1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. 白猫プロジェクト>
  4. 高難易度クエスト攻略>
  5. バロン道場ファイヤー!!2>
  6. 【白猫攻略】“バロン道場ファイヤー!!2”対武者の立ち回りを解説

【白猫攻略】“バロン道場ファイヤー!!2”対武者の立ち回りを解説

2015-04-06 12:54 投稿

アーチャーで遠距離から狙い撃つ

『白猫プロジェクト』で、2015年4月3日午後5時30分より開催中の“バロン道場ファイヤー!!2”。
ここでは、対武者戦での立ち回りや、サブミッション達成のための攻略アドバイスをレクチャーしていく。

【バロン道場2、各種モンスター攻略動画まとめはこちら】

※対ムカデ戦の攻略
※対ジャガー戦の攻略
※対ウッホ戦の攻略
※対どぐうの攻略

■武者の脅威

[出現モンスター]
悪鬼武者(レベル250)

[サブミッション]
・アーチャーのみのパーティーでクリアー
・ノーダメージでクリアー
・ひとりだけのパーティーでクリアー

◆立ち回りのポイント

武者戦における立ち回りのポイントを解説。

★近接モードと遠距離モード、ふたつのモードが存在
武者は、斬撃を主体として戦う近接モードと、竜巻を主体として戦う遠距離モードのふたつのモードを切り替えながら行動する。

見分けかた以下の通り。

近接モード:地上に立っている。お面が青色

01_R

遠距離モード:空中に浮いている。お面が赤色

02_R

★近接モードのときは近くでスキルを使わない
近接モード状態の武者の近くでスキルを発動すると、カウンターで掴み攻撃を喰らってしまう。この攻撃はスキル発動中でも構わず喰らうため、要注意。

ただ、この掴み攻撃は、武者の周囲を漂う炎の外側なら届かないため、魂の外側からならがんがんスキルを使っていってオーケー。

03_R

★3段斬りはローリングで避ける
近接モード時のおもな攻撃手段である3段斬りは非常に攻撃範囲が広く、通常移動による回避では攻撃を喰らってしまいがち。タイミングよくローリング回避を心掛けよう。

04_R

★滞在する竜巻に注意
遠距離モードになると、3種類の竜巻攻撃をくり出すようになる。

竜巻攻撃の中でとくに注意したいのが、長い時間武者の旋回し滞在し続ける竜巻。

05_R>

この竜巻は、武者のの周囲を一定時間旋回するため、意識しておかないと巻き込まれてしまうぞ。

◆サブミッション達成らくらくフローチャート

“虹のルーンのかけら”をゲットのためのサブミッション達成フローチャートを作成。より簡単に全サブミッションを達成するためのパーティー構成などをお届け。

①まずはアーチャーキャラひとりで挑戦
武者と相性のいいアーチャーキャラなら、本クエストのサブミッションの

・アーチャーのみのパーティーでクリアー
・ノーダメージでクリアー
・ひとりだけのパーティーでクリアー

これら3つを同時に達成することもそこまで困難ではない。

アーチャーひとりでクリアーできれば、“アーチャーのみのパーティーでクリアー”と“ひとりだけのパーティーでクリアー”のふたつが最低限達成される。

もし、うまくノーダメージでクリアーできれば、その時点で全ミッション達成。

アーチャーキャラひとりでもクリアーじたいが難しいよ、というプレイヤーは、上の立ち回りポイントを意識して立ち回りの練習をしよう。

②アーチャー+高火力スキルキャラで挑戦
アーチャーキャラひとりでノーダメージクリアーが難しい人はこちらのフローチャートへ。

スキルを総動員して、やられる前にやる作戦。

近接モード時は、アーチャーのスキルで安全な位置から攻撃し、遠距離モードに切り替わったら、ヴィルフリートや武者に特攻をつけるディオニスなどの高火力スキル持ちのキャラに交代して、一気に倒そう。

◆おすすめキャラ

本クエストにおいて、パーティーにいれば有利に戦えるおすすめキャラを紹介。

★カティア
豊富なSP、優秀なSP回復量からスキル2を多用して戦える。

★ピノ
HP回復が可能なため、被弾してしまってもリカバリーしやすい。攻撃を喰らわない自身があるなら、火力の出せるほかのアーチャーのほうがいい。

★ロッカ
HPマックスをキープできれば通常攻撃で高いダメージを与えられる。イベントで入手可能なキャラなのもおすすめの理由のひとつ。

★ディオニス
スキル2で特攻をつけるのため大ダメージを与えられる。ノーダメージクリアーをパーティーで狙う際のフィニッシャーにどうぞ。
※対ムカデ戦の攻略
※対ジャガー戦の攻略
※対ウッホ戦の攻略
※対どぐうの攻略

top640

白猫プロジェクト

メーカー
コロプラ
配信日
配信中
価格
アイテム課金制
対応機種
Androidバージョン4.0以降、iOS 6.0以降、iPhone・iPad および iPod touch対応 iPhone 5用に最適化済み

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧