによるスコアポイント対決! 2試合をプレイし、最も高いスコアポイントを獲得した方が勝利となる。

視聴者アンケートは遠藤さんの勝利を予想。1試合目は遠藤さんが325763ptで勝利したが、2試合目に高田さんが357518ptを獲得。泣きの1回でお互いのチームを相手に直接対決を行い、遠藤さんが384479ptを出し勝利した。

パワプロ04

4戦目の対決は、めたる村田と佐治キクオのサクセス対決! サクセスチャレンジでの獲得経験点を競うというこの勝負。視聴者アンケートではめたる村田の勝利が予想されたが、甲子園2回戦でまさかの敗北。佐治キクオが勝利し、高田JAPANが一矢報いた。

 パワプロ05

そしてエキシビジョンとして、女子プロ野球の埼玉アストライア、佐藤千尋選手と加藤優選手が登場。女子プロ野球チームとパワプロ部チームによるホームラン点数対決が行われた。お互いクジを引いてボーダーを決め、ボーダー以上のホームランでの打点を競うという勝負だ。

パワプロ06

視聴者アンケートはパワプロ部の勝利を予想。「まだホームランを打てていない」という女子プロ野球チームだったが、ホームランを連発し、9打点を獲得。しかし、松嵜さんも負けじとホームランを放ち、5打点を獲得。続く湯浅さんが見事逆転してパワプロ部が勝利した。

サクセスでの獲得経験点ナンバーワンを決める戦い!

引き続きステージで行われたのがサクセスチャレンジの決勝戦。予選を勝ち上がった“trspb036”さん、“しょー教授”さん、“じんまくん”さん、“カーネル”さんの4人がステージ上でサクセスチャレンジを行った。決勝戦は使用できるイベキャラが限定され、ドラフト会議で獲得するという特別ルール。

 パワプロ07

ドラフト会議の結果、獲得したイベキャラは以下のとおり。
“trspb036”さん:東條小次郎、鈴本大輔、エミリ、猛田慶次、橘みずき
“しょー教授”さん:片桐恋、ヴィクター、美藤千尋、早川あおい、太刀川広己
“じんまくん”さん:宇渡幹久、友沢亮、銭形乱蔵、嵐丸士朗、木村美香
“カーネル”さん:京野小筆、星井スバル、小豪月剛、田中山太郎、猪狩守

パワプロ08

サクセス開始早々に“しょー教授”さんにダイジョーブ博士が出現! “パワーアップしたい”を選択するも科学の犠牲に……。セクション1終了時で総経験点が275点と、大きく落ち込むスタートとなった。

しかし、セクション3終了時では“trspb036”さんが2700点、“しょー教授”さんが2667点、“じんまくん”さんが2638点、“カーネル”さんが2496点と接戦に。

 パワプロ09

試合が続くセクション4では“カーネル”さんが監督評価が足りず代打起用という厳しい展開のなか甲子園出場を決めた。しかし、“じんまくん”さんは覇堂高校に破れ脱落。“カーネル”さんは甲子園決勝で敗退。“trspb036”さん“しょー教授”のふたりは安定した打撃を見せ甲子園優勝。

結果は“trspb036”さんが5855点、“しょー教授”さんが5225点、“じんまくん”さんが4149点、“カーネル”さんが4944点。“しょー教授”が素晴らしい追い上げを見せたものの、“trspb036”さんが逃げ切り優勝を勝ち取った。

 パワプロ10

モバイルゲーム『パワプロ』では初となる全国大会に大きく盛り上がり、“闘会議パワプロ部”の継続も発表された『パワプロ』。これからも注目となりそうだ。

※『パワプロ』攻略wikiはこちら

※女子プロ野球リーグ公式サイトはこちら

 

実況パワフルプロ野球

ジャンル
野球・育成
メーカー
KONAMI
配信日
配信中
価格
無料(アプリ内課金あり)

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧