1. サイトTOP>
  2. 【TGS2015】サイゲームスブースのグランサイファーはやっぱりすごかった!

【TGS2015】サイゲームスブースのグランサイファーはやっぱりすごかった!

2015-09-17 17:10 投稿

今年最大規模のブースはいかほどか?

2015年9月17日~20日に千葉県・幕張メッセにて開催されている“東京ゲームショウ2015”。

さまざまな大手ゲーム会社が出展しているブースの中でも、今年のもっとも注目すべきはサイゲームスブースだ。

IMG_5450

このサイゲームブースは、先日登録者数500万人を突破した『グランブルーファンタジー』の世界を、今年最大規模の126コマのスペースをふんだんに使用して再現している。

実際に自分が主人公になり、リアルに『グランブルーファンタジー』の世界を冒険しているかのような錯覚に陥る。今回サイゲームスのブースは6つのエリアに分かれていて、TGSと『グラブル』のアプリが連動したイベントも開催している。

細部まで再現されたグランサイファー

今年のサイゲームスブースのいちばんの見どころはなんといってもこれ!!

IMG_5463

ド迫力のグランサイファー!!

ゲームの中でプレイヤーたちが実際に乗り込んでいるグランサイファーが、なんと1/8サイズでここにあるのだ!!

その大迫力ときたら、見ろ、人がゴミのようだ……。

 IMG_5474

とにかくでかい。

IMG_5466

でかすぎてうまく写真が撮れない。

 IMG_5468

そして、このグランサイファーに乗れるチャンスがみな平等にある。

グランサイファーに乗る方法

グランサイファーに乗りたい!!という方は、サイゲームスブースに来ていただき、エントリーしてほしい。

参加方法は以下の通り。

1.『グラブル』アプリからイベント“ヴィラ・デ・シェロカルテ”ページを開く。
(チュートリアルを終わらせる必要があります)
2.QRコードを開き、サイゲームスブースの裏手にあるチェックインカウンターでエントリーをする。

3.アプリ内の抽選メニューから、乗船時間の抽選に応募する。

なお、抽選応募は乗船時間2時間前~15分前まで可能。10分前になると、アプリ内で当落発表が行われるという仕組みだ。

『グラブル』ファンであれば、絶対に見逃せない機会。まだゲームをやったことないという人は、一般デーまでにアプリをダウンロードしてチュートリアルをクリアーしておけばスムーズにエントリーが行える。

グランサイファーに乗ってきた!

実際にグランサイファーに乗ってみると、船上で双眼鏡を模したヘッドマウントディスプレイを使ったVR体験ができる。

IMG_5724

内容は、大空に浮かぶグランサイファーに乗っていて、『グラブル』のキャラがプレイヤーに話しかけてくれるというもの。

バーチャルリアリティーの中で自分のホント目の前に現れたキャラに、思わず触れたくなって手を伸ばしてしまった……スタッフがすぐそばにいるにも関わらずw。それは90秒ほどの時間であったが、記憶の中に鮮烈に残る体験であった。

ちなみに、グランサイファーの船頭から会場を見た様子はこちら。

見ろ、人がゴミのようだ(2回目)。

IMG_5727

シアターで大迫力の映像を体感せよ!!

グランサイファーだけではなく、つぎに注目の催しがこのシアター。

IMG_5540

180度のパノラマスクリーンを使って、約5分ほどのバハムートの大迫力の戦いが目の前で繰り広げられる。

 IMG_5565
 IMG_5558

来場者はまるで、実際に『グラブル』の世界にいるかのようなシアター体験をできる。こちらもグランサイファーの抽選とともに応募できるので、ぜひこの大迫力を実際に体感していただきたい。

ブース来場者特典は数量限定

ブース前の通りには、『グラブル』のキャラになりきったコスプレをした人々が何人も来場者を楽しませてくれる。

IMG_5510
 IMG_5479

そして、かわいいお姉さんからは『グランブル―ファンタジー』の特製バッグがもらえる。数量限定のためもらっておいて損はない。

IMG_5485

中身は
・グランブルファンタジースターターブック
・特製ビィンゴシート
・グランブルファンタジーチップチューンリミックス
・サイゲームスの開発する5タイトルのお得なアイテムが貰えるシリアルコード
以上の4つだ。

IMG_5515

特製ビィンゴシートは1日3回行われるビンゴステージイベントで使用する。見事ビンゴになれば、特製クリアファイル3種類の中から1枚もらえるそうだ。

またビンゴにならなかった来場者にもラッキーチャンスが用意されているとのこと。ビンゴステージも要チェックだ。

 

今週末は東京ゲームショウに来て、サイゲームスブースを訪れて、『グラブル』の世界を体感してみるのもいいかもしれない。

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧