1. サイトTOP>
  2. “Rayark”のアクションRPG『Implosion』の映画化プロジェクトが始動!

“Rayark”のアクションRPG『Implosion』の映画化プロジェクトが始動!

2015-11-05 18:45 投稿

トレーラーも公開中

Implosion-ZERO-DAY-key-visual

『Deemo』、『Cyuts』など、人気の音ゲーを手がける台湾のスマホゲームメーカー“Rayark”から配信中のロボットアクションRPG『Implosion』。本作では、人類の生存を脅かす生命体“ザーダ“に立ち向かうため、“ウォーメックシリーズIII”と呼ばれるバトルスーツを身に付けて戦う主人公を中心に物語が描かれていく。

※【新作】開発3年!『Cytus』『Deemo』でおなじみRayarkが放つ超本格ロボットアクション
※『Deemo』『Cytus』の会社が放つロボットアクション『インプロージョン』【これ、知ってる?】

なんと今回、『Implosion』の映画化プロジェクトが始動! その名も『Implosion: ZERO DAY』。ゲームのストーリーをベースにした作品となる予定で、公式サイトではトレーラーが公開されている。2015年12月よりクラウドファンディングサイト“Kickstarter”でキャンペーンを開始して資金調達をするということだ。

Rough-concept-for-desert-battle
Concept-for-K-10-battle-frames-K-10
Warmech-II-era-prototype

 

インプロージョン

メーカー
Rayark
価格
1200円
対応機種
iOS 6.0 以降/ Android 4.0 以上

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧